国内で唯一!※1「占い」×「開運魚」のコラボレーションによる水族館『横浜開運水族館 フォーチュンアクアリウム』が今春開業

チャイナスクエア株式会社

横浜中華街の中心部に新たなパワースポット誕生

チャイナスクエア株式会社(所在地:神奈川県横浜市、代表取締役:中尾美季)は、2021年11月23日に惜しまれながら閉館した「ヨコハマおもしろ水族館」の跡地を活用し、水族館の再開に向けた検討を進めてまいりました。この度、横浜中華街に新たな活気と賑わいを提供する新パワースポットとして『横浜開運水族館 フォーチュンアクアリウム』を2022年3月下旬(予定)に開業することを決定しましたので、下記の通りお知らせします。

新水族館概要・コンセプト>
 『横浜開運水族館 フォーチュンアクアリウム』は、「開運魚からフォーチュン(福)をもらえる水族館」をコンセプトに、恋愛上手な魚、金運アップの由来をもつ魚、縁起のよい名前をもつ魚など、88種の開運魚ばかりを展示する国内唯一※1の「占い」をテーマにした水族館です。
本施設は、お客さまの生年月日などの情報から、一人ひとりにオリジナルチケット “開運うおみくじ”を発券し、その“開運うおみくじ”に書かれた開運魚からのメッセージを頼りに館内をご覧いただく新しいスタイルの水族館です。“開運うおみくじ”を通して水槽一つひとつの展示生物の“生き様”に注目いただくことで、水生生物たちがもつさまざまな知恵や工夫を知り、明日をちょっと元気に生きるためのヒントを得ることができます。
※1 占いや開運をテーマに施設全体の展示生物と体験を設計している常設の水族館は国内で唯一
( 2022 年 2 月 9 日現在。 UDS 株式会社調べ)

開運うおみくじについて
 “開運うおみくじ”は、横浜中華街を中心に年間約20万人の相談に寄り添う老舗占い店「鳳占やかた」監修のもと、「縁起がよいとされる開運魚の特徴」と「生年月日などに基づく占いの原理」と「おみくじの要素」を掛け合わせて開発した体験コンテンツです。

『鳳占やかた』について
 鳳占やかたは1995年に中華街の女仙・山縣由布によって創業され、
横浜中華街で最も歴史のある占い館です。横浜中華街以外にも新宿、池袋に合計8店舗を構え、80名以上の経験豊富な鑑定士が在籍しています。


<ロゴマーク>
 ロゴマークは、万物を形成する5つの要素(木・火・土・金・水)を頂点に持つことから、幸運を呼び込む形とされる五角形の“星”と、生まれたときから五角形の体のつくりをもつ水生生物“ヒトデ”をモチーフに構成しています。中華街の新たなパワースポットとして、水生生物がもつさまざまな魅力を発信することで、人々のくらしを今よりちょっと元気に、幸せにする存在でありたいという想いを込めています。

<ティザーサイト・SNS


 水族館概要およびロゴマークの決定に合わせ、本日よりティザーサイトおよび公式Instagram・Twitterを公開しました。今後の展示概要・営業概要などの詳細はこちらでお知らせしていきます。

ティザーサイト:https://fortune-aquarium.com
公式Instagram :https://www.instagram.com/fortune_aquarium/
Twitter :https://twitter.com/fortuneaquarium

<開業日について>
『横浜開運水族館 フォーチュンアクアリウム』は、物事の始めに縁起が良いとされる一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)と天赦日(てんしゃび)、甲子(きのえね)が重なる最強の大開運日ともいわれる2022年1月11日(火)に改修工事に着工し、2022年3月下旬(予定)の開業にむけた準備を進めております。開業日については、新型コロナウイルス感染症の状況を慎重に考慮し、3月上旬(予定)に改めてお知らせいたします。

『横浜開運水族館 フォーチュンアクアリウム』施設概要


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ