【亀田興毅プロデュース】 ボクシングイベント「3150FIGHT vol.2」4月29日(金)開催!ABEMAで全試合生中継!

株式会社亀田プロモーション

“日本初のヘビー級世界王者”なるか!?アマチュア5冠・ヘビー級期待の新星「但馬ミツロ」が遂にプロデビュー!

亀田興毅がプロデュースするボクシングイベント「3150FIGHT vol.2 」は、4月29日(金)にメルパルクホール大阪で開催。全試合がABEMAで生中継される。イベントには赤井英和や内山高志、「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」 RIKUなど豪華ゲスト達が続々と登場予定!

今回のメインイベントは、“日本初のヘビー級世界王者”の期待を背負うアマチュア5冠の「但馬ミツロ」のプロデビュー戦。パワーだけでなく、スピードとテクニックも備える但馬による、ヘビー級ならではの迫力ある試合はボクシングファン必見。

セミファイナルには元世界王者「宮崎亮」が登場。卓越したテクニックを武器に、日本上位ランカー撃破となるか。さらに、ユニークな破天荒キャラで人気の、YOUTUBE発プロボクサー “ヒロキング”こと「福重浩輝」、地上波TVメディアでも話題の“靴磨きボクサー”「高田祈斉」など、個性派ぞろいの選手たちが登場する。

チケットは残り僅か。見どころ満載のエンターテイメント“プロボクシングショー” を見逃すな。
https://www.3150fight.com

「3150FIGHT vol.2」ポスタービジュアル

「3150FIGHT」最高のボクシング 再興へ。

プロボクシング元世界三階級制覇王者・亀田興毅(「3150FIGHT」ファウンダー)が立ち上げたプロボクシングイベント「3150FIGHT」(サイコーファイト )。

そのコンセプトは「最高のボクシング 再興へ」。
選手、ファン、ステークホルダー全ての夢を一つにしてボクシングの新たなビジネスモデルを生み出し、ボクサー達が憧れる、感動と興奮が溢れる舞台を作ることを目標に掲げる。
ABEMAとタッグを組んで2021年12月にスタートした「3150FIGHT 」は、選手達が世界タイトルマッチ並みの演出が施された華やかな会場で試合を行い、全試合がABEMAにて生中継で配信される、ボクサーにとってはこれ以上ない最高の舞台となっている。

「3150FIGHT」 vol.2

日時:2022年4月29日(金・祝) 
   16:00よりABEMA格闘チャンネルにて全試合生中継
   https://abema.tv/video/genre/fightingsports

会場:メルパルクホール大阪(JR新大阪駅徒歩5分)

日本のヘビー級に現れた新星「但馬ミツロ」が遂にプロデビュー!

プロボクシングでは最重量級となるヘビー級(90.7キロ以上)は、モハメド・アリやマイク・タイソン等、米国を代表する英雄たちが活躍した階級で、ヘビー級の世界王者こそが“真の世界王者”といわれている。体格的に劣る日本ではボクシング史上、ヘビー級の世界王者は一人もおらず「日本でヘビー級王者は生まれるはずはない」というくらいのとてつもない階級だ。

そこへ、ヘビー級・世界王者誕生の期待を抱かせる存在として登場したのが但馬ミツロ(27・3150ファイトクラブ)。アマチュアボクシングでは日本一になること5回。その実績もさることながら、但馬はヘビー級とは思えない軽量級選手にも負けないハンドスピードの持ち主で、テクニックもハイレベル。その頑強な身体でディフェンス力も高く、今回のデビュー戦では、どのようなボクシングで全国に“衝撃”を与えてくれるのか。デビュー戦から大舞台のメインイベントを飾る但馬の、スピーディーかつ豪快なボクシングを是非ご覧いただきたい。
但馬ミツロ(3150ファイトクラブ)
■メインイベント: ヘビー級(90.7キロ以上)8回戦
但馬ミツロ(3150ファイトクラブ)/ アマチュア5冠・デビュー戦
vs 
キム・サンホ(韓国) / 韓国ヘビー級・3位

元世界王者 宮崎亮が実力者との一戦に挑む!

セミファイナルに登場するのは宮崎亮(3150ファイトクラブ)。
2021年12月に行われた「3150FIGHT vol.1」で復活を鮮やかなKO勝利で飾った宮崎だが、2012年にWBA世界ミニマム級王者となった後、2017年に不祥事により5年間のブランクを作ってしまった。しかし、その間、結婚し新たな家族もできた宮崎は家族のため再び世界王者を目指しボクシング界にカムバックする。
今回の試合は復帰2戦目、この5年間で心身ともに成長した宮崎は、日本ミニマム級3位の強豪を撃破し再び世界への道を切り開くことはできるのか。宮崎にとっての“再興ロード”がここから始まる。

■セミファイナル フライ級 8回戦 
宮崎亮(3150ファイトクラブ)/ 元WBA世界ミニマム級王者
vs  
栄 拓海(折尾ジム)/ 日本ミニマム級3位
宮崎亮(3150ファイトクラブ)

4回戦は魅力的なボクサー達が勢ぞろい!

アンダーカードに出場する4回戦(プロボクシングで4勝未満の一番下のクラス)の選手達の中にも魅力的な選手がたくさんいる。元東京オリンピック空手日本代表候補からプロボクシングに転向した“ふなっしー”こと船橋真道、地下格闘技の王者からYoutubeで人気者となってプロデビューを果たした“ヒロキング”こと福重浩輝、その他にも靴磨きで生計を立てる“靴磨きボクサー”高田祈斉、ドラゴンボールの“ベジータ”の衣装を着用して登場するベジータ石川(折尾ジム)等、実力派からキャラクター自慢まで、超個性揃いの4回戦ボクサーが勢揃いした。

豪華スペシャルゲスト達が続々登場!

今回の「3150FIGHT vol.2」を豪華に彩るのは、スペシャルゲスト達。
試合の解説には元WBA世界スーパーフェザー級王者“KOダイナマイト”内山高志、ゲスト解説には”浪速のロッキー”赤井英和。試合の合間には人気ボーカル&ダンスユニット「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」 RIKUなど豪華著名人からの応援メッセージが場内に届けられる予定だ。選手の入場シーンではソロユニット「ビーグルクルー」や元格闘家「角田信朗」が生歌唱、その他にもサプライズゲストが登場予定。続々と登場する豪華スペシャルゲストもお見逃しなく。

「3150FIGHT」 vol.2イベント詳細

日時:2022年4月29日(金・祝) 開場 16:00 試合開始 16:30
会場:メルパルクホール大阪(大阪市淀川区宮原4-2-1)
※JR「新大阪駅」から徒歩5分

配信:16:00よりABEMA 格闘技チャンネルにて全試合生中継
https://abema.tv/video/genre/fightingsports

メインイベント ヘビー級8回戦
アマチュア5冠・デビュー戦       韓国ヘビー級・3位      
但馬ミツロ(3150ファイトクラブ) vs キム・サンホ(韓国)

セミファイナル フライ級8回戦
元WBA世界ミニマム級王者      日本ミニマム級3位
宮崎亮(3150ファイトクラブ) vs  栄 拓海(折尾ジム)

アンダーカード出場「3150ファイトクラブ」所属選手
「ふなっしー」船橋真道・「ヒロキング」福重浩輝・「靴磨き」高田祈斉・
「シノハラ」三好竜人・「モリモ」森本竜馬

亀田興毅(「3150FIGHT」ファウンダー)

「いよいよ4月29日(金・祝)に『3150FIGHT vol.2』が開催されます。
今回のイベントのメインを飾るのは日本初のヘビー級世界王者の期待を背負う男、但馬ミツロ選手のデビュー戦です。但馬選手は自分のボクシング人生でも初めて出会ったくらい素晴らしい才能の持ち主です。今回がデビュー戦となりますが、彼のヘビー級とは思えないスピードと豪快なボクシングを是非、ご覧ください。
セミファイナルには元世界王者の宮崎選手が出場しますが、彼は世界王者だった頃よりも、経験と練習を重ねて格段にレベルアップしています。強豪相手にどんなボクシングを魅せてくれるのか楽しみです。
アンダーカードに出場する4回戦の選手達も魅力的なボクサー達がたくさんいます。そして、今回のイベントには豪華なゲスト達が続々と登場します。会場に来られない皆様も、ABEMAにて今回のイベントを是非ご覧ください。」

【チケット】
ローソンチケット Lコード:52088
https://l-tike.com/order/?gLcode=52088 ※残りわずかとなっております。
お問い合わせ:「3150ファイトクラブ」06-6652-4333(12:00~20:00・日曜日定休)

「3150FIGHT」公式ページ
https://www.3150fight.com

Instagram
https://www.instagram.com/3150fight

Twitter
https://twitter.com/3150Fight
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ