千葉ジェッツ「ふなっしー」&「ジャンボくん」との期限付きプロ選手契約満了のお知らせ

株式会社千葉ジェッツふなばし

~ 日本代表 PG 富樫勇樹選手からのスタメン奪取は来シーズンへと誓う~

株式会社千葉ジェッツふなばし(本社:千葉県船橋市、代表取締役社長:田村征也)ではチーム強化を目的とした期限付きプロ選手契約をした#274 ふなっしー選手、#200 ジャンボくん選手との契約満了をお知らせいたします。

■富樫勇樹選手(とがっしー)コメント
3年連続で船橋アリーナにふなっしーが来てくれる事は本当に嬉しいです。おーみさん(大宮選手)ともずっと話してたんですけど、ふなっしーのポテンシャルやオーラやキャラクター性のスゴさには毎回、勉強させられてます。ふなっしーの来シーズンベンチ入りに向け、アドバイスするとしたら、もっとバックボードを上手く使ってシュートした方が良いと思う。シュートの高さや精度は年々上がってきてるからバックボードに当てて入れるイメージで練習してきたら、来シーズンは絶対に決められるし、スタメンを掴める可能性もあるから頑張ってね!!いつか一緒にプレーできる日を楽しみにしてます。さりげなくベンチに座ってちゃダメなのかな?(笑)もうれっきとしたジェッツファミリーなんだし、それができたらすごく面白いけどな。

■ふなっしー選手コメント
まず、昨シーズンの千葉ジェッツ優勝おめでとうなっしー!千葉ジェッツと契約してもう3シーズンになるなっしかー。本当に嬉しいことだし、今回も2連勝できてから気分よく帰れるなっしなー。今シーズンもベンチ入りをする事ができなかったのは残念だけど、まずはシュートチャレンジでシュートを決める事から頑張るなっしー!!今回も温かくファミリーの一員として迎え入れてくれて嬉しかったなっしな。会場でみんなの笑顔と応炎、届いたなっしよー!引き続き、Bリーグ2連覇に向けて千葉ジェッツを盛り上げて行くからよろしくなっしー!!梨汁ブシャーッ!!大野HC、、、もっと体力つけてくるなっしー。

■ジャンボくん選手コメント
こんシーズンも、プロせんしゅけいやくできてうれしかったゾウ。スタメンいり、ベンチいりわできなかったけど、ふなっしーといっぱいあそべたからいいや。えへへ。おおのHCからね、シュートするときにボールがおハナにぶつからないようになったら、ベンチいりかんがえてくれるってやくそくしたんだゾウ。だから、たくさんれんしゅうして、らいシーズンわぜったいスタメンになるんだ!めらめら。みんな!あついブーストありがゾウ。

—–【ホームゲームレポート】—–

オープニングフライト / 選手入場(4/23-24)
千葉ジェッツふなばし試合前に開催されるエンターテインメント演出「オープニングフライト / 選手入場」に出場。選手、大野ヘッドコーチと共に「期限付きプロ契約選手 #200ジャンボくん、#274ふなっしー」とコールをされ、コート上に登場。全選手との記念撮影参加に加えて、ハドル(円陣)にも参加し、チームの一員として勝利を誓い合った。


期限付きプロ選手契約記者会見(4/23)
記者会見ではふなっしー、ジャンボくん共に3年連続プロ選手契約をできた嬉しさを伝えた。1年目の契約条件は「ふなっしー:梨274個、ジャンボくん:お菓子200個」2年目は「ふなっしー:梨(特選)6個、ジャンボくん:お菓子の家セット」だったが、今シーズンは、「ふなっしー:梨1年分(出来高払い)、ジャンボくん:お菓子1年分(出来高払い)」という過去最高の契約条件となった事について、ふなっしーはチームからの評価に大満足で1発サインとなった。また、「池内GMにも事前に伝えたんだけど機も実も熟しただけに、今回は大野HCに出場したい気持ちを直談判したなっしー!でも、体力の部分で不安があるからと今日はベンチ入りできなかったなっしなー。ただ、明日もあるし、チャンスがあるかぎり諦めないで挑み続けるなっしー!!」と強く意気込みを語った。

ハーフタイムショー(4/23-24)
【4/23(土)】
プロ選手契約1日目となったこの日は、マスク・ド・オッチーとのミニトークショーと日本都市&MAHARAJA presents 「ハーフタイム DJショー」に登場した。トークタイムでは軽快なナシトーーク!で会場を笑わせ、DJタイムでは扇子を片手に持ち、豪快な身のこなしからSTAR JETSやジャンボくんと絶妙なコンビネーションで完璧なパフォーマンスを決め、会場を魅了した。



【4/24(日)】
2日目のハーフタイムは岡部株式会社 Presents「Dリーグダンスショー」のMCを担当したふなっしーはチーム紹介に加えて、全身全霊で梨の舞(ダンス)を披露!KOSÉ 8ROCKS(コーセーエイトロックス)&オカベア―、SEPTENI RAPTURES(セプテーニ ラプチャーズ)&ジャンボくんたちと一緒に全力で盛り上げ、会場のボルテージは最高潮となった。

ふなっしーのシュートチャレンジ(4/23-4/24)
第3Q~4Qのインターバルに実施された「シュートチャレンジ」では30秒シュートチャレンジに2日間挑戦した!30秒の間にシュートを決めなければならないというプレッシャーの中、開始から休む間もなく一生懸命に手を伸ばし、全力のジャンプからシュートを繰り出し続けたふなっしー。しかし、ボールは無情にもリングに嫌われてしまった…。しかし、残り1秒でチャレンジ失敗かと思われた瞬間にアシスタントとして参加していたマスク・ド・オッチーが梨の手(ふなっしーの想いが憑依した手)シュートを繰り出しチャレンジ成功へと導いた。チャレンジ終了後、オッチーは「毎年、チャレンジ終盤に奇跡が起きる。きっと、ふなっしーの強い想いが僕の体に憑依するんですYO。」と語った。

試合後セレモニー(4/23-24)
大阪エヴェッサ戦の両日を見事、勝利で終える事ができた試合後セレモニーでは千葉ジェッツ恒例のジェッツ締めを2日間、原修太選手と共にふなっしーが担当し「お手を拝借、よーお!!ジェッツ!!」という掛け声で元気にホームゲームを締めくくった。

富樫選手、ふなっしー、ジャンボくん 選手ミーティング(4/24)
例年通り、試合後に開催された選手ミーティング。今回は富樫選手、ふなっしー、ジャンボくんで開催。ふなっしーは船橋アリーナへ帰ってきた嬉しさや近況報告として最近、ハマっている趣味(日本刀集め)の話題を話し、富樫選手からはふなっしーへの想いやスタメンに入るためのアドバイスを送った。いつかは一緒にプレーするという気持ちをお互いに確認し、来シーズンの再会を誓った。また、最後は恒例となっている「マンボウ!」で記念撮影を行った。※なお、こちらの様子は「千葉ジェッツ公式Twitter」で紹介される予定です。お楽しみに!



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ