【FC東京】FC東京バレーボールチームの譲渡について

FC東京

FC東京バレーボールチームは、昨年12月8日に活動休止を発表いたしました。
以降、一般社団法人日本バレーボールリーグ機構(以下、Vリーグ機構という)と協議を続けながら、複数社からチームの譲渡を受け入れたい旨の申し出を受け、検討してまいりました。
その結果、このたび「株式会社ネイチャーラボ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:安田昌夫)」とチームの譲渡について合意いたしました。
また、Vリーグ機構理事会およびVリーグ加盟各チームにおいて、チーム譲渡に関する承認がされましたことも併せてご報告いたします。

活動休止の発表以降、多くのファン・サポーター、関係者のみなさまにご心配をお掛けしたことを心よりお詫び申し上げます。
また同時に、これまでチームを支えていただいたみなさまに改めて感謝申し上げます。
ありがとうございました。

FC東京バレーボールチームは、4月30日から開催される「第70回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会」を最後の大会とし、6月より新たなチームに生まれ変わり、VリーグDIVISION1所属の1チームとして活動を継続していくこととなります。
みなさまには、引き続き、新チームに対する温かいご支援ご声援をいただきますようお願い申し上げます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ