埼玉県川越市からJリーグを目指す「COEDO KAWAGOE F.C」、1807年に小江戸川越で創業のうなぎ専門店「小川菊」を運営する株式会社小川菊と2022シーズンのクラブパートナー契約を締結

COEDO KAWAGOE F.C株式会社


COEDO KAWAGOE F.Cを運営するCOEDO KAWAGOE F.C株式会社(埼玉県川越市、代表取締役 有田和生)は1807年に小江戸川越で創業のうなぎ専門店「小川菊」を運営する株式会社小川菊(埼玉県川越市、代表取締役 小川修一郎)とクラブパートナー契約を締結したことを発表いたします。

COEDO KAWAGOE F.Cは、2020年9月に新規設立し、埼玉県川越市をホームタウンとして、Jリーグ加盟を目指す新しいフットボールクラブです。
埼玉県川越市に由来のあるメンバーで運営し、海外プレー経験のある選手などが在籍し、サッカーだけが強いチームではなく、「フットボールクラブを通じて、川越に夢と感動を創出し続け、100年以上続くクラブ」を目指しています。

■契約締結の背景

”フットボールクラブを通じて、 川越に夢と感動を創出し続け、 100年以上続くクラブへ”というミッションを掲げ、 川越に根ざしたフットボールクラブの形を目指す「COEDO KAWAGOE F.C」の方向性へ共感を頂き、 地元川越へ応援を通じて貢献したいという想いから今回のご縁となりました。

■株式会社小川菊 代表取締役 小川修一郎 様 コメント

「100年先を見通しての志の高いクラブ活動に感動致しました。草創期の皆さんの頑張りを見て育つちびっ子たちが、いつの日にかJリーガーとなりピッチに立って川越の地で試合をしている光景が目に浮かび興奮します。大変なことも沢山あると思いますが、皆さんの創りあげる素敵な未来を心より応援しています!」

HP: https://www.ogakiku.com/

■COEDO KAWAGOE F.C株式会社 代表取締役 有田和生 コメント

「川越のスポットの一つでもある大正浪漫夢通りに店舗を構えられ、市内でも最も歴史のある鰻屋を営む小川菊様とこの度パートナー締結をさせていただきました。また、明治安田生命の佐藤支社長様からご紹介いただきましたご縁に大変感謝いたします。川越は鰻が有名で美味しいと言われ、鰻専門店として老舗である小川菊様とご一緒させていただくことに嬉しく存じます。小川社長も地域への貢献をとても大切にされているとのお話を受け、私自身も今一度背筋を正す思いでした。また、小川菊様でクラブのサポーターの方々などがクラブの勝利に酔いしれるような場所にもなっていけるような関係を構築できればと存じます。」

HP: https://c-kawagoe.com/
クラブ事業計画: https://www.youtube.com/watch?v=rov2E4lanRU
運営ウェブメディアHP: https://mag.c-kawagoe.com/

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
COEDO KAWAGOE F.C株式会社
担当:中島
Mail:r-nakashima@c-kawagoe.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ