【三浦工業株式会社】今治.夢スポーツ×三浦工業×第一印刷「紙ンバックプロジェクト」始動!~今治明徳中学校1年生を対象に環境教育を実施~

三浦工業株式会社

 2022年4月19日、株式会社今治.夢スポーツ(本社:愛媛県今治市 代表取締役社長:矢野将文)、三浦工業株式会社(本社:愛媛県松山市 代表取締役:宮内大介)、第一印刷株式会社(本社:愛媛県今治市 代表取締役社長:西原孝太郎)は今治明徳中学校にて、同校の1年生77名を対象に「紙ンバックプロジェクト」として出前授業とワークショップを開催いたしました。

 今回の紙ンバックプロジェクトは2部で構成されており、以下の内容で実施しました。
<第1部>
出前授業「しまなみアースランド」を管理運営する今治.夢スポーツによる出前環境教育PG
三浦工業・第一印刷による紙ンバックプロジェクト※

<第2部>
ワークショップ「明日からできるSDGsアクション」(各クラスにて)

▲第1部 講義室での出前授業の様子
▲第2部 ワークショップ「明日からできるSDGsアクション」の様子
▲設置した古紙回収BOX

※紙ンバックプロジェクトとは
 本プロジェクトは、循環型社会の実現を目指し古紙をアップサイクルによって紙に再び命を吹き込み、魅力的なものに生まれ変わらせる取り組みです。私たちはこの活動を通じて、一人ひとりが主体的に考え行動し、再生紙の新しい可能性を切り拓いていくことで、持続可能な地域共生と、循環型社会を目指します。
「カミンバック」は、紙が戻っていく(紙バック)と返り咲く(Come back カムバック)とをかけて生まれた言葉です。

▼紙ンバックプロジェクトについてはこちら▼
https://www.kaming-back.com/
 今治明徳中学校の生徒たちが集めた古紙を三浦工業にて再生紙へとリサイクルを行い、第一印刷がリサイクル紙でアップサイクルしたものを生徒たちへ寄贈します。

【今後のスケジュール】
・今治明徳中学校での古紙回収活動:4月末~7月
・三浦工業での紙リサイクルの様子の見学会:8月上旬(予定)
・成果発表会およびアップサイクル製品の寄贈:9月中旬(予定)

 私たちは産学官民が連携したこのような活動を通じて、未来を担う子どもたちに“誰一人取り残さない”社会の実現に向けた持続可能な開発目標「SDGs」への理解浸透や、環境問題への興味関心をもっていただくと共に、実体験を通して資源の循環や3R(Reduce , Reuse , Recycle)を身近に感じ積極的に取り組んでいただくことを目的としています。

以上
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ