日本のデイサービス5選に輝く「ワイズパーク」が本格的にフランチャイズ展開を開始

株式会社ワイズ・スポーツ&エンターテイメント

スポーツトレーナーとミュージカル俳優が創るデイサービスが、超高齢社会に貢献する

株式会社ワイズ・スポーツ&エンターテイメント(本社:東京都世田谷区、代表取締役 山本晃永)が運営する高齢者デイサービス「ワイズパーク」は、一般社団法人日本デイサービス協会が選ぶ「2022年デイサービス5選」に選出されました。
同社では名実ともに評価を得たデイサービスの仕組み化に取り組み、この度パッケージ化が完成したことから、本格的にフランチャイズ事業を開始し、広く日本の超高齢社会に貢献する活動を行っていきます。

「2022年デイサービス5選」に選出

一般社団法人日本デイサービス協会は、超高齢社会の問題に取り組む新しいデイサービスの好事例を収集し、ロールモデルとして発信することを目的に「第1回デイサービス5選」を開催し、応募1,191事例から5事例を選出し「ワイズパーク」も選ばれました。これからのデイサービスの役割「自立支援」「重度化防止」には「リハビリや運動」「口腔」「栄養」「認知機能」への取り組みが重要とされています。それらを総合的にユニークで専門性の高いプログラムで取り組み、また日本最先端のICT開発を自社で行い導入している点なども高く評価されました。
デイサービス5選の発表

「ワイズパーク」について

「ワイズパーク」はスポーツ界のトップトレーナーが創る「最適運動&リハビリ」と、元劇団四季のトップ俳優が創る「エンタメ活動」が2本柱になっています。「最適運動&リハビリ」はご利用者様ごとに自社で開発したAIシステムによって身体評価を行い、プログラムを立案し、定期的に再評価を行いながらプログラムをアップしていきます。また高齢者の運動には不可欠な筋力トレーニングも自社開発したファンクショナル筋トレマシンで効果的かつ安全に行います。「エンタメ活動」は冒頭25分間の「オープニングエンタメ」では呼吸筋や口腔機能の活性、感情表現力などの活性を目的としたプログラムで、最後の25分間の「フィナーレエンタメ」では脳活性を目的としたコーラスやハンドベルの音楽プログラムになっています。身体機能、認知機能共に維持・改善率が高く、専門家からも高く評価されている画期的なデイサービスです。
自社開発マシンによる運動
AIシステムによる身体評価

元劇団四季トップ俳優よる独自のエンタメプログラム
■「ワイズ・パーク」
http://ys-park.net/park

フランチャイズ展開について

「ワイズパーク」は半日型のデイサービスになります。今回フランチャイズ展開を行っていくのは1日に2回デイサービスを行う「ダブルデイ」モデルです。タイムスケジュールによってスタッフの役割と業務は全て仕組み化されていますので、短期間の研修で事業を行えます。また開業前、開業後も本部スタッフによるサポートも充実しています。

■株式会社ワイズ・スポーツ&エンターテイメントについて
【会社概要】
会社名:株式会社ワイズ・スポーツ&エンターテイメント
所在地:東京都世田谷区玉川3-4-2 ベルフラット玉川301
代表

者:代表取締役 山本晃永
設立:2016年2月
事業内容:マイクロジム「ワイズパーク」の運営(通所介護事業を含む)、フランチャイズチェーン展開
スポーツトレーナー派遣
フィールドテスト実施
ボイストレーニング
コンサート、イベント

【本リリースやFCに関する道お問い合わせ先】
株式会社ワイズ・スポーツ&エンターテイメント
新規事業部 堤成彦
TEL:03-6805-6152
e-mail:info@ysse.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ