LJL代表 DetonatioN FocusMe がMSI 2022で対戦する組み合わせが発表!

合同会社ライアットゲームズ

MSI 2022は5月10日から開幕。優勝候補の強豪 T1 を含む4チームのグループ Aでグループステージ突破 BEST 6入りを目指す。

Riot Games, Inc.(米国)の日本法人である合同会社ライアットゲームズ(港区六本木、社長/CEO:藤本 恭史)は、PCオンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends)」のeスポーツ国内プロリーグ「LJL」(League of Legends Japan League、以下 LJL)[主催:合同会社ライアットゲームズ、運営:株式会社プレイブレーン]の2022年春季リーグ『LJL 2022 Spring Split』の優勝チーム DetonatioN FocusMe がLJL代表として参戦するMSI 2022のグループ抽選結果、日程および会場の変更についてお知らせします。


4月23日(土)LCS Spring Split Finals(アメリカ・ヒューストン) の会場で MSI 2022のグループステージの組み合わせの抽選結果が発表されました。LJL代表 DetonatioN FocusMeは、今季無敗でリーグ優勝を遂げた T1(韓国)やVCS代表(ベトナム)、LLA代表 Team Aze(中南米) を含む グループ A で対戦することが決まりました。

MSI 2022 のグループステージ(5月10日~5月15日)では、11の地域が3つのグループに分けられます。各グループの上位2チームがランブルステージ(5月20日~24日)へと進みます。

各グループの出場チームは以下の通りとなります。

■ グループ A:
DetonatioN FocusMe(LJL)、 VCS代表チーム(VCS) 、T1(LCK)、Team Aze(LLA)
■ グループ B:
fastPay Wildcats(TCL)、PSG Talon(PCS)、Royal Never Give Up(LPL)、RED Kalunga(CBLoL)
■ グループ C:
Evil Geniuses(LCS)、G2 Esports(LEC)、ORDER(LCO)

世界が再び日本のLJL代表・DetonatioN FocusMeに注目

昨年アイスランドで開催されたのMSI 2021では、DetonatioN FocusMe は世界王者DWG KIA(DWG)を含めた「死のグループ」に割り当てられた中、因縁のCloud9とのリベンジマッチで勝利する快挙を果たし世界からも注目を集めました。その後、2勝4敗で惜しくもグループステージ敗退となってしまいましたが、LJL代表・DetonatioN FocusMe の強さを国際大会の場で世界に知らしめる快進撃となりました。
5月10日(火)から開幕する「MSI 2022 (Mid-Season Invitational 2022)」でもDetonatioN FocusMeの活躍から目が離せません。全ての試合は日本語の実況解説付きで放送予定です。詳細の配信スケジュールは追って発表させていただきます。

「MSI(Mid-Season Invitational)」について

2022年のMid-Season Invitational(MSI)では、世界中のトップチームが韓国の釜山に集結。5月10日~29日の期間、11の地域リーグで優勝したチームが集結し、MSIチャンピオンの栄冠をかけて戦います。

大会はグループステージ(5月10~15日)、ランブルステージ(5月20日~24日)、ノックアウトステージ(5月27日~29日)の3つのステージに分けて行われます。

さらに、Worlds 2019以来初めて、大会を通して世界中からの観客の動員が行われます。グループステージは「釜山e スポーツ競技場(Busan e-Sports Arena)」にて、ランブルステージとノックアウトステージは「BEXCO(釜山国際展示場)」にて開催予定です。

MSIの各日程の対戦スケジュールは後日、公式サイト lolesports.com にて発表されます。

<開催期間>
グループステージ:5月10~15日
ランブルステージ:5月20日~24日
ノックアウトステージ:5月27日~29日

<開催地>
韓国・釜山

<観戦方法>
オンライン配信(日本語 実況解説)

<配信チャンネル>
Twitch:https://www.twitch.tv/riotgamesjp
※各試合は上記の放送プラットフォームでどなたでも無料でご覧頂けます

<出演者>
実況・解説:eyes(アイズ)、Revol(レボル)、katsudion(カツディオン)、Lillebelt(リールベルト)、Jaeger(イェーガー)、Recruit(リクルート)

<出場チーム: 地域リーグ代表 全11チーム>
LPL:Royal Never Give Up(中国)
LCK:T1(韓国)
LEC:G2 Esports(ヨーロッパ)
LCS:Evil Geniuses(アメリカ)
PCS:PSG Talon(東南アジア)
VCS:※未発表(ベトナム)
TCL:fastPay Wildcats(トルコ)
LLA:Team Aze(ラテンアメリカ)
CBLoL:RED Kalunga(ブラジル)
LJL:DetonatioN FocusMe(日本)
LCO:ORDER(オセアニア)

League of Legends Japan League (LJL)について


『League of Legends Japan League(LJL)』は、PC オンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」の日本公式プロリーグです。2016 年の発足以来、「Spring Split」と「Summer Split」の2 スプリット制で実施され、各スプリットの優勝チームはLoL の世界大会「Mid-Season Invitational(MSI)」と「World Championship (WCS) 」へ、日本代表チームとして参加することができます。国内リーグ含め世界中のプロリーグの試合は動画配信プラットフォームなどでLIVE 放送されており、どなたでも観戦することができます。

公式サイト:https://jp.lolesports.com/
公式YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/c/LoLeSportsJP
公式ツイッター:https://twitter.com/Official_LJL
公式インスタグラム:https://www.instagram.com/lolesports.jp/
LJL公式ストア:https://official-ljl.stores.jp/

ライアットゲームズとは


ライアットゲームズは世界でもっともプレイヤーに焦点を当てたゲームの開発、パブリッシング、プレイヤーサポートの提供を目指し、2006年に創設されました。ライアットは2009年にデビュー作となる『リーグ・オブ・レジェンド(LoL)』をリリースし、世界中で高い評価を獲得しました。本作は世界中でもっとも多くプレイされているPCゲームとなり、eスポーツの爆発的な成長の主要な牽引役となっています。
LoLが誕生から10年を迎えた今、ライアットは本作の進化を続けながらも、プレイヤーに新たなゲーム体験を提供できるよう、『チームファイト タクティクス』、『レジェンド・オブ・ルーンテラ』、『VALORANT』、『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』、その他にも複数のタイトルで開発を進めています。また、音楽やコミックブック、テレビなどのマルチメディアプロジェクトを通して、ルーンテラの世界の探索を続けています。さらにライアットは、パブリッシングを手掛ける系列会社Riot Forge(ライアットフォージ)を立ち上げました。Riot Forgeはサードパーティーのデベロッパーと連携し、LoLの世界を舞台にした新たなゲームの開発を行っています。Riot Forgeにとって第一作目となる『Ruined King: A League of Legends Story』は、Airship Syndicate社を開発に迎えたターン性のロールプレイングゲーム(RPG)となっています。

ブランドン・ベックとマーク・メリルによって創設され、ニコロ・ローレンCEOが率いるライアットは、カリフォルニア州ロサンゼルスに本社を置き、世界20以上の地域に展開されたオフィスで3000人の従業員が働いています。

ライアットゲームズ公式サイト: https://www.riotgames.com/ja
ライアットゲームズ公式Twitter: https://twitter.com/riotgamesjapan

株式会社プレイブレーン


株式会社プレイブレーンは eスポーツの企画、ブランディング、クリエイティブ、制作プロダクション、イベント運営、プロダクト開発とマーケティングに特化した会社です。2016年の設立から今に至るまで、ゲーム業界、クリエイティブ業界、マーケティング業界など多岐のフィールドに渡ったバックグラウンドを持つメンバーから構成され、日本が世界のeスポーツシーンと肩を並べることを目標に取り組んでいます。
2019年1月よりプレイブレーンは合同会社ライアットゲームズと長期的なパートナーシップを結び、League of Legends Japan League(LJL)の運営ならびに、国際大会の日本語配信を行っています。その他「FUTAROKU」や「RIOT STORE JAPAN」、「TAIYORO」などのサービスも手掛けています。

株式会社 プレイブレーン: http://playbrain.jp/

リーグ・オブ・レジェンドとは


2009年10月に米国でサービスを開始、2016年9月時点で月間アクティブプレイヤーが1億人を突破し、世界各地で大規模な大会が行われている人気オンラインゲーム。マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(通称MOBA)と呼ばれる5人対5人の対戦型PCゲームで、プレイヤーが操作する「チャンピオン」と呼ばれるキャラクターで相手本陣の攻略を競う。RTS(リアルタイムストラテジー)のテンポと迫力にRPG要素を加え、スピード感のある展開が特徴で、その競技性の高さから、eSportsの代名詞として世界中でプロリーグが開催されている。世界で最も人気なトーナメントの一つである「World Championship」の2020年の決勝戦では、1分あたりのオンライン平均視聴者数(AMA)が2,180万人に上り、eスポーツ界の最高記録を更新しました。多彩なキャラクターや作りこまれた世界観、映像や音楽、などゲーム以外のコンテンツも魅力で、コスプレやファンアートをはじめとした熱狂的なコミュニティ活動も各地で行われている。

リーグ・オブ・レジェンド公式サイト: http://jp.leagueoflegends.com/
リーグ・オブ・レジェンド公式Twitter: https://twitter.com/loljpofficial

LoL Esportsについて


LoL Esportsは2010年から全世界で数百万人のファンの注目を集め続ける最高のグローバルスポーツです。世界中の12のリーグに、100を超えるリーグ・オブ・レジェンドのプロeスポーツチームと、そこに所属する800名を超えるプロ選手が存在します。各地域リーグのチームは、地域のタイトルとチャンピオンシップポイントの獲得を目指し、2つのシーズンスプリットを通して競い合います。各地域における順位とチャンピオンシップポイントの獲得数に基づいて、2つの主要な国際大会であるMid-Season Invitational(MSI)とWorld Championship(Worlds)への出場権を獲得します。シーズンの終盤には一年の締めくくりとして、年末に親善大会であるAll-Star Eventが開催。出場する選手は各リーグからファンの投票によって選出されます。
関連リンク

lolesports公式サイト:https://lolesports.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ