ワクチン副反応への備えか、解熱鎮痛薬・スポーツドリンクの売上伸長

株式会社True Data

ドラッグストア、食品スーパーマーケット 2022年3月の伸び率TOP20カテゴリを発表

株式会社True Data(トゥルーデータ/本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之)は、当社の統計データをもとに、ドラッグストア、食品スーパーマーケットにおける2022年3 月の売り上げ伸長カテゴリを発表します。当月は前年同月と比べ、「解熱鎮痛薬」や「スポーツドリンク」、「ビール」の売り上げが伸長しました。その他のカテゴリでは、ドラッグストアでは「目薬」、食品スーパーマーケットでは「ビスケット・クッキー」、「小麦」などの売り上げが前年同月比で増加し、それぞれ伸び率TOP20にランクインしました。

2022年3月のポイント

ドラッグストアでは「解熱鎮痛薬」の売上金額が前年同月比26.2%増でした。新型コロナワクチン接種による副反応への備え需要と思われます。
発熱時の水分補給用として買われることも多い「スポーツドリンク」は、ドラッグストアで前年同月比12.6%増、食品スーパーマーケットで同28.0%増でした。
「ビール」の売り上げが前年同月に比べ伸長しました。ドラッグストア、食品スーパーマーケットともに、前年同月比13.7%増でした。ビールの直近1年(2022年3月まで)の月次売り上げを見ると、すべての月で前年を上回っています。
ドラッグストアで「目薬」の売り上げが前年同月比11.5%増加しました。本年は本格的に花粉が飛散する時期が前年より遅れたためか、前年は2月だった「目薬」の売り上げのピークが本年は3月となりました。
食品スーパーマーケットでは、「ビスケット・クッキー」の売り上げが前年同月比15.8%増、「小麦粉」が同13.8%増でした。


         


                                                        
20223月の集計データについて〉
・数値…小数点以下第二位を四捨五入  
・カテゴリ別伸び率ランキング…生鮮・惣菜カテゴリ及び、カテゴリ名の冒頭に「その他」を含むものを除外し、1店舗あたり200個以上売れているカテゴリを集計
・データ抽出日…2022年4月18日  
・全国ドラッグストア、食品スーパーマーケットのPOSデータをもとに統計化した購買データで集計しています。データには店舗・個人を特定する情報は含まれていません

データ出典:True Data
※プレスリリース掲載の数値はデータ抽出日時点のものです

■ 「新型コロナウイルスで変化した購買行動分析レポート」について


当社は日用消費財メーカー企業を対象に、月次レポート「新型コロナウイルスで変化した購買行動分析レポート」を提供しています。レポートでは、ドラッグストア・スーパーマーケットの購買金額、カテゴリ別などのデータを掲載し、新型コロナウイルスの流行による消費の変化をまとめています。
本レポートの無償版(ドラッグストア版)はこちらからお申込み下さい。
https://www.truedata.co.jp/combat_covid19_report

【会社概要】
社名   : 株式会社True Data (トゥルーデータ)
代表者  : 代表取締役社長 米倉 裕之
所在地  : 〒105-0012 東京都港区芝大門1-10-11 芝大門センタービル 4階
設立   : 2000年10月10日
URL   : https://www.truedata.co.jp/
お問合わせ: https://www.truedata.co.jp/contact

~事業内容~
全国の消費者購買データを扱うビッグデータプラットフォームを運営。POS/ID-POSなど消費者データ分析や購買行動分析ソリューションを小売業、消費財メーカー等に開発・提供。データマーケティング支援。

※当社のデータについて
株式会社True Dataが設計、運用する、全国のドラッグストア、スーパーマーケットなどの消費者購買情報を統計化した標準データベース。全国延べ6,000万人規模の購買情報から構成され、性別、年代情報をカバーしています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ