スペシャライズドのMirrorテクノロジー採用サドルに、チタンレール採用のPower Pro Mirrorが追加

スペシャライズド

サドルのベースには、再生利用されたカーボンファイバーを15%使用する、持続可能な製法を採用

スペシャライズドは、4月27日(水)、新しいサドル「Power Pro Mirror(パワー・プロ・ミラー)」を発売しました。3Dプリント技術を活用し異次元の快適性を提供するMirrorサドルに、オフロードでも使いやすい耐久性の高いチタンレールを組み合わせ、ロードはもちろん、MTBの使用にもお勧めできるサドルです。
ベースにはナイロンシェルに再生カーボンを15%混ぜ、環境負荷の低減も目指しています。

Body Geometryの人間工学に基づく設計

20年にわたるBody Geometryの科学的な研究開発から生まれた、評価の高いMirrorテクノロジー採用サドル。フォーム素材以外の可能性を探る中で、液体ポリマーを3Dプリントして完成したハニカム構造は、飛躍的な調節性をもつため理想的なサドルを実現できます。いままで最上級のS-Worksグレードでのみ提供していたMirrorテクノロジーが、同じパッドのままPower Proサドルに採用されました。まるで鏡のようにあなたのお尻の形状を完璧に反映するこのサドルなら、快適かつパワフルにペダルを漕ぎ続けられます。

サステイナブルな乗り物を、サステイナブルな製法で

バイクは、史上もっともサステイナブルな交通手段かもしれませんが、バイクブランドとして環境の改善により一層取り組む必要があるのも事実。そこで、工場で発生するカーボンの廃棄物を射出成形ナイロンと組み合わせたカーボンベースを作りました。このまったく新しい再生カーボン製法は、持続可能な生産を可能にします。生産効率を最大化し、廃棄物を最小限に抑えて環境負荷をできる限り減らす、循環型生産への第一歩です。

耐久性に優れたチタンレールでより多くのライダーに快適性を

Power Pro Mirrorサドルはチタンレールを使うことで耐久性が高まり、Mirrorテクノロジーのすばらしさをトレイルライドの険しい上りでも体感し、安心してジャンプもできるようになりました。オンロードでもトレイルでも、ヒルクライムでもダウンヒルでも、このサドルならシチュエーションを問わず、スピードをもってかつ快適に走れます。


Mirrorテクノロジーについて詳しく(日本語字幕をONにしてください)

製品ラインナップ

商品名:POWER PRO WITH MIRROR
価格:¥42,900 (税込)
サイズ:2サイズ(143mm、155mm)
重量:約約245g(143mm)、約251g(155mm)
製品詳細ページ:https://www.specialized.com/jp/ja/saddle-mirror

スペシャライズドについて


アメリカのカルフォルニア州に本社を置くスポーツ自転車ブランド。
「Pedaling the Planet Forward (ペダルをこいで地球を前に進めよう)」を目的に掲げ、サイクリングを通して人々の健康や生活の質を向上させるとともに、環境や社会問題の改善を目指しています。

スペシャライズドは、より速く走りたいというライダーのニーズに応えるため、2013年には業界で初めて自社内に自転車専用の風洞実験施設Win Tunnel(ウィントンネル)を建設し、エアロダイナミクスを追求。ツール・ド・フランスなどのワールドツアーで勝利を量産するトップチームにバイクをはじめとする機材を提供しています。

特に『S-WORKS(エス・ワークス)』と呼ばれるハイエンドモデルは、プロフェッショナルが実際に使用する最高グレードの製品を意味し、多くの本格的なアマチュアライダーにも支持されています。
技術革新への飽くなき挑戦の姿勢は、「Innovate or Die(革新を、さもなくば死を)」という行動指針にも表れています。

またトップアスリート向けだけではなく世界各国で一般ユーザー向けの幅広いラインアップを展開し、マウンテンバイクやロードバイク、クロスバイク、キッズバイク、e-Bikeなど、トッププロライダーが乗るバイクと同じ技術を活かしたモデルを販売しています。

【スペシャライズド・ジャパン】
公式インスタグラム>@specialized_japan
公式フェイスブック>https://www.facebook.com/specialized.japan/
公式サイト>https://www.specialized.com/jp/ja/
公式オンラインストア>https://www.specialized-onlinestore.jp/shop/default.aspx

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ