株式投資体験アプリ「賢者のポートフォリオ」を教材とした大学での授業がスタート!

あせまねライフ株式会社

同アプリは今年度から始まる高校の金融教育の補助教材にも適合

「あせまねライフ株式会社(本社所在地:神奈川県横浜市)」は、大学の授業向けに株式投資体験アプリ「賢者のポートフォリオ」を利用した無償の演習プランを用意し、昨年度は10の大学でご利用いただきました。
今年度は新たに数校の大学が「賢者のポートフォリオ」を教材とした演習の採用を決定し、東京地区では4月12日の授業を皮切りに同じ大学で2件、同週には関西地区の2つの大学でも演習がスタートしました。その後、大阪地区で1大学2ゼミ、東京地区で1大学1講座でも利用される運びです。
本アプリは学校教育の現場に無償で提供するもので、SDGsの観点から積極的に推進しています。ゲーム感覚で株式投資を学ぶことができるので、今年度から高校の家庭科や公民科に組み込まれる金融教育の導入教材としても効果が期待され、今後、高校教育での利用例も増えてくると思われます。

あせまねライフ株式会社(代表取締役社長:宮井博、本社:神奈川県横浜市、以下「弊社」)は、株式投資体験アプリ「賢者のポートフォリオ」を核とした金融リテラシー教育サービスを、一般社会人をはじめ、金融関係の社員研修、大学等での課題演習などに提供しています。

「賢者のポートフォリオ」は株式の模擬投資を体験するアプリで、1~5年を保有期間とする投資の結果を過去のデータを使って即時に確認できるのが最大の特長です。
平成時代を丸ごと含む過去30年超の実データに基づき、金融経済や市場の環境変化が企業の業績や株価に及ぼすダイナミズムが体験できます。
過去にタイムスリップして様々な経済局面下で投資を行い、その投資成績に応じた点数の獲得を積み重ねます。そして、よりレベルの高いメダルの獲得を目指して様々な情報を活用するというゲーム仕様のアプリとなっており、楽しくプレイするうちに自然と金融経済と株式投資に関する基礎知識が身に付きます。

本アプリはこれまでに以下の12大学で演習教材としてご利用していただいています。
青山学院大学、金沢星稜大学、関西大学、関西学院大学、九州産業大学、成蹊大学、日本大学、武蔵大学、文教大学、明治大学、立教大学、早稲田大学

大学での利用の典型的な例は、一定の期間内に本アプリに繰り返し挑戦し、当該講座を履修する学生間で最高点を競い合う形の演習で、昨年度は10の大学のゼミや講座の15件で、延べ37回実施しました。
「このアプリの課題を通じて、金融経済環境と株式投資に関する知識が深まったと思いましたか?」との問いに、アンケートに答えた学生の90%以上から「大いに思う」または「ある程度思う」との回答をいただきました。

【アンケート結果】

今年度の大学利用は4月12日に始まりました。
皮切りは東京地区の大学の経営学部の対面授業で、弊社も参加させていただき導入授業を実施しました。
同授業では、「日本経済と株式市場」をテーマにグループを組んで資料をまとめる傍ら、本アプリを実行して客観的な点数で実力を計測し、株式市場に関する知識の向上を体感するというものです。

同週には、関西地区の2つの大学のゼミでの演習も開始されました。
導入授業への弊社の参加はオンラインでしたが、授業自体は対面形式でした。
当該大学の1つは前記の典型例の演習を前期中に3回実施する計画です。
もう1つの大学では、初回の導入授業に次いで本アプリを利用したチーム対抗戦を実施しました。チーム内のディスカッションを通じて、一層理解が深まったという感想が出されました。

他の大学でも演習での利用が予定されており、弊社では今年度は10を超える大学で50件を超える演習回数を見込んでいます。

【演習の資料】


 
また、今年度は、文部科学省が定める「学習指導要領」の改訂で、高校の家庭科や公民科で金融教育の充実が図られることになりました。高校生にとってイメージが湧きにくい「資産形成」や「資産運用」については、ゲーム感覚で学べるアプリが効果を発揮しそうです。

「賢者のポートフォリオ」は、ゲーム性を備えたアプリで、若者世代向けの新しい教育ツールとして効果が期待でき、大学教育での利用にとどまらず、今後は高校での利用例も増えてくるものと思われます。

■ あせまねライフ株式会社
当社は、代表取締役社長の宮井博と代表取締役の小原沢則之の2人が2018年3月に創業しました。
2人は共に証券・資産運用業界で長く働き、機関投資家向けに専門的な資産運用分野の研究やアドバイスの他、マネジメントにも携わってきました。
大学や大学院での投資教育の経験を持つのも2人に共通した経歴です。
当社は、「草の根の金融リテラシーの向上」を目指して、引き続き「賢者のポートフォリオ」を核とした金融教育サービスを展開してまいります。

SDGsの取り組み

教育現場への演習プランの無償提供は、若い世代に金融経済を学ぶ機会を提供し、将来の資産形成を通じて老後の生活を安定させることを通じてSDGsに寄与する活動だと考えています。
   目標4. 質の高い教育を広く若い世代に提供する
   目標1. 老後の生活を安定させることを通じて、貧困をなくす
そこで、大学等への演習教材の無償提供活動への協賛企業を広く募ります。ご賛同いただける企業等の方は是非ご連絡下さい。この活動をサステナブルなものにするとともに、多くの関連機関、企業とSDGsへの取り組みを推進して行きたいと考えています。

【会社概要】
社名:あせまねライフ株式会社
(英語社名: Asset Management Life, Inc.)
住所:〒221-0811
神奈川県横浜市神奈川区斎藤分町4番15号
URL:https://am-life.co.jp/
事業内容:
インターネット等の通信ネットワーク及び電子技術を利用した金融情報・投資教育関連情報及びその提供ツールの企画、設計、開発、運用及び提供
設立:2018年3月8日
資本金:606万円
代表者:
代表取締役社長 宮井博
代表取締役   小原沢則之

【関連サイト】
「賢者のポートフォリオ」のポータルサイト
https://am-life.co.jp/
「賢者のポートフォリオ」のSNS
Facebook:https://www.facebook.com/kenja.port
Twitter:https://twitter.com/kenja_portfolio
編集・著作・発行 :あせまねライフ株式会社
https://am-life.co.jp/campany-infomation/

【あせまねライフのロゴ画像】

【お問い合わせ先】
あせまねライフ株式会社
担当:宮井 博
E-mail:info@am-life.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ