車中泊をしながらアウトドアを遊び尽くす!高萩ムーバブルビレッジ構想 AD“VAN”TUREがついに始動

日産自動車株式会社 日本マーケティング本部

<日産自動車×茨城県高萩市共同実証実験>1,800組の応募者の中から選ばれた最初のお客さまと出発式を実施

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区)は、2022年3月28日から4月15日まで一般参加者を募集していた、茨城県高萩市と共同で推進する、日産キャラバンを活用した観光事業推進を目的とした実証実験、「高萩ムーバブルビレッジ構想 AD“VAN”TURE」を2022年4月28日(木)より開催致するにあたり、同日、高萩市観光案内所「メモリア」前で出発セレモニーを執り行いました。セレモニーでは、 1,800組以上の応募から当選され たお客様であるご家族をお迎えし、高萩市長より鍵をお渡しいたしました。


■アウトドアを遊び尽くす高萩仕様のキャラバンのお披露目
セレモニーにて、挨拶をした日産自動車株式会社 日本マーケティング本部 チーフマーケティングマネージャー 山本 は、「車中泊仕様のキャラバンで、高萩市の雄大な自然を楽しんで、お客さまにとって忘れらえない思い出にしていただきたいと思います。車中泊を活用した協定は初の試みのため、お客さまの生の声を聞き、今後の施策や商品開発に活かしてまいります。また、観光誘致や空き家問題などは、高萩市だけでなく全国的に共通の課題でもあるため、今回の実証実験の結果をもとに他の地域の課題解決にも貢献してまいります。」と高揚感と今後の意気込みを表しました。そしてキャラバンについては、「昨年10月にビックマイナーチェンジを行い、内外装の質感や室内の快適性を大幅に向上しました。更に運転をアシストする先進安全装備を満載したことで、これまで以上にプライベートでお使いいただくお客さまにフィットするクルマへと進化を遂げています。そして今回の実証実験に使用するのは車中泊仕様として販売している“日産キャラバン マルチベッド”です。標準装備で、荷室に跳ね上げ式のベッドを装着しており、フルフラットなベッドとして使用できます。ぜひキャラバンでの快適な旅を楽しんでいただきたいです。 」と、その魅力を語りました。

また、大部市長からは、高萩市に関心を持っていただけたことに感謝を述べ、「豊かな自然を活用した“アウトドアのまち高萩” としてPRにも力を入れてきた高萩市にとって、10組限定で募集した実証実験に、1,800組以上の方からご応募頂けたことは、今後の大きな希望となりました。本日からスタートする20日間の実証実験では、高萩市の豊かな自然やアクティビティを楽しんでいただきたいです。また、お客さまの声をしっかりと反映し、アクティビティ事業の今後の活動につなげていきたい。」と期待を込め、鍵をお渡ししました。

最初のお客さまとして、セレモニーに参加いただいたご家族はお父さま、お母さまとお子さまの3人家族。お父さまがアウトドア好きで、ご趣味は狩猟とのこと。ご家族で快適に車中泊ができるクルマに関心をお持ちで、キャラバンでの旅を楽しみにされているご様子でした。実証実験は本日28日より開始し、今回の実証実験は2022年4月28日(木)~2022年5月17日(火)まで実施致します。

■今後の展開
今回の実証実験は、市の観光事業として導入する目的で、限定10組を対象に募集が行われましたが、募集期間中1,800組以上と大変多くのお客様に応募いただきました。全国から幅広く応募された中では、アウトドアに興味を持っているが、車中泊未経験者が圧倒的に多いことが分かりました。
年代構成としては「40-50代の夫婦または趣味を持つ男性」がもっとも多く、その次に「20代の夫婦やカップル」と、昨今のアウトドア・キャンプブームの影響が見受けられる結果となりました。
「高萩ムーバブルビレッジ構想 AD“VAN”TURE 」の第二弾は、今回の応募数や応募属性を反映し、初心者向けのアウトドアの充実や、開催規模の拡大などを視野に本日からGW中の利用者のアンケートをともとに、料金設定や運用フローを改善しながら事業を展開できるよう引き続き支援致します。
また、今回の第一弾の実施終了後、観光産業は同様の悩みを抱えた地域も多く存在することから、高萩市を皮切りに、他自治体や再生が必要な観光関連などの事業体にも今回の取り組みをモデルケースとした観光活性プロジェクトを提案していきたいと考えています。

■高萩ムーバブルビレッジ構想 AD”VAN”TURE 実証実験概要
自然豊かな高萩市内を舞台に、日産キャラバン「AD”VAN”TURE」に乗って本格的な車中泊と自然を楽しむ
ための様々なアクティビティが体験できる1泊2日のプランで、旅の相棒となる「キャラバン」は、最上級グ
レード「GRAND プレミアムGX」にマルチベッドやオリジナルのギアを装備。また高萩産の食材を楽しめる
食事メニュー用意し、“車中泊飯”として食材提供します。観光の醍醐味である食事を、ご自身で調理いただき
ながら、車中泊ならではの楽しみ方で体験いただき、アウトドアの魅力、高萩市の魅力も詰まったお得なプラ
ンで、1泊6,000円(税込)でお楽しみいただけます。
※ 2022年3月28日~4月15日の期間販売され、現在は募集終了。

■人気スポットに関して
今回高萩市内にある、通常は一般開放していない空き家や空き施設の5箇所の車中泊スポットと広大な自然の中楽しめる7種のアクティビティから2種を選択頂きましたが、応募属性でも明らかになったように、車中泊未経験者が多い中、初心者でも体験しやすく、都会では体験できない非日常のアクティビティの人気が高い結果となりました。車中泊スポットでは、日本のなぎさ百選のひとつである高戸小浜海岸が断トツの人気で、一般的な認知度が高いスポットが注目される結果となりました。今回の応募属性を参考に今後の第二弾についても、新たな体験スポットを拡充していく予定です。

<アクティビティ応募ランキング>
1位:乗馬・セグウェイ
2位:SUP
3位:海釣り
4位:ブッシュクラフト
5位:管理釣り場
6位:川釣り
7位:ヨガ(温熱ドーム付)
乗馬&セグウェイ
SUP
釣り

<車中泊スポット 応募ランキング>
1位:高戸小浜海岸
2位:さくら宇宙公園
(高萩市衛星通信記念公園)
3位:高萩市里山交流館(公共施設)
4位:けやき平キャンプ場
5位:山間地区住宅(空き家)
高戸小浜海岸
さくら宇宙公園 (高萩市衛星通信記念公園)
高萩市里山交流館(公共施設)


■NEW日産キャラバンについて

1973年の発売以降、40年以上愛されてきた日産自動車を代表する商用バンである「キャラバン」は、この度2017年以来となるマイナーチェンジを行いました。「キャラバン」の特徴である4ナンバークラスNo.1※の荷室長はそのままに、フロントグリルとバンパーを刷新。よりダイナミックで力強く、存在感のあるデザインとしました。インテリアは、黒を基調とし、落ち着いた雰囲気を演出。また運転席には、先進的で視認性、操

作性を大幅に向上した新型ファインビジョンメーター(5インチ TFT ディスプレイ付)を採用しました。安全装備では、全ガソリン車が、「セーフティ・サポートカーS<ワイド>(サポカーS<ワイド>)」の対象となり、安全性能を大幅に強化。上質かつ使い勝手の良いNEW日産キャラバンは、遊びも仕事も極める全てのプロフェッショナルを満足させる「プロ中の、プロ仕様。」となっています。

URL:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/caravan.html

※ バン プレミアムGX5人乗(荷室最大時)。小型貨物車カテゴリー4ナンバークラスでNo.1。荷室長3,050mm。2021年10月現在 日産調べ。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ