埼玉県川越市からJリーグを目指す「COEDO KAWAGOE F.C」、HATSUNEYA GARDENなど複数事業を運営する株式会社C・B・Hと2022シーズンのシルバーパートナー契約を締結

COEDO KAWAGOE F.C株式会社


COEDO KAWAGOE F.Cを運営するCOEDO KAWAGOE F.C株式会社(埼玉県川越市、代表取締役 有田和生)は、小江戸と呼ばれる川越のレストラン・カフェ・ウェディングをそなえた複合施設HATSUNEYA GARDEN(ハツネヤガーデン)などを運営する株式会社C・B・H(千葉県柏市、代表取締役 早川和宏)とシルバーパートナー契約を締結したことを発表いたします。

COEDO KAWAGOE F.Cは、2020年9月に新規設立し、埼玉県川越市をホームタウンとして、Jリーグ加盟を目指す新しいフットボールクラブです。
埼玉県川越市に由来のあるメンバーで運営し、海外プレー経験のある選手などが在籍し、サッカーだけが強いチームではなく、「フットボールクラブを通じて、川越に夢と感動を創出し続け、100年以上続くクラブ」を目指しています。

■契約締結の背景

”フットボールクラブを通じて、川越に夢と感動を創出し続け、100年以上続くクラブへ”というミッションを掲げ、川越に根ざしたフットボールクラブの形を目指す「COEDO KAWAGOE F.C」の方向性へ共感を頂き、地元川越へ応援を通じて貢献したいという想いから今回のご縁となりました。

■株式会C・B・H HATSUNEYA GARDEN マネージャー 鐵山亮介様 コメント

「初めてお話をお伺いしたときから、フットボールクラブとしてこれまでにないチャレンジを描いている部分が非常に印象的でした。弊社の社名C・B・HはChallenge・Breakthrough・Hospitalityの3語から成り、地域に根差しながら日々新たな挑戦を続けています。県内でも有名な歴史や文化が詰まった”川越”の街で、一緒に手を取り合い積極的に街全体を盛り上げていけるように微力ながらお手伝いができればと思います!」

HP: https://www.cbh-inc.co.jp/index.php
HATSUNEYA GARDEN – ハツネヤガーデン: https://hatsuneya.jp/

■COEDO KAWAGOE F.C株式会社 代表取締役 有田和生 コメント

「川越市の一番街の一本東側の通りに、ウェディング、レストラン、カフェなどの他業態をプロダクトにもつHATSUNEYA GARDENを運営する株式会社C・B・H様とパートナー締結させていただき大変光栄でございます。HATSUNEYA GARDEN様は明治元年創業の初音屋を2013年に継承されたというのもあり、庭園や建物の趣深さや伝統を感じれる場所となっております。株式会C・B・H様の本社は柏市ではございますが、施設がある川越市をもっと盛り上げ地域への貢献をしていきたいという熱いお話をされておりました。弊クラブのパートナー企業様との連携等含め、ご一緒になることで、ますます街を盛り上げていきたく存じます。」

HP: https://c-kawagoe.com/
クラブ事業計画: https://www.youtube.com/watch?v=rov2E4lanRU
運営ウェブメディアHP: https://mag.c-kawagoe.com/

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
COEDO KAWAGOE F.C株式会社
担当:中島
Mail:r-nakashima@c-kawagoe.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ