田中理来主演・新感覚の青春ロック映画『HANNORA』が2022年7月2日より池袋シネマ・ロサにて劇場公開決定!!

合同会社TeamDylan

予告編、キービジュアル公開

田中理来(たなか・りく/24)が主演を務める映画「HANNORA」が2022年7月2日(土)より池袋シネマ・ロサにて劇場公開が決定。同時に公式ホームページ、予告編、キービジュアル、場面写真が公開されました。

映画「プレス」が世界最高峰の映画祭「第63回カンヌ国際映画祭」マルシェデュフィルムにてワールドプレミア上映、カンヌのみならずイギリス最大のインディーズ映画祭「第19回レインダンス映画祭」等、数々の映画祭で評価された明石和之監督による独り立ち出来ない男(半ノラ)をテーマにした最新長編映画『HANNORA』の劇場公開が決定。新感覚の音楽映画を誕生させたい、自身もロックバンドでの活動経験がある明石監督の思いに動かされ気鋭のキャスト・スタッフが集結した映画『HANNORA』。


本作品はバンド演奏から弾き語りまで様々な演奏シーンと『ROCK』を具現化した暴力的な青春ストーリーが融合し、新感覚の青春ロック映画が誕生。主演は映画「渋谷シャドウ」、AbemaTV「私の年下王子様」など様々な分野で活躍中の俳優、田中理来。ヒロインはミスiD2021ネクストアクトレス賞を受賞した「劇場版ほんとうにあった怖い話2020-呪われた家-」などに出演の幡乃美帆が務める。池田和樹、大西一希、勝俣栄作、須賀裕紀、加藤理子、大石菊華、古川順、田丸大輔、近藤奈保希、有賀さやか等、これからの活躍が期待される若手俳優からベテラン俳優まで幅広い注目俳優が集結。

【あらすじ】
自由を求め、友人の光司、裕也とロックバンドを組み、楽器が置いてある不思議な中華屋でアルバイトをしている高校生の尚人。ある日、尚人の前に突然現れた女子高生の真希は携帯画面を見せて「この子知らない?」と尚人に問いかける。真希は突如失踪した友人「智子」を探しており、一緒に探して欲しいと頼みでる。この日をきっかけに尚人は真希の友人「智子」を探す事に協力するが、そこには裏社会との繋がり、ラッパーとの対立など様々な人間ドラマが2人を困惑させる。2人は真希の友人「智子」を探す事は出来るのか?!そして誰も知らなかった真希が抱えていた問題とは、、、

【予告編】

【明石和之監督コメント】
「日本でも脱コロナに向けて進み始めました。まだ通常レベルとは言えませんが喜ばしいことです。そんな中、今回僕たちはロック映画を作りました。ロックと言えばロックイズデッドというフレーズが流行ってから早20年。ロックイズスティルアライブと叫ぶのも何だか恥ずかしいし、叫ぶのもしっくりこないので代わりにロック映画を作ろうと思ったのがきっかけです。グランジ、メロコア、オルタナ、ミクスチャー、エモ、スクリーモといった世界観を背景に現代の若者のストーリーを紡いでいきました。ロックには色んな感情があるからこそ未だ熱くなれる。色んなジャンルを取り込んだロックはまだまだ僕たちの代弁者だし、今だからこそ共通して体験できることがあるんじゃないかと思います。ロック好きはもちろん、そうでもない方も楽しめる映画です。この時代の代弁者を是非、映画館でご堪能いただきたいと思っています。よろしくお願いいたします。」

【CAST &STAFF】
田中理来 幡乃美帆
池田和樹 大西一希 勝俣栄作 須賀裕紀 加藤理子
大石菊華 古川順 田丸大輔 近藤奈保希 有賀さやか飛磨 龍輝 田中陸 ユウジロウ みやたに 他

監督・編集:明石和之
脚本:西島ユタカ 明石和之
プロデューサー:槇原啓右 撮影:寺澤恭平 録音:松沢梢 堀井佳伸
ヘアメイク:板東由季 助監督:玉木慧 制作:佐藤亮輔 フライヤーデザイン:高橋桃李
製作:「HANNORA」製作委員会 配給・宣伝:合同会社TeamDylan (C)2022 「HANNORA」製作委員会

【公開情報】

2022年7月2日(土)~7月8日(金) 池袋シネマ・ロサにて1週間限定上映
前売り券 1300円(税込) 当日券 1500円(税込)
(前売り券は劇場窓口または専用オンライン購入フォームにて発売中)
前売り券購入オンラインフォーム:https://forms.gle/voA5CPFFsVQh2PFf8

『HANNORA』
公式サイト:https://hannora.cc
予告編:https://youtu.be/TIlWXyzWgik
Twitter:@HANNORA1024

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ