日本固有の希少なカエル「モリアオガエル」の産卵が今年も始まります ~休暇村越前三国内の越前三国オートキャンプ場、初夏の風物詩~

自然にときめくリゾート 休暇村

福井県嶺北部、九頭竜川の恵みを受ける坂井市のリゾートホテル休暇村越前三国(所在地:福井県坂井市三国町崎15-45総支配人:松本清司)の越前三国オートキャンプ場では、5月下旬から日本固有のカエル「モリアオガエル」の産卵シーズンを迎えます。モリアオガエルは泡状の卵を産む珍しいカエル。この卵は6月上旬頃まで見ることができます。モリアオガエルは、絶滅危惧種や天然記念物にも指定する地域もあり、年々希少になっています。

モリアオガエル

◆初夏の風物詩、モリアオガエルの産卵
モリアオガエルの産卵は、池に突き出ている枝先に集団で泡状の卵を産むという独特のスタイル。また、卵塊を作る際に大量の水分が必要なため、産卵前には必ず池にドボンと飛び込み、水を摂取して木に登り産卵を開始します。池に飛び込む理由は、産卵時に尿として排泄するのではないかと言われています。
一つの卵塊に300~500個の卵を産みつけ、1週間程でふ化しオタマジャクシとなって池に落ちます。
木の遊歩道が整備されたビオトープ周辺の木の枝に、綿菓子のような白い泡状の卵塊が見られ、ゴロゴロという鳴き声とともに初夏の風物詩になっています。
モリアオガエルの卵塊

◆自然公園は生き物がいっぱい~越前加賀海浜国定公園~
キャンプ場があるのは越前加賀海浜国定公園の中。ぐるり自然に囲まれた環境です。カエルをはじめ、トンボ、イモリ、様々な水生昆虫などが生息しています。夜になるとカエルだけでなく、いろいろな生き物の大合唱が聴こえてきます。
懐中電灯を持って夜の生き物観察はもちろん、朝、少し早起きをしてお散歩をするのもおすすめです。
木の遊歩道が整備されたビオトープ

◆6/1~12限定、ビュッフェにかに料理が登場&かに刺身付き「宝漁&裏がにフェアビュッフェ」
期間限定の特別かにビュッフェ。ビュッフェにはかに飯をはじめ、焼きがに、かに天ぷら、かに汁、かになますなどが登場。さらに大人1名につきかにのお刺身(2本)付き!かにを扱う休暇村越前三国だからこそできるビュッフェです。レギュラービュッフェには地魚をふんだんに取り入れ、お刺身はもちろん、郷土料理、デザートなど大人からお子様まで大満足なラインナップです。
 期 間:2022年6月1日(水)~12日(日)
 料 金:1泊2食付 14,650円(税込/入湯税別) ※平日2名1室利用時の1名様料金
宝漁&裏がにフェアビュッフェ
焼きがに
かに天ぷら
大人の方にはかにのお刺身(2本)付き

◆休暇村越前三国
越前加賀海岸国定公園内に位置し、全室から日本海を一望。温泉大浴場は露天風呂付天然温泉「荒磯の湯」。食事は春~秋は日本海の海の幸や若狭牛など福井の素材を取り入れたビュッフェスタイル。冬は越前がに料理が好評。プールやオートキャンプ場も併設され、越前松島水族館や芝政ワールド、海水浴場など観光の拠点にもピッタリです。
 所在地 :〒913-0065 福井県坂井市三国町崎15-45
 総支配人:松本清司
 URL :https://www.qkamura.or.jp/echizen/

◆新しい旅のスタイル‟ゼロ密のリゾート“を目指した取組み
お客様、従業員、関係者など皆様の安全・安心を第一に、‟ゼロ密のリゾート“を目指し日々取り組んでまいります。

 ▽休暇村公式サイト内 特集ページ▽
 https://www.qkamura.or.jp/campaign/zero/

◆自然にときめくリゾート 休暇村
日本の景色を代表する国立公園・国定公園など優れた自然環境の中にあるリゾートホテル。35か所ある休暇村は、「自然にときめくリゾート」のコンセプトのもと、地元の食材を活かした料理や、地域の自然、文化、歴史とのふれあいプログラムなど、その土地ならではの魅力にふれる場を提供し、すべてのお客様に心が自然にときめくひとときをお届けします。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ