トライアスロン公式大会として日本初*のGPSトラッキングシステムを導入

セイコーエプソン(株)

エプソンのセンシング技術で、スポーツの魅力向上に寄与

 セイコーエプソン株式会社は、2022年6月25日に開催される、スワコエイトピークス ミドルトライアスロン大会 2022において、公式大会では日本初*となる、最先端位置測位テクノロジーを採用したGPSトラッキングシステムによる大会支援を行います。
 新開発の本システムを活用することで、選手の位置や状態をリアルタイムで検知し、安心・安全な大会運営の実現や、選手の運動分析データを活用した競技の新たな楽しみ方を提案します。
*トライアスロン雑誌Triathlon LUMINA編集部調べ

■今回導入するGPSトラッキングシステム
 エプソン独自の高精度・低消費センシングデバイス及び低消費無線通信を複合した「M-Tracer」テクノロジーによって、トライアスロンのような長時間競技でも、リアルタイムで位置や運動情報の計測および可視化が可能なシステムです。

 リアルタイムトラッキングに重要な通信は、株式会社インターネットイニシアティブ様(IIJ)のフルMVNOサービスであるIIJモバイルサービス/タイプIを採用。効率的なデータ通信で、デバイスの消費電力を最小限に抑えるシステムを実現しています。

 また、本システムの開発は、長野県の諏訪圏域企業との共創により実現しており、大会運営サポートを通じて、地域経済や産業の活性化を図っています。

[諏訪湖周・八ヶ岳山麓トライアスロン大会実行委員会]・有限会社シスコア:大会運用システムスマホアプリ開発(諏訪市清水)
・株式会社ジェイ・キッズ:実証実験含むイベント企画・宣伝(諏訪市四賀赤沼)
・セイコーエプソン株式会社:GPS端末/データ分析システム開発(諏訪市大和)

■本大会での活用方法
 全選手に加え、メディカルや警備等主要大会スタッフがGPS機器を着用し、データをリアルタイムで可視化することで大会運営を安全に見守るとともに、新たな観戦スタイルを提供します。

1. 選手のリスク低減を図るためのリアルタイム監視
 選手の位置や状態をリアルタイムに把握することで、選手が安心・安全に競技を楽しむことができる環境を提供

2. 地域住民の生活影響を軽減するための大会運営サポート
 選手・スタッフの位置をリアルタイムで把握することで、メディカルや警備の最適配置によって、広域に広がるメディカルチームおよび交通規制の効率的な運営をサポート

3. 運動分析データにより新たな観戦スタイルを提案
 大会運営本部で活用している情報に加え、取得したデータをゴール地点に設置した大型スクリーンで、観戦されているお客様へ公開。さらに、各選手のリアルタイムな位置情報をスマートフォンで、家族が見守れる環境を提供

■スポーツツーリズムへの展開
 エプソンは、GPSトラッキングシステムを活用した革新的な大会を実現するとともに、大会の地に練習に訪れるアスリートの皆さんへ運動分析データを継続的に提供するスポーツツーリズムを実現します。
 たとえば、宿泊・観光施設、イベント企画会社と共創し、観光コンテンツと連携したトレーニングコースの設定や、トレーニング利用者向けのおもてなしサービスなどの創出を実現することで、地域の魅力向上に寄与するとともに、地域の活性化を図ります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ