14歳の少年を通して現代を生きる「アイヌ」を映し出した話題作『アイヌモシㇼ』、6月15日(水)DVD発売&デジタル配信開始。

株式会社ポニーキャニオン

海外で高い評価を得る『アイヌモシㇼ』。新鋭・福永監督をこの作品に導いた思いとは…。

「ゴールデンカムイ」の実写化、北海道白老町にアイヌ文化施設「ウポポイ」がオープンするなど、先住民族「アイヌ」への感心の高まる中、現代を生きるアイヌを映し出し話題となった映画『アイヌモシㇼ』。コロナ禍での公開にもかかわらず3ヶ月にわたるロングランを記録した本作が6月15日にDVDとデジタル配信でリリースされる。


トライベッカ映画祭・国際コンペティション部門にて長編日本映画史上初の審査員特別賞や、グアナファト国際映画祭・国際長編部門での最優秀作品賞など各国で大絶賛された本作は、北海道・阿寒湖のアイヌコタンを舞台に14歳の少年の成長を美しい四季の景色や深い文化とともに描き、誰もが持つアイデンティティーのゆらぎや、地域コミュニティへの帰属意識を通してアイヌという先住民の物語を丁寧に描いた秀作だ。メインキャストはアイヌの人々を中心にキャスティングし、主役のカントを演じるのは自身もアイヌの血を引く下倉幹人。強い眼差しで等身大の役どころを瑞々しく演じる。

また、『ドライブ・マイ・カー』で話題の三浦透子、リリー・フランキーなどが個性豊かに作品を彩る。北海道出身の新たな才能・福永壮志監督が、企画から5年をかけて作り上げた”ちかくてとおい、ぼくが住む町のお話”について、DVD封入ブックレットにコメントを寄せている(一部抜粋)。

「学校で読んだ歴史の教科書でアイヌについて書かれていたのはほんの少しで、アイヌを遠い存在に感じたまま思春期が過ぎた。その感覚が変わったのは二十歳、アメリカに渡った後だった。ネイティブアメリカンについて興味を持つようになった自分が、生まれ育った北海道の先住民族であるアイヌについて何も知らないことにハッとし、恥ずかしく思った。いつかアイヌを題材にした映画を作りたいと思い始めたのは、大学を卒業してからまもなくのことになる。アイヌについて知ることは、自分が生まれ育った北海道、更には日本を知ることでもあり、自分のルーツを見つめ直すことにも繋がると思った」


このDVDブックレットには、斎藤工氏が撮り下ろした主人公「カント」の写真も収められている。また、特典映像には季節を通して撮影されたメイキングや、主演のカントと彼を包み込むような大きな存在「デボ」とのプレシューティングの様子なども収録され、制作された時間軸とともに作品の魅力を楽しむことができる。「アイヌ」をテーマにしつつも、誰もが経験する思春期の自分さがしを描いた本作には、多くの人を惹きつける魅力があふれている。

■映画『アイヌモシㇼ』DVD発売中/デジタル配信中

◆ストーリー
14歳のカントは、アイヌ民芸品店を営む母親のエミと北海道阿寒湖畔のアイヌコタンで暮らしていた。アイヌ文化に触れながら育ってきたカントだったが、一年前の父親の死をきっかけにアイヌの活動に参加しなくなる。アイヌ文化と距離を置く一方で、カントは友人達と始めたバンドの練習に没頭し、翌年の中学校卒業後は高校進学のため故郷を離れることを予定していた。亡き父親の友人で、アイヌコタンの中心的存在であるデボは、カントを自給自足のキャンプに連れて行き、自然の中で育まれたアイヌの精神や文化について教え込もうとする。少しずつ理解を示すカントを見て喜ぶデボは、密かに育てていた子熊の世話をカントに任せる。世話をするうちに子熊への愛着を深めていくカント。しかし、デボは長年行われていない熊送りの儀式、イオマンテの復活のために子熊を飼育していた。

◆キャスト
下倉幹人、秋辺デボ、下倉絵美、OKI(オキ)、結城幸司、
三浦透子、リリー・フランキー ほか

◆スタッフ
監督・脚本:福永壮志
プロデューサー:エリック・ニアリ 三宅はるえ
撮影監督:ショーン・プライス・ウィリアムズ
音楽:クラリス・ジェンセン / OKI 
エグゼクティブプロデューサー:中林千賀子、宮川朋之、葛小松、项涛、ジャッド・エールリッヒ
共同プロデューサー:朱毅飞、福永壮志、ドナリ・ブラクストン、ジョシュ・ウィック
製作:シネリック・クリエイティブ、ブースタープロジェクト
2020年/日本・アメリカ・中国

◆DVD発売中/デジタル配信中 品番:PCBP-12416/¥4,950(税込)

DVD本編84分+特典映像26分
発売・販売:ポニーキャニオン
(C)AINU MOSIR LLC/Booster Project

◆特典映像
・劇場予告編
・メイキング オブ アイヌモシリ
・プレシューティング(カント&デボ)

◆オンオフ機能
視覚障がい用音声ガイド/聴覚障がい用字幕ガイド
◆生産数限定スリーブケース

<映画サイト>http://ainumosir-movie.jp/
<DVDサイト>https://movie-product.ponycanyon.co.jp/item134/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ