【6/19バスケ決勝LIVE配信】「第66回中国高等学校バスケットボール選手権大会」6月18日、19日に開催の男子・女子の試合をLIVE配信します

株式会社NTTSportict

配信:NTTSportict/広島ホームテレビ 女子決勝12:30~、男子決勝14:10~

 株式会社NTTSportict(大阪市都島区 代表取締役社長 中村正敏、以下 NTTSportict)と株式会社広島ホームテレビ(広島市中区 代表取締役社長 三吉吉三、以下 広島ホームテレビ)は共同で、6月18日、19日開催の「第66回中国高等学校選手権大会 バスケットボール競技」男子・女子の試合のLIVE・アーカイブ配信を行います。
 
 配信ではNTTSportictが提供するAIスポーツ映像ソリューション「STADIUM TUBE」を使用します。

■大会・配信概要
第66回中国高等学校選手権大会 バスケットボール競技

日程: 6月18日(土)、19日(日)
場所:広島県立総合体育館(グリーンアリーナ)

視聴ページ:https://kachiguse-home-basketball.nttsportict.co.jp
「勝ちグセ。」特設ページ:https://www.home-tv.co.jp/sports/

 視聴ページ
配信予定:男女15試合ずつ 計30試合

18日(土) 第1日
1.9:00 2.10:30 3.12:00 4.13:30 5.15:00 6.16:30

19日(日) 第2日
女子準決勝 9:00~
男子準決勝10:40~
女子決勝 12:30~(LIVE配信)
男子決勝 14:10~(LIVE配信)

※本配信は事前登録不要・一定期間無料でご視聴いただけます。詳細は当該ページをご確認ください。
※LIVE配信とアーカイブ配信の試合がございます。また、全試合の見逃し配信とDVDの販売を行います。
 配信情報等詳しくは視聴ページをご覧ください。
※当日の開催状況に応じて変更になる可能性がございます。予めご了承ください。

■撮影に使用される「STADIUM TUBE」について



 NTTSportictが提供するAIスポーツ映像ソリューション「STADIUM TUBE」 の中心となるのは、Pixellot Ltd.(本社:イスラエル)が開発した無人撮影カメラで、AIによる自動撮影や編集機能を備えています。

 スタジアムなどの競技施設に設置することで、撮影コストを約10分の1に抑えることができます。また、動画の再生前に広告動画を自動挿入することも可能です。

 現在、サッカー、バスケットボール、ラグビー、アメリカンフットボール、バレーボールなど14競技の撮影に対応*しており、「オートプロダクション」モードでは、本物のカメラマンが撮影しているかのような自然なカメラワークになります。

▼実際の撮影映像はこちら(バスケットボール デモ映像)
https://youtu.be/KDLENlycY_Y

 また通常のAI撮影と合わせて、同時にパノラマでピッチ全体の映像も撮影されるため、撮影した映像を既存のコーチングシステムへ直接流し込むことで、ファイル変換などの手間をかけずにチームの練習、選手へのフィードバックや分析に活用することができます。

※撮影対応競技数は機種によって異なります。

【NTTSportict 会社概要】
会社名:株式会社NTTSportict(NTTスポルティクト)
所在地:大阪府大阪市都島区東野田町4丁目15番82号NTT西日本 QUINT BRIDGE3階
代表者:中村正敏
設立:2020年4月1日
URL:https://nttsportict.co.jp

STADIUM TUBE 公式サイト: https://stadiumtube.com

【事業概要】
・AIカメラを活用したアマチュアスポーツ等による映像ライセンス獲得及び映像配信事業
・広告・放映権・動画コンテンツの制作、販売
・上記に付帯または関連する一切の事業 等

【創業ヒストリー】
NTTSportict代表取締役社長中村正敏が、AIカメラとの出会いから会社設立に至るまでのエピソードを語ります。
https://prtimes.jp/story/detail/9B57E0IjN4r

【NTTSportict会社紹介動画】
https://youtu.be/XfGcp9Plqvo
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ