NECレッドロケッツ【バレー/Vリーグ】川崎市内小学校でのふれあい教室の実施

日本電気株式会社


6月7日(火)に、小学生を対象としたふれあい教室(バレーボール教室)を川崎市栗木台小学校と川崎市下作延小学校で実施しました。
栗木台小学校では上野香織選手と甲萌香選手、下作延小学校では川上雛菜選手と吉田あゆみ選手が先生役として参加し、授業を行わせていただきました。

栗木台小学校

上野選手と甲選手のオーバーパスのお手本を見て、「え!音がほとんどしない!すごい!」と子どもたちからの声が上がって始まったバレーボール教室。

子どもたち同士が円になってボールを繋ぐ円陣パスでは、「なんで長くラリーが続けられたのかな?」、「高くあげると次の人も取りやすいね!」などと、選手も子どもたちと一緒になって考えながら楽しく取り組んでいました。
子どもたちから、「バレーのことをあまり知らなかったけど、今回知ることが出来て楽しかった!またやりたい!!」などの感想をいただきました。

下作延小学校

川上選手と吉田選手がオーバーパスとアンダーパスを丁寧に説明しながら進めました。
スパイク練習では吉田選手のキレキレのスパイクのお手本を見て、「すごい!かっこいい!」と大盛り上がり。「ガッツポーズの位置でヒットしましょう」と吉田選手からのアドバイスを受け、子どもたちも積極的にチャレンジしている姿が見られました。

最後の質問コーナーでは、川上選手から子どもたちへ「何年かかっても夢や目標を持って頑張ってほしいです!!」と熱いメッセージを伝えていました。

川崎市様や市内小学校様をはじめ、ご協力頂きました皆様にはこのような機会をいただき、感謝申し上げます。
引き続き感染予防対策に配慮した上で、参加していただく皆様に楽しんでもらえるバレーボール教室を行って参ります。

『R-CONNECTION』とは
「スポーツを通じてより良い社会づくりに貢献し、NECロケッツに関わるすべての皆さまに愛され、必要とされる存在になる」という理念のもと、
●「一人ひとりが平等で権利や機会を分かち合う社会(インクルージョン)づくり」
●「人々の心と身体の健康づくり」
●「環境にやさしいまちづくり」
などの社会課題解決の実現を目指すため、スポーツを通して人と未来をつなげ、より良い社会づくりに貢献するプロジェクト、これが「R-CONNECTION」です。
あらゆる人々一人ひとりが輝く社会となるために、NECロケッツが人やコミュニティ、そして社会をつなぐ"架け橋"(CONNECTION)となる「R-CONNECTION」には、このような想いが込められております。

<NECレッドロケッツ>
V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN(V1女子) に加盟する女子バレーボールチーム。日本リーグで優勝1回、Vリーグでは優勝6回、黒鷲旗でも2回の優勝実績がある。2021年、これまでの歴史を継承しながら、更なる進化を遂げるためチームのリブランディングを実施し、ホームタウンを神奈川県川崎エリア、東京エリアとした。チームのエンブレムであるロケット胴体部の三層のラインは、ロケットに搭乗しているチーム、サポーター、コミュニティを表現。チームに関わるすべての皆さまに愛され、必要とされる欠かせない存在になることを目指す。
公式ウェブサイト: https://red.necrockets.net/
公式Twitter: https://twitter.com/nec_rr_official
公式Instagram: https://www.instagram.com/nec_rr_official/
公式Facebook:https://www.facebook.com/NECRedRockets.VL
公式YouTube:https://www.youtube.com/channel/UChNs9_g5YoFzWK1kZmTONyA
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ