FIFAワールドカップカタール2022(TM)の公式ポスター発表 カタール人女性アーティスト、 ボウサーニャ・アル・ムフタ氏によるサッカーのファンダムを象徴とするデザインに

2022年サッカーW杯カタール大会伝送と遺産の最高委員会 日本PR事務局

(本プレスリリースは6月15日発表された英語版の抄訳です)

FIFAワールドカップカタール2022™の公式ポスターが、ハマド国際空港で開催されたイベントで発表されました。

カタール人女性アーティストのボウサーニャ・アル・ムフタ(Bouthayna Al Muftah)氏によってデザインされた公式ポスターは、8枚で構成されています。メインのポスターは、伝統的な帽子が空中に投げられたシーンを表し、カタールとアラブ世界の祝意と、サッカーのファンダム(特定の分野を取り巻く熱心なファンの総称)を象徴しています。7枚のポスターは、アラブ世界のサッカーへの情熱と家族を結び付けるものとしてゲームを示しています。

アル・ムフタ氏は次のように述べています。「カタールやアラブ世界のアイデンティティといえる“集合記憶”に創作のインスピレーションを受けています。私はこれまでの作品で、過去の文化的な経験や記憶を現在に結び付け、現代的な方法で表現してきました。今回のポスターは、このコンセプトに沿いながらカタールサッカーの文化やストーリーを表現しています。それぞれのポスターで、カタールでの祝意やファンダムを表し、メインポスターは、『クーフィーヤ(gutra)』と『エガル(egal)』(イスラム教の伝統的な帽子)が空中に投げられているシーンを表現しました。これは、アラブ地域のサッカーファンが、得点が入った際によくする行動です」

(フォトクレジット:Jan Klos)

FIFAのマーケティング・ディレクターである、ジャン – フランソア・パシー(Jean-François Pathy)氏は次のように述べています。「Qatar 2022の公式ポスターは、カタールの芸術とサッカーの伝統の雰囲気を反映しています。私たちは、カタールのサッカーに対する情熱を描き、才能ある女性アーティストに世界的なスポットライトを当てた、この美しいポスターシリーズに大きな誇りを感じています」

SCのカリード・アル・マウラウィ(Khalid Al Mawlawi)副事務局長は次のように述べています。「これらの美しいポスターは、私たちのサッカーへの愛情と、中東とアラブ世界で最初のFIFAワールドカップを主催することへの興奮を象徴しています。私たちの伝統的な帽子は、大会スタジアムの1つであるアル・サマーマ(Al Thamama)スタジアム、大会のロゴマーク、公式マスコットであるライーブ(La’eeb)、そして現在では公式ポスターのデザインなど、様々な大会資産で際立って活用されています。私たちの文化と遺産が、大会に関連するあらゆるものに特徴づけられていることを誇りに思います」

FIFAワールドカップカタール2022™の最新チケット情報、宿泊施設、ファンID(Hayya カード)に関する詳細は、こちら(https://www.qatar2022.qa/en/tickets)よりご覧いただけます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ