「お名前.com」、ラグビー・バスケットボールのWebサイト向けドメイン「.rugby」と「.basketball」の一般登録受付を開始

GMOインターネットグループ

GMOインターネット株式会社のインターネットインフラサービスブランド「お名前.com」が提供する国内最大級(※1)のドメイン登録サービス(URL:https://www.onamae.com/)は、本日2022年6月16日(木)より、「.rugby」と「.basketball」の一般登録の受付を開始いたしました。
これを記念して、本日から2022年8月31日(水)17時までの期間、「.rugby」と「.basketball」をそれぞれ一般登録開始記念価格(※2)でご登録いただけるキャンペーンを実施いたします。
ドメインの登録は先願制(早い者勝ち)となりますので、お早めにご登録ください。

(※1)ICANN(インターネットのドメイン名などの資源を管理する非営利団体)の公表数値(https://www.icann.org/resources/pages/registry-reports)をもとに集計。最新データは2022年1月時点。
(※2)2022年6月16日(木)時点の初年度の税込価格です。最新の初年度登録料金は「.rugby」「.basketball」の登録ページをご参照ください。

【「お名前.com」で新たに一般登録受付を開始したドメイン】(金額は全て税込)

■各ドメインの一般登録ページ
・「.rugby」URL:https://www.onamae.com/service/domain/rugby/
・「.basketball」URL:https://www.onamae.com/service/domain/basketball/

■プロアマチーム、ファンのWebサイトやブログにおすすめの「.rugby」と「.basketball」
 一目でラグビーとバスケットボールを意味するドメインだと分かる「.rugby」と「.basketball」、両スポーツのプロアマチームのWebサイト、ファンサイトやコミュニティサイトなどに最適のドメインです。
ラグビーはラグビーW杯の日本代表の活躍で注目が集まり、バスケットボールは東京五輪で女子が史上初となる銀メダルを獲得したことや、女子チームの監督がパリ五輪に向けて男子チームを率いることになるなど話題が多く、これから更に人気が高まる両スポーツを盛り上げるため、このたび「.rugby」と「.basketball」の登録受付を開始しました。
 なお、ラグビーの国際競技連盟であるワールドラグビーは”world.rugby”、国際バスケットボール連盟であるFIBAは” fiba.basketball”のドメインを使用しています。
 「.rugby」と「.basketball」は、「.com」や「.net」などの従来の人気ドメインに比べ空き文字列が豊富なことから、登録したい文字列でドメインを登録できる確率が高くなっています。ぜひこの機会に登録をご検討ください。

【「お名前.com」のサービス特徴】

ドメイン登録サービスを中心に、レンタルサーバーやSSL(Webセキュリティ)など、ネットビジネスに必要な各種関連サービスを包括的に提供しているインフラサービスブランドです。
特に、提供開始から22年の実績を持つドメイン登録サービスは、1999年4月21日にアジア圏初のドメイン名登録機関(レジストラ)としてICANN(※3)に認定され、累積登録件数2,800万件を超える国内最大級のドメイン公式登録サービスです。「.com」、「.net」、「.info」など、全部で600種類以上のTLD(※4)を取り扱っています。
ドメイン登録サービスの管理画面「お名前.com Navi」では、自動更新機能・転送サービス設定など、登録後もドメインを便利に管理・運用できるサービスを提供しています。
ドメイン登録サービスとレンタルサーバーサービスの提供を並行して行うことで、ドメイン登録から運用までのシームレスな導入が可能です。
ドメイン「.com/.co.jp/.net」などとレンタルサーバーがセットになったWebサイト制作代行サービス「Webサイト制作パック」を、1万999円(税込)(※5)で提供しています。
「自分の思い通りのホームページを作りたい」というお客様向けに、簡単に作成できる「ホームページエディター Powered by Weebly」を提供しています。
「メールアドレスは作りたいけど、ホームページは不要」というお客様向けに、独自ドメインのメールアドレスを月あたり87円(税込)から利用できる「お名前メール」を提供しています。

(※3)インターネット上で使用されるドメイン名やIPアドレスといったアドレス資源の割当管理を行う米国の非営利団体。ドメイン登録業務を行うレジストラ(登録業者)を公認する権限を持っています。
(※4)TLDとは、トップレベルドメインといい、ドメイン名において、末尾部に配置される「com」や「net」、「jp」などの文字列のことです。
(※5)お申し込み月から起算して3ヵ月目以降は、レンタルサーバーとホームぺージエディターの月額費用が別途発生します。

以上

【サービスに関するお問い合わせ先】
●GMOインターネット株式会社
お名前.com事業部 桐原
E-mail:support@onamae.com
URL:https://www.onamae.com/support/contact/

【GMOインターネット株式会社】(URL:https://www.gmo.jp/
会社名   GMOインターネット株式会社 (東証プライム 証券コード:9449)
所在地   東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者   代表取締役グループ代表 熊谷 正寿
事業内容 ■インターネットインフラ事業 ■インターネット広告・メディア事業
     ■インターネット金融事業   ■暗号資産事業
資本金   50億円
Copyright (C) 2022 GMO Internet, Inc. All Rights Reserved.
■GMO INTERNET GROUP■ www.gmo.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ