テクノロジーからサステナブルな取り組みまで、現代を象徴するコンテンツの全容公開!『東京ガールズコレクション』と『マクセル アクアパーク品川』初のコラボイベント

株式会社W TOKYO

RYUGU FESTIVAL supported by TOKYO GIRLS COLLECTION

東京ガールズコレクション実行委員会(企画/制作:株式会社W TOKYO)は、『マクセル アクアパーク品川(以下、アクアパーク)』(所在地:東京都港区高輪4-10-30 品川プリンスホテル内、館長:棚原徹)にて、2022年7月1日(金)~10月23日(日)の期間、初のコラボイベント「RYUGU FESTIVAL supported by TOKYO GIRLS COLLECTION(リュウグウフェスティバル サポーテッド バイ トーキョーガールズコレクション)」を開催します。この度、コラボコンテンツの詳細が決定しましたので、ご案内させていただきます。

水面の“ランウェイ”・魚の模様を身にまとう“魚浴衣”・生きものたちと楽しむ“パーティー”など、
“RYUGU”空間ならではの[生きもの×ファッション×デジタルテクノロジー]が融合する体感コンテンツが満載!


ファッショントレンドの最先端に立ち、若年層カルチャーを牽引し続ける史上最大級のファッションフェスタ『東京ガールズコレクション』と、“TOKYO最先端エンターテインメント”としてデジタルテクノロジーを駆使した演出や、四季折々で可変性あふれるコンテンツを展開し、生きものの魅力をお伝えする『マクセル アクアパーク品川』。ともに“東京”というトレンドの発信地にあり、常に先進的なチャレンジを続けながらイノベーションを図っていくという共通点から今回のコラボレーションが実現しました。両者がタッグを組むことで今までにない要素が加わり、より洗練された世界観と生きものの魅力が輝く仕掛けで、この夏、新しい体験価値を提供します。テーマは、海の生きものたちが集い、お祭りを繰り広げる“RYUGU”空間。誰もが知る、海中の幻想世界“竜宮城”をモチーフに【TGC×アクアパーク】ならではのアレンジを加えたスタイリッシュな“RYUGU”空間が広がります。その中で、花火やパーティーをイメージした水槽展示・プログラムを展開し、生きものたちが繰り広げる“海の世界のお祭り”へと迷い込む、フシギ体験をお届けします!

<TOPICS>

TGCとのコラボならでは!【生きもの×ファッション×デジタルテクノロジー】の体感コンテンツ。
オリジナル楽曲&“サステナブル”な衣装を使用した「ドルフィンパフォーマンス(デイver.)」。
カラフルなクリームソーダやパフェなど、写真にも映える“イベント限定ドリンク&スイーツ”。

水槽展示エリア

◆OTOHIME RUNWAY -乙姫ランウェイ-

OTOHIME RUNWAY イメージ
【生きもの×ファッション×デジタルテクノロジー】による同イベントを象徴するコンテンツで、世界観への入口にふさわしい華やかなエントランスです。 床面にはTGCの代名詞とも言える“ランウェイ”が水面の映像で形成され、ゲストのステップに合わせて水の波紋が現れるインタラクションな仕掛けを施しています。モデル気分で歩いた先に待つのは、水槽内できらめく「ヒメツバメウオ」の群れと、カラフルな魚たちのシルエットが周壁を回遊する幻想的な海中のシーン。“ランウェイ”から繋がる水面のステージに立てば、彩りあふれる生きものたちに囲まれて、まるで乙姫になったような気分で写真撮影がお楽しみいただけます。

◆UO FESTIVAL -魚フェスティバル-

UO FESTIVAL イメージ
22台のプロジェクターを使用したダイナミックな映像演出とレイアウト変更可能な水槽の調和で、圧倒的な世界観への没入体験を提供するイマーシブエリア「パターンズ」。今回は、魚たちが繰り広げる“海の世界のお祭り”をテーマに、賑やかで彩りあふれる空間を創出します。海中のシーンを描いた空間には、映像の水面が静かにゆらめき、カラフルな魚たちのシルエットが行き交います。さらに、1フロアで全く異なる2つの体感コンテンツをご用意しており、向かって左壁面には群れを成す魚たちの展示と映像がリンクして“花火”が打ちあがる「UO HANABI -魚花火-」を。右壁面では、展示生物の模様やカラーを投影し、ゲストが身にまとうことができる「UO YUKATA -魚浴衣-」をお楽しみいただけます。また、数分間に一度、大輪のUO HANABIが空間を飾るショータイムも開催し、お祭りを盛りあげます。

UO YUKATA(ハナミノカサゴ) イメージ
UO YUKATA(ユカタハタ) イメージ

◆UMIMACHI CORRIDOR -海街コリドー-

UMIMACHI CORRIDORイメージ
サンゴと海藻に彩られた街中に延びる線路や駅、魚たちがくらす家など、“海中の街”を俯瞰でお楽しみいただけるエリアです。交互に並ぶ7つの水槽と、ショウケース内に広がるその世界は、動画配信サイトで80万人以上のチャンネル登録者数を誇るミニチュア作家『Hanabira工房』による精巧なジオラマやオブジェで表現しました。展示生物は同イベントにぴったりな名前を持つ「オトヒメエビ」や、細長い特徴的な姿と縞模様が目を惹く「オイランヨウジ」など、じっくり観察したくなる生きものたち。両サイドに広がるパステルカラーの海と、小さな街並みに心おどる回廊を抜けて、次のエリアへとお進みいただけます。

◆RYUGU BAR -竜宮バー-

RYUGU BARイメージ
発光サンゴの水槽が連なるカフェバーは、透明感あふれる水面のパターンと、トロピカルな色彩の“デジタルフラワー”につつまれて“宴”のシーンを創出します。エリア内はゲストの来訪を歓迎するように映像の魚たちが回遊。その軌跡には花びらが舞い、空間に華やかさを添えます。さらにこちらでは、“RYUGU”の世界観をイメージしたカラフルな2種のクリームソーダやパフェなど、イベント限定メニューをご用意しました。展示生物と映像演出が織りなす美しい景色の中で、ドリンクを片手に非日常のひと時をお過ごしいただけます。

イベント限定メニュー

【RYUGU FESTIVAL 限定メニュー】
(左から)
◆竜宮アップルカクテル ※アルコール  800円
◆浦島ソーダ 750円
◆乙姫ソーダ 750円
◆玉手箱パルフェ  1,000円
※販売期間2022年10月23日(日)まで

◆Jellyfish Ramble -クラゲ展示エリア-

Jellyfish Rambleイメージ
7つの円柱水槽と全面がクリスタルのシンボリックな水槽が並ぶ、幅約9m×奥行約35mの大空間。98個のLEDライトと水槽照明、そして音楽によってクラゲたちの魅力を引き立て、また、天井と両壁が鏡面になっていることで、無数の光が広がる幻想的な空間を創出します。四季で変わる音楽とライティングは、今回、“海中”をテーマに演出を施します。波やバブルなどの環境音で臨場感あふれる楽曲を使用。照明は海の中へと潜っていく様子を描いたホワイト×ブルーから楽曲の盛りあがりに合わせて、カラフルなクライマックスへと徐々に変化していきます。まるで海中深くに潜っていくような感覚とともに、優雅に漂うクラゲたちをご覧いただけます。

ドルフィンパフォーマンス

◆デイver.「WELCOME TO RYUGU FESTIVAL」

WELCOME TO RYUGU FESTIVALイメージ
賑やかな海の世界の“パーティー”へ皆さまをご招待!会場は、天窓から差し込む自然光と水の演出が相まって華やぎ、約1,200席が連なる円形スタジアム。ヒューマンビートボクサー「SO-SO(ソーソー)」氏が、アクアパークにくらす、さまざまな生きものの“声”を集めてオリジナル楽曲を制作。個性的なメロディーとテンポに合わせて、イルカたちが水中ダンスやダイナミックなジャンプを披露します。さらに、会場一体となって盛りあがる“ゲスト参加型”の演出や豪快な水しぶきを堪能できる“スプラッシュ”も取り入れます。“RYUGU”の世界観をめぐる、同イベントのメインコンテンツとして愉快なひと時をお届けします。

■開催時間(各回約15分間)※8月15日(月)以降の開催時間は公式HPにてお知らせいたします。
【7月 1日(金)~7月15日(金)】11:30/13:00/14:30/16:00/17:30(5回)
【7月16日(土)~8月 5日(金)】10:30/12:00/13:30/15:00/16:30/18:00(6回)
【8月 6日(土)~8月14日(日)】10:00/11:30/13:00/14:30/16:00/17:30(6回)

<POINT1.>楽器を使用せず、アクアパークにくらす生きものたちの“声”を集めて作られたオリジナル楽曲
日本を代表するヒューマンビートボクサー「SO-SO」氏による楽曲。イルカ・オットセイ・ペンギンなど、アクアパークでくらす8種類の生きものの“声”を実際に収録し、環境音や自身のヒューマンビートボックスと組み合わせて制作されました。同プログラムではイルカだけでなく、さまざまな生きものたちが“声”によって共演を果たします。

【アーティスト紹介】SO-SO(ソーソー)
日本を代表するヒューマンビートボクサー。自身の口だけを使ってあらゆる音を表現し、更にはループステーションやAbletion Live音を加工して、唯一無二の音楽を創り出す。その実力はポーランドで開催された世界大会「Grand Beatbox Battle 2019」で日本人初のtop4入りを果たし、同年の台湾で行われたアジア大会では見事チャンピオンに輝いた。

トレーナー衣装イメージ

<POINT2.>“SDGs”も実現する、TGCプロデュースのオリジナル衣装
トレーナー衣装イメージトレーナーが着用するのは、TGCがプロデュース・制作したサステナブルなオリジナル衣装。ファッションクリエイティブディレクターの軍地彩弓氏が監修、守マナミをデザイナーに迎え、使われなくなった古着の着物をアップサイクル。守マナミの特徴でもあるハートスリーブや鮮やかな色使いのデザインで、ドルフィンパフォーマンスを彩る華やかな衣装を制作しました。

【デザイナー紹介】守マナミ(モリマナミ)
Z世代注目筆頭株のデザイナーにしてインフルエンサーでもある。2020~2021年にTGCが実施したファッションを通じた次世代アーティスト発掘プロジェクト
「NEXT Dプロジェクト」受賞者。自身のブランド「M’ORIMANAMI」を始動中。

海の生きものたちが集い、お祭りを繰り広げる“RYUGU”空間!
唯一無二の美しい世界観と、海の世界のお祭りへ迷い込む“フシギ体験”にご期待ください!

【開催概要】
イベント名称:RYUGU FESTIVAL supported by TOKYO GIRLS COLLECTION
開催期間:2022年7月1日(金)~10月23日(日)
開催場所:マクセル アクアパーク品川 〒108-8611 東京都港区高輪4-10-30(品川プリンスホテル内)
入場料:アクアパークの入場料に準ずる
公式サイト:http://www.aqua-park.jp/special/ryugufestival2022/ 
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ