≪古くから生活を支えてきた『麻炭』で染色≫カーボンオフセットのグラフィックTシャツ「CLEAN TO ZERO」を6月17日より順次発売

株式会社ゴールドウイン


プレスリリースのポイント
1. 素材には、レンチング社が開発したCO2排出量を実質ゼロに抑えたカーボンオフセットの再生繊維『テンセル™モダール』を採用
2. 染色には、古くから親しまれてきた麻を加工した際に廃棄される芯の部分から作られる『麻炭』を使用し、伝統的な染色手法を用いて独特な風合いを実現
3. デザインスタジオ「SPIN」による、「循環」や「カーボンニュートラル」などを表現したグラフィックデザインで、サステナブルマインドが込められた限定アイテム

株式会社ゴールドウイン(本社:東京都渋谷区/社長:渡辺貴生)が展開する「NEUTRALWORKS.(ニュートラルワークス.)」は、2022年春夏の限定アイテムとして、カーボンオフセット(※1)となる植物由来の素材だけで製造、加工されたグラフィックTシャツ『CLEAN TO ZERO(クリーン トゥ ゼロ)』を6月17日(金)よりオンラインストアで先行発売、6月22日(水)よりNEUTRALWORKS.店舗(日比谷、日本橋)にて販売いたします。

本アイテムは、製品が出来上がる背景を通して環境について考えるきっかけになって欲しいという想いのもと誕生し、素材、染色、デザインまで細部にわたりサステナブルマインドでつくられたアイテムです。

素材にはオーストリアのレンチング社が最先端技術を駆使して開発した、CO2排出量を実質ゼロにしたカーボンオフセットの『テンセル™モダール』(※2)を採用。テンセル™繊維は天然木材を原料としていて使用後は生分解し完全に自然環境に還ることも特徴です。
野州麻紙工房で行う染色には、古くから親しまれてきた麻を加工した際に廃棄される芯の部分から作られる『麻炭』を採用。色を定着させるための濃染剤には、着物を染めるときなどに下準備として用いる大豆を煮出す伝統的な手法を取り入れ、乾燥時にも電力を消費しない天日干しだけで乾かすことにより独特な風合いを実現しました。
デザインには20年以上ロンドンのグラフィックシーンを牽引するデザインスタジオ「SPIN(スピン)」が手掛け、「循環」や「カーボンニュートラル」を表現したグラフィックでサステナブルマインドのメッセージが込められています。

(※1)カーボンニュートラル(CO2排出量実質ゼロ)の世界基準を提供するNGO団体のカーボンニュートラル(The CarbonNeutral)によるガイドラインに準じて生産。このガイドラインでは繊維の生産、製造、および流通に関する排出ガスを計算し、二酸化炭素の排出量がオフセット(相殺)されたことを裏付けます。

(※2)TENCEL™及びテンセル™はLenzing AGの登録商標です。

【展開製品】
■ ASAZUMI / SHORT SLEEVE TEE (アサズミ / ショートスリーブティー)
品番:KSU32233
価格:8,580円(税込)
サイズ:S、M、L、XL(ユニセックス)
カラー:チャコールホワイト(CW)、チャコールミックスグレー(CZ)
素材:綿50%、レーヨン50%

デザインコンセプト:Tony Brook(SPIN)

"Combining treated imagery of carbon with experimental typography, it contrasts organic texture with bold graphic form."
(“炭をモチーフにしたイメージと実験的なタイポグラフィを組み合わせることで生まれる、有機的なテクスチャーと大胆なグラフィックフォルムのコントラスト”)

"This design uses experimental typography with bold, graphic forms for a futuristic aesthetic."
(“実験的なタイポグラフィを大胆なグラフィックフォルムで表現し、 未来的な美しさを追求したデザイン”)

チャコールホワイト(CW)
チャコールミックスグレー(CZ)
【取り扱い店舗】
■NEUTRALWORKS.HIBIYA(ニュートラルワークス.ヒビヤ)
所在地:東京都千代田区有楽町1丁目1-2 東京ミッドタウン日比谷3階
電話番号:03-6273-3866

■NEUTRALWORKS.NIHOMBASHI(ニュートラルワークス.ニホンバシ)
所在地:東京都中央区日本橋2丁目5-1 日本橋高島屋S.C. 新館4階
電話番号:03-6262-3180

■NEUTRALWORKS. WEB STORE: https://www.goldwin.co.jp/ap/s/s?fq=bd:GDW16

【特設ページ】
■NEUTRALWORKS. CLEAN TO ZERO
https://www.goldwin.co.jp/neutralworks/info/journal/20220617zero/


【レンチング社 「テンセル™モダール」について】
1980年代からいち早くサステナブルな素材開発に取り組んできたレンチング(Lenzing)社が開発した、植物由来のセルロースから作られた、再生可能な天然素材である『テンセル™モダール』のカーボンオフセットタイプをマテリアルに採用。木材から繊維原材料生産を一体化することにより、繊維に加工する原材料の割合を最大化するだけでなく、工程上で発生する残余成分(キシロースや酢酸など)を副産物として回収し再利用、使用される薬剤、水、エネルギーなども再利用し無駄のない製造工程を徹底しています。さらに、カーボンオフセットタイプはCO2排出量の削減に貢献することで、地球のサイクルと調和した新しいサステナビリティのスタンダードを提供します。

【野州麻紙工房・野州麻炭製炭所について】
野州麻紙工房は栃木県鹿沼市で400年の歴史を持つ麻農家であり、希少な国産麻である野州麻を種から生育し精麻、注連縄、麻紙、麻炭を行っている。麻は人類最古の繊維と言われており、古事記などの神話にも登場するなど、古くから日本の歴史において重要な役割を担ってきた植物です。また、近年は農薬・化学肥料を用いなくても100日程度で収穫可能であり、土中に埋めても自然に還る生分解性や焼却時に有害物質が排出されない性質などから、環境負荷の極めて少ない天然素材として注目を集めています。

【SPIN(デザインチーム)について】
SPIN はロンドンを拠点とするスタジオで、1992 年以来、アートとデザインの分野で活動しています。 革新的なビジュアル言語の創造を得意とし、Apple、Samsung、Junya Watanabeなどの国際的なクライアントのアイデンティティやキャンペーン、展覧会や出版などのプロジェクトに携わっています。
https://spin.co.uk/

【NEUTRALWORKS.(ニュートラルワークス.)について】
『GET YOU READY』ココロとカラダがニュートラルであること、それは、何かをしようと前を向く時、いつでも動き出せる“READY”な状態であること。
NEUTRALWORKS.は、スポーツライフスタイルで24時間を過ごしたい人たちの、ココロとカラダをニュートラルに整え、いつでも“READY”な状態へとサポートするブランドです。
「ココロとカラダをニュートラルな状態に整える」というのは、人間が持つ本来の力を発揮しやすくなるよう、ココロとカラダを最適化すること。適度にカラダを動かし身体能力を高め、適度にカラダを休めてリカバリーすることで、心身の健康な状態を保ちながら生きるということです。

NEUTRALWORKS. 公式ブランドサイト:https://www.goldwin.co.jp/neutralworks/
INSTAGRAM:@neutralworks
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ