【FC大阪】6月19日(日) FC大阪 vs 鈴鹿ポイントゲッターズ 試合結果

FC大阪

大阪府東大阪市をホームタウンするサッカークラブ「FC大阪」は、6月19日(日)にホームタウン・東大阪市花園ラグビー場 第1グラウンドにてJFL第12節 vs.鈴鹿ポイントゲッターズ を戦いました。結果は下記のとおりです。

6月19日(日)に第24回 日本フットボールリーグ 第12節 FC大阪 vs 鈴鹿ポイントゲッターズ(@東大阪市花園ラグビー場 第1グラウンド 13:00 KICK OFF)が行われました。結果は下記の通りです。

FC大阪1-0(前半0-0) 鈴鹿ポイントゲッターズ
得点者:坂本(89分)

30℃を超す気温と今日、この時を待ちわびたJFL歴代4位となる12,152名の観客の熱気が渦巻いた東大阪市花園ラグビー場 第1グラウンドにて行なわれたこの試合。FC大阪にとっては、東大阪市花園ラグビー場 打1グラウンドで初めて、サッカー界としても約23年ぶりの試合となる記念すべき一戦となった。
FC大阪はGK永井建、DF美馬、舘野、MF今村、西矢がスタメンに復帰、またDF坂本も久々にスタメンに名を連ねた。
試合は前半開始からFC大阪が相手陣内に攻め込む形。6分にはコーナーキックのボールをMF町田が頭で合わせるも惜しくもポストを叩くと、20分には同じくMF町田がミドルシュート狙うが枠を捉えきれない。
逆に25分、FC大阪は自陣ゴール前で相手に直接フリーキックを与えると、フリーキックのボールを受けた相手に前半で唯一となるシュートを放たれるが、FW木匠がシュートを頭でクリアし、事なきを得る。41分にはFC大阪DF舘野が相手GKのポジションを見た上で、ロングシュートを放つも、間一髪止められ、前半はスコアレスで試合を折り返す。
後半に入ってもFC大阪が相手ゴールに攻め込む形が続く。65分、MF久保からのクロスにMF今村が頭で合わせるが、ゴールライン上、あと数センチのところで止められてしまうと、71分には途中交代で投入されたMF澁谷がシュートを放つも相手GK正面となかなか得点が決まらない。75分、相手にコーナーキックからボレーシュートを放たれるも、GK永井建のファインセーブで得点を許さない。
89分、FC大阪は相手ゴールから少し離れた位置でフリーキックのチャンスを得ると、途中交代で投入されていたMF日高が蹴ったボールをDF坂本が受け、シュートを放つと、このボールはきれいな孤を描いてゴールに吸い込まれ先制。残りアディショナルタイムをしっかりと守り抜き、
FC大阪は1-0で相手の攻撃をシュートわずか3本に抑え完全にシャットアウト。記念すべき東大阪市花園ラグビー場 第1グラウンド初戦をキャプテン坂本の劇的な決勝点で勝利をあげ、順位も3位にあげた。

FC大阪スターティングメンバー
得点こそならなかったが積極的にシュートを放ったMF町田
ピンチの場面で相手の攻撃をしっかりとシャットアウトしたGK永井建
決勝点となるシュートを放つDF坂本
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ