FUJIOHで社員アスリートとして活躍するオリンピアン井上智裕、明治杯全日本選抜レスリング選手権大会2連覇!

富士ホールディングス株式会社

 一般家庭用レンジフード製造・販売国内シェアNo.1※を誇る富士工業株式会社(神奈川県相模原市/厨房機器製造・販売/代表取締役社長 柏村浩介 以下、FUJIOH)で社員としてもアスリートとしても活躍するオリンピアンの井上智裕が、2022年6月16日(木)~6月19日(日)に実施された明治杯全日本選抜レスリング選手権大会グレコローマン72kg級にて優勝し2連覇を達成しましたのでお知らせいたします。
※出典:富士工業グループは、一般家庭用レンジフード供給台数国内シェアNo.1。(2021年4月 東京商工リサーチ調べ ODM生産品含む)
FUJIOHは、富士工業グループの企業ブランドです。

明治杯全日本レスリング選手権大会表彰式の様子(写真提供:伊藤キコ)
 井上は、昨年の12月に開催された天皇杯全日本レスリング選手権大会での優勝に続き、今回の明治杯全日本選抜レスリング選手権大会でも2連覇という結果をおさめました。普段はFUJIOHの一般社員として業務に取り組んでいるものの、この約半年の間に井上自身の業務が変化したこともあり、今大会に向けた練習は休日に集中して行ってまいりました。今回の勝利は、限られた時間で真摯に練習に取り組んだ井上の集中力の高さ、日々の体づくり、経験に基づいた対戦相手の分析など、努力の結実です。

 今後も FUJIOH は、空気環境改善に取り組むブランドとして、ビジョンである「空気を変え、環境を変え、明日を豊かに変えていく」の実現につながる製品やサービスを提案し続けるとともに、アスリートキャリアや夢、チャレンジを応援してまいります。

<井上からのコメント>
この度は、明治杯全日本選抜レスリング選手権大会でのご声援、誠にありがとうございました。デュアルキャリアという会社員と選手の両立のため、限られた時間でトレーニングを行い、大会に挑みました。結果、優勝という結果をおさめることができ、大変嬉しく思っています。今年で35歳を迎え、年々体力面の衰えを感じ不安がありました。しかし敗北を恐れて、勝負から逃げていては勝利もないと思っています。今後もレスリングを通して、皆さまへの感謝をお伝えするとともに、未来ある子どもたちや夢に向かって努力するアスリート社員に、挑戦することの素晴らしさを届けていければと思います。今後とも応援よろしくお願いします。

【明治杯全日本選抜レスリング選手権大会 概要】
実施日 : 2022年6月16日(木)~6月19日(日)
開催場所 : 駒沢オリンピック公園総合運動場 体育館(東京都世田谷区駒沢公園1-1)

【決勝戦の様子】
(写真提供:保高幸子)
【井上智裕 プロフィール】

生年月日:1987年7月17日(34歳)
所属企業:FUJIOH
出身:兵庫県神戸市
身長:170 cm
競技:男子レスリング(グレコローマン)72kg級
経歴:
・2016年リオデジャネイロ・オリンピック 第5位
・国民体育大会にて通算5回優勝
・全日本選手権にて通算5回優勝
・2年連続世界選手権出場

【富士工業グループ会社概要】
事業概要:キッチン用換気扇の企画・開発設計・生産・販売・アフターサービスまで、一貫した事業活動を行う住宅設備機器メーカー
代表者:代表取締役社長 柏村浩介
創立:1941年12月
所在地:神奈川県相模原市中央区淵野辺2丁目1番9号
従業員数:876名(役員、アルバイト・契約社員等を除く)
グループ会社:富士ホールディングス株式会社、富士工業株式会社、富士工業販売株式会社、フジテックメンテナンス株式会社、株式会社ヒートアンドクール、F.I.T. (FUJIOH INTERNATIONAL TRADING PTE,LTD.)、芙子帝風商貿(上海)有限公司 (FUJIOH TRADING SHANGHAI CO.,LTD.)、F.M.M.(FUJIOH MARKETING MALAYSIA SDN. BHD.)、[関連会社]アリアフィーナ株式会社
公式WEB:https://www.fujioh.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ