GEFが教育機関と連携した世界初の試み「JINIS Esports Day」を、JeSUがサポート

一般社団法人日本eスポーツ連合

一般社団法人日本 e スポーツ連合(会長:岡村秀樹 以下、JeSU)は、eスポーツの国際団体であるGlobal Esports Federation(以下、GEF)、および神石インターナショナルスクール(以下、JINIS)と協力し、「JINIS Esports Day」を実施したことをお知らせします。

「JINIS Esports Day」は、GEFが教育機関と協力して実施した世界初の試みです。広島県にある全寮制小学校・JINISの全生徒を対象に、eスポーツをきっかけに、栄養や心や体の健康などを集中的に学ぶ機会を創出しました。




【JINIS Esports Day プログラム】
0:教職員向け事前プログラム
GEF による Esports ガイダンスと Dr. Dikaia Chatziefstathiou による Safe Sport and Safe Guarding のプログラムを受講。教職員が、インターネットの影響や危険性について学ぶ。
1: Nutrition Day(食育についての学び)  6月3日実施
食べ物や飲み物が視力、聴力、健康全般に与える影響に関する学習。JINIS のアドバイザーでニース在住のミシュランスターシェフ・松嶋啓介氏による食育に関するメッセージを含むプログラム。生徒たちは、自分たちで JINIS Esports Day のランチメニューを開発。
2: Mental and Physical Health Day(心と体の健康についての学び)」 6月16日実施
問題解決、戦略的計画、コミュニケーション、リーダーシップのスキルを向上させるために、生徒たちはチームに分かれてさまざまな身体的・精神的なアクティビティに参加。生徒たちはチ協力しあいながらチームの勝利を目指す。
3: Final Esports Day」  6 月 17 日開催実施
校内でeスポーツ大会を実施。生徒たちは、実際にeスポーツを楽しみながら、事前の 2 日間のプログラムで学んだことを振り返る。

<GEF クリス・チャン会長 コメント
初めてのJINIS Esports Dayの開催を祝福したいと思います。
私たちが未来、そして仕事の未来を考えるとき、教育が鍵となります。 私たちの同僚(仲間)であり、GEF理事会メンバーであり、JeSUの会長である岡村 秀樹氏のリーダーシップの下、日本は常に世界をリードしてきました。 地球上で最も発展している10のeスポーツ先進国でGEF Education Alliance(G10)のメンバーである日本は、本日、再び明日の未来を導いています。
この先駆的なイニシアチブの素晴らしいパートナーである末松 美奈子氏と神石インターナショナルスクールのコミュニティ全体に改めて祝意を表したいと思います。

<GEF青年委員会 岡本 紗代委員長 コメント>
語彙力、思考・感情・興味の表現が大量に広がるのは 6 歳から。6 歳は感情や社会性が育つ時期です。8 歳になると集中力が高まり、10 歳になると判断力が養われます。テレビを見たり、ゲームをしたりすることは、高度な技術やグラフィックスを駆使して、子どもの思考や感情、知識の獲得に刺激を与え、高度なエンターテインメントであることが証明されています。しかし、低年齢層におけるテレビやゲームの過度な普及を懸念する研究結果もあり、様々な懸念があります。
世界人口の 56.7%がインターネットにアクセスし、そのうちの 75%がすでにゲームを楽しんでいます。またゲーム人口の 62%は 12 歳未満でゲームを始めています。
GEF のコラボレーションプロジェクトは、子どもたちがテクノロジーの使い方やタイミングについて学ぶための、より安全な環境作りに積極的に関与するものです。
GEF の使命は、安全で包括的、かつ健全な環境を促進することです。GEF は、若者を祝福し刺激する、安全で包括的かつ健全なグローバル eSports エコシステムのビジョンを実現する、具体的なイニシアチブを確立することを目指しています。
これは GEF として、世界初の取り組みであり、生徒たちは、栄養、精神衛生、身体衛生に関する知識を、Esports というツールを使って学び、発展させるためのこのプログラムを受ける世界で最初の生徒になります。

<神石インターナショナルスクール 末松 弥奈子理事長 コメント>
JINIS では、Esports を通して以下のスキルを身につけることができると考えています。
– 問題解決能力
– 迅速な意思決定(明確で自信に満ちた意思決定)
– 技術的なスキル
– マルチタスクのスキル
– コミュニケーションの向上
– チームワーク
また、JINIS のコアバリューである Endeavour(努力)、Responsibility(責任)、Integrity(誠実)、Courage(勇気)の価値観は、平等、フェアプレー、多様性、包括性、イノベーションを中核とする GEF の価値観と一致し、つながっています。

<JeSU 岡村 秀樹会長 コメント>
「JINIS Esports Day」は、小学校の教育現場で、eスポーツを通じて、さまざまなスキルを伸ばし、新しい興味関心・探究のきっかけを見つけるという、これまでにない取り組みです。
世界に先駆けて、このような取り組みを日本で実現できることは、JeSUの会長として、またGEFの理事として、非常にうれしく思います。実現にご尽力頂いた、神石インターナショナルスクールの皆さまに、心より感謝申し上げます。
eスポーツには、「コミュケーションの促進」や、「デジタルに対する学術的な気づきの機会」、そして「大会などの目的に向かって鍛錬し、上達する喜び」といった、さまざまな教育的なメリットがあります。また、eスポーツを産業としてとらえると、教育だけでなく、地方創生や健康福祉、さらには国際交流など、共生社会のソリューションとして、実に幅広い可能性を持っています。
「JINIS Esports Day」に参加した生徒の皆さまが、将来、私達の想像もつかないような形で、eスポーツを社会のために役立てくれる日が来ることを期待しています。

・Global Esports Federation(GEF) について
2019 年 12 月にシンガポールで設立された e スポーツの国際団体。 e スポーツはもちろんトラディショナルスポーツ団体やアスリートなどの多様な関係者により構成され、団体・企業などが有機的に結びつき、共に成長していく e スポーツのエコシステム確立を目指して活動を行っている。

・一般社団法人日本 e スポーツ連合(JeSU) について
国内 e スポーツ産業の普及と発展のために 2018 年 2 月 1 日に発足した、e スポーツの統括競技団体。日本におけるeスポーツの振興を通し、国民の競技力の向上及びスポーツ精神の普及と、国民の健康とともに社会・経済の発展に寄与することを目的として活動している。

・学校法人神石高原学園 神石インターナショナルスクール(JINIS) について
広島県神石高原町に 2020 年に開校した日本初の全寮制の小学校。文科省認定小学校として文科省カリキュラムと、インターナショナルスクールとして英語での International Primary Curriculum の両方を学ぶ。学内には 1 万坪の日本庭園と 4 つの茶室を有し、日本文化と英語教育、さらに自然を生かしたアクティビティなどユニークなプログラムを提供している。

JeSUオフィシャルスポンサー:
KDDI株式会社
サントリーホールディングス株式会社
株式会社ローソン
株式会社ビームス
株式会社マウスコンピューター

活 動 助 成: 一般財団法人上月財団

協力: 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
    一般社団法人日本オンラインゲーム協会(JOGA)

後援: 一般社団法人日本アミューズメント産業協会(JAIA)
    一般社団法人デジタルメディア協会(AMD)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ