サッカー関係者有志による難民支援呼びかけ第二弾「Football 4 Ukraine」(フットボール・フォー・ウクライナ)流通経済大学サッカー部・OB選手を含む有志がチャリティに協力

特定非営利活動法人 国連UNHCR協会

#Football4Ukraine #難民とともに

UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)と国連WFP(世界食糧計画)が合同でグローバル展開するサッカーを通じた難民支援キャンペーン「Football 4 Ukraine」(フットボール・フォー・ウクライナ)日本版の第二弾として、流通経済大学サッカー部・OB選手を含む有志11名が参加し、ウクライナと世界の難民への共感と支援を呼びかけるメッセ―ジを発信します。

また同大学サッカー部は、6月20日の世界難民の日を前にOB選手によるサイン入りグッズのチャリティーオークションを実施し、その収益を特定非営利活動法人 国連UNHCR協会(東京都港区)に寄付しました。

■Football 4 Ukraine 日本版メッセ―ジ動画(第二弾)
https://youtu.be/i-9vHVpdKQE

■寄付先:国連UNHCR協会 「Football 4 Ukraine」ページ
https://www.japanforunhcr.org/campaign/football4ukraine

「Football 4 Ukraine」キャンペーン第一弾では、SAMURAI BLUE、なでしこジャパンはじめ、フットサル、ビーチサッカー、障がい者サッカ-7団体の日本代表選手を含む12人のサッカー関係者が動画メッセージを発信しました。第一弾、第二弾のメッセ―ジは、国連UNHCR協会のSNSで発信するほか、本キャンペーンに賛同する選手やサッカー関係者有志ご自身のSNS等でも発信していただき、日本のサポーターに広く難民支援への協力を呼びかけるものです。

メッセ―ジ動画と共に発信する国連UNHCR協会の以下の寄付ページでは、ウクライナ国内外で避難を強いられている人々のための寄付を行うことが可能です。寄付はUNHCR本部に送金され、UNHCRと国連WFPのウクライナ国内外での人道支援活動に活用されます。

■寄付先:国連UNHCR協会 「Football 4 Ukraine」ページ
https://www.japanforunhcr.org/campaign/football4ukraine

「Football 4 Ukraine」キャンペーンについて

UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)と国連WFP(世界食糧計画)は、2022年4月、ウクライナからの難民、ウクライナの国内避難民が急増する状況のなか、グローバルキャンペーン「Football 4 Ukraine」を合同で立ち上げました。この合同キャンペーンは、避難を余儀なくされた人々の保護に関するUNHCRの専門知識と、飢餓との闘いにおける国連WFPの経験を結集したものです。UNHCRと国連WFPは現在もウクライナの内外で、最も支援を必要とする人々を支援するために日夜活動しています。

「Football 4 Ukraine」グローバル版では、難民としての背景を持つプレミアリーグ、ブンデスリーガの3選手に、FIFA 女子代表、女性初のバロンドール受賞者が加わり「どこにいても、どのクラブを応援していても、ファンがひとつのチームとして立ち上がり、故郷を追われた人々を支援するよう」呼びかけています。

https://www.youtube.com/watch?v=QAnEF68u_C4

フィリッポ・グランディ国連難民高等弁務官は、この取り組みについて次のように語っています。「世界中のサッカーファンから寄せられた、ウクライナで紛争の影響を受けている人々への支援に感銘を受けています。私たちが皆さんに伝えたいのは、誰も難民になることを選択してはいないということです。ウクライナやその他の国々の難民は、最も悲惨な状況に置かれ、命からがら逃げ出すことを余儀なくされているのです。私たち一人ひとりができることとして、このキャンペーンに協力し、支援を広げていきましょう」

「Football 4 Ukraine」日本版について

グローバル版の立ち上げを受け、日本でも国連UNHCR協会よりお声がけを行ったところ、多くのサッカー関係者有志のご協力に恵まれ、第一弾、第二弾の日本版メッセ―ジ動画が完成しました。

Football 4 Ukraine(日本版)参加者
(メッセージ動画出演順、敬称略)

(第一弾)
https://youtu.be/iDexJnxUEAg

吉田麻也(SAMURAI BLUE(日本代表))
川村怜(ブラインドサッカー男子日本代表強化指定)
丸山桂里奈(元サッカー日本女子代表)
エンヒッキ・松茂良・ジアス(アンプティサッカー)
オリベイラ・アルトゥール(フットサル日本代表)
北澤豪(サッカー元日本代表 国連難民サポーター)
森柊也(CPサッカー)
熊谷紗希(なでしこジャパン(日本女子代表))
原良田龍彦(知的障がい者サッカー日本代表)
茂怜羅オズ(ビーチサッカー日本代表監督・選手)
宮田夏実(デフサッカー女子日本代表)
松嵜俊太郎(ソーシャルフットボール)
永岡真理(電動車椅子サッカー)
(メッセージ動画出演順、敬称略)

(第二弾)
https://youtu.be/i-9vHVpdKQE

脇坂泰斗(川崎フロンターレ)
稲本潤一(南葛SC)
佐藤響(京都サンガ)
椎名伸志(カターレ富山)
中村慶太(柏レイソル)
渡井理己(徳島ヴォルティス)
柳井里奈(流通経済大学女子サッカー部監督)
湯澤聖人(アビスパ福岡)
田向泰輝(徳島ヴォルティス)
浦辰大(CPサッカー日本代表)
中野雄二(流通経済大学サッカー部監督)
(メッセージ動画出演順、敬称略)

流通経済大学サッカー部 中野雄二監督のコメント

この度【流通経済大学サッカー部×国連UNHCR協会 ~ウクライナ支援プロジェクト~】を実施するにあたり、多くの皆様にご協力いただきましたことに御礼申し上げます。

私たち流経大サッカー部は、健康で安全にサッカーができる「当たり前の日々の尊さ」を実感するとともに、多くの方々の支えを痛感し感謝をもって過ごしてきました。

サッカーは、世界中に仲間のできるグローバルなスポーツです。今回、苦難を強いられているその友人たちに対して心を痛め、今度は自分たちが何かできないか、サッカーを通してできることはないか、そう考え、国連UNHCR協会との協同プロジェクトに至りました。

プロやアマチュア、クラブの垣根を越え、趣旨にいち早く賛同してくれたOB諸氏、ボランティアとして参加してくれた学生スタッフ、そして何よりもご協力をいただいた皆様に心より感謝いたしております。皆様の温かなお気持ちは、国連UNHCR協会を通じて寄付いたします。

皆様のご健康、ご活躍とともに、世界中の仲間が当たり前の日常を取り戻せることを願っています。

■UNHCR(ユーエヌエイチシーアール:国連難民高等弁務官事務所)
国連の難民支援機関であるUNHCRは、難民、国内避難民、無国籍者などを国際的に保護・支援するため、多様なパートナーと連携し、世界約 135 カ国で活動しています。1954 年、1981 年にノーベル平和賞を受賞。本部はスイス・ジュネーブ。https://www.unhcr.org/jp/

■特定非営利活動法人 国連UNHCR協会
国連UNHCR協会は、日本におけるUNHCRの公式支援窓口として2000年に設立されました。UNHCR駐日事務所と連携しながら、UNHCRの活動を支えるための広報・募金活動を行っています。皆さまからのご寄付に対して、税控除の領収証を発行することができる認定NPO法人です。https://www.japanforunhcr.org/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ