アイカサ、西野亮廣さん原作「えんとつ町のプペル」コラボ傘を発表!オリジナルのプペル傘が、たった70円から利用可能に。同時期に体験展示会も開催!

株式会社Nature Innovation Group

絵本作家の西野亮廣さん原作の「えんとつ町のプペル」のワンシーンがデザインされたアイカサがクリスマス当日、映画公開の12月25日に合わせ東京と岡山の街で運用開始。

傘のシェアリングサービス「アイカサ」を運営する株式会社Nature Innovation Group(本社:東京都渋谷区、代表取締役:丸川照司)は、サービス開始2周年を記念し絵本作家でお笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣さん原作の「えんとつ町のプペル」をデザインしたオリジナル傘を作成し、原作のモデルの地となった渋谷を中心とした東京エリアと、新しくアイカサをリニューアルする岡山エリアで映画公開の12月25日に合わせ幻想的なプペル柄アイカサの運用を開始いたします。

「えんとつ町のプペル」とは

絵本作家でお笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣さんが絵・文・監督をつとめる絵本『えんとつ町のプペル』は、西野さんをプロデューサーとして、イラスト・着色・デザインなど総勢33名のクリエイターによる分業体制で4年をかけて制作。

前例のないこの取り組みは「クラウドファンディング」を使って資金を募り、想いに賛同した人々の協力によって、5,000部でヒットと呼ばれる絵本業界で60万部を超える異例の数字を叩き出し、絵本の中身はweb上で全て無料公開するなど多くの話題を呼び、幅広い世代に愛され今なお世界を魅了し続けている。

<絵本「えんとつ町のプペル」あらすじ>
いつも厚い煙に覆われ、空を知らないえんとつ町。煙の向こうに“星”があるなんて誰も信じていなかった。
えんとつ掃除屋の少年ルビッチは、父の教えを守りいつも空を見上げ、星を信じ続けていた。そして、みんなに笑われひとりぼっちになってしまった彼の前に、ゴミから生まれたゴミ人間プペルが突然現れる。

これは、二人が巻き起こす、“信じる勇気”の物語。

また2020年12月25日(金)より全国ロードショーとなり、今回映画公開を記念して2020年12月25日よりえんとつ町のプペル柄オリジナルアイカサを運用開始いたします。

『映画 えんとつ町のプペル』のサイトはこちら:https://poupelle.com/

連携の背景

この取り組みは、西野亮廣さんの「雨の日をもっと楽しくしたい」という思いと、アイカサの「雨の日をハッピーに」という思いが共通し、コラボに至りました。

また、渋谷発のサービスアイカサと、絵本のモデルが渋谷の街で、ゴミ人間やプペルの頭が傘のゴミからできているなど共通点が多く、未来を生きる子供達に希望を見てもらいたいという願いを元に傘のシェアリングで世の中を彩り、楽しく優しい世界作りを広げていくためタッグを組みました。

傘のデザインについて

この傘は、誰もが使いやすいシックな黒地に2面えんとつ町のプペルの幻想的なワンシーンを貼り合わせ、外から見ても中から見ても美しいイラストが浮かび上がるデザインになっています。
雨の日に気分がワクワクする様なデザインとともに、内側には「信じ抜くんだ、たとえひとりになっても」という心強いメッセージを載せました。
この傘を開くたびに、自分の夢や未来を明るく照らし、大切な気持ちを思い出させてくれる様な傘に致しました。


運用エリア

この傘は作品のモデルとなった渋谷を中心とした東京と、今回新システムのアイカサにリニューアルする岡山にて運用致します。
岡山協力パートナーのフクシマ宅建グループ様は、西日本豪雨災害を経て、「雨をチカラに変えたい」という想いから本取組に協力頂くこととなりました。また、岡山では今回新しくICチップ型の傘に入れ替えをし、よりスムーズなレンタルとリペアブルで環境により良い傘での運用が開始いたします。

東京のプペル傘設置予定場所
渋谷モディ、渋谷マルイ、観光案内所WANDER COMPASSを中心に、その他周辺スポットにて展開。

        
岡山の協力パートナー企業様

・フクシマ宅建グループ
・株式会社有本建設
・株式会社建房
・株式会社いぬさるきじ

アイカサ体験展示会について

12月28日から1月10日の間、渋谷モディ1階にてプペルの傘などが体験利用できるアイカサ展示会を開催!
アイカサがサービス開始をしてから2年が経ったのを記念すると同時に、より多くの方にアイカサを手に取って頂くための展示会となります。
※ご入店時のアルコール消毒や、混雑時の入店制限へのご協力をお願いいたします。


                      展示会イメージ図

特別企画!売上の一部で絵本「えんとつ町のプペル」を届けよう!

今回のコラボを記念して、アイカサでは一定期間内に皆様がアイカサをご利用して下さった売り上げの一部で、保育園や幼稚園へ絵本「えんとつ町のプペル」寄贈活動を行います。
既に岡山では倉敷市や西日本豪雨災害で被災した、まきびの里保育園への寄贈を行っておりましたが、より多くの子供達にワクワクするような体験を届けたいという想いから、東京圏内でも本取り込みを行うこととしました。具体的な開始時期や内容などの発表は今後アプリ内での通知となりますが、皆さまと一緒に温かい想いを子供たちに届けることができれば幸いです。

傘シェアリングサービス「アイカサ」とは

「アイカサ」は、2018年12月にサービスを開始した、日本初の本格的な傘のシェアリングサービスです。突発的な雨にもビニール傘をわざわざ購入せずに、アイカサを借りて利用し、雨が止んだ際には最寄りの傘スポットに傘を返却することができるのが特徴。現在は、東京駅や新宿駅をはじめとした都内全域と関東、関西、福岡、岡山、愛知などでの展開を合わせて、スポット数約800箇所。アイカサ公式LINEと公式アプリの登録ユーザー数は合計16万人超えを達成。傘がないことによって移動ができないことや濡れて不快になることを無くし、「雨の日のプラットフォーム」としてのインフラを構築、傘をシェアし使い捨て傘ゼロを実現する社会づくりをミッションにしております。

アプリ登録はこちらから
https://ikasa.onelink.me/IdAp/c5bdd28e

ご利用方法について

アイカササービス利用フロー
(1)利用登録

(2)傘を借りる

(3)傘を返却する

アイカサご利用料金

本件に関する問い合わせ先

担当:黒須
MAIL: info@i-kasa.com
TEL: 050-3188-7642

会社概要

株式会社Nature Innovation Group
■代表: 代表取締役 丸川照司
■設立年月日: 2018年6月19日
■会社ページ: https://i-kasa.com/
■住所: 東京渋谷区代々木 3ー1ー10代々木中央ビル4F
■主な事業: 遊休スペースを活用した傘のシェアリングサービス「アイカサ」を運営
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ