mysta株式会社が提供する『カスタム動画販売サービスCeVio』が、新たなアスリート&スポーツ業界支援のプラットフォームを開設。有森裕子、青木愛他、メジャーアスリートが続々参加予定。

mysta株式会社

CeVio アスリートチャンネルは、金メダリストやリーグ選手を始めとした様々な分野のアスリートと共に、スポーツの楽しさ、アスリートの不屈の精神やマインドの共有を通じて、より良い社会の実現を目指します。

mysta株式会社(本社:東京都 目黒区、代表取締役社長:森川亮、以下 mysta)は、2020年7月より運営する、カスタム動画販売サービス「CeVio(セビオ)」にて、新たにスポーツ業界の発展を目指した、「アスリート専門チャンネル」を開設。協力・賛同企業各社と、アスリートチャンネル運営事務局を通じて、今後様々なスポーツ団体やアスリートの皆様へ展開して参ります。

アスリートチャンネル

憧れのアスリートに動画をオファーして、プロジェクトを応援しよう!

■プロジェクトサマリー

アスリートがファンと一緒に「子ども達の夢」「スポーツの発展~普及」「健康な生活」を応援するプロジェクト
アスリートが提供する「オファー型動画」「アーカイブ型動画」をファンが購入することによって、様々な社会課題の解決/解消を目指す

■CeVio(セビオ)とは?
mysta株式会社が「私のスターから、私だけのビデオメッセージ。」をコンセプトに、2020年7月より運営するカスタム動画販売サービス。タレント・インフルエンサー・ライバー等多様なキャストが各ユーザーのために作ったオリジナル動画コンテンツを購入することが出来ます。

■CeVio アスリートチャンネルの概要
CeVioアスリートチャンネル https://www.cevio.tv/athletechannel では、アスリートのメッセージ動画を販売。売り上げの一部を様々なスポーツ業界支援プロジェクトに寄付いたします。[スキーム図参照]

■CeVioで購入できる動画
ユーザーがアスリートへ直接動画をオファーでき、あなただけのためのオリジナル動画を購入することができます。「自分や大切な人の名前を呼んでのお祝いメッセージ」や「スポーツに関するアドバイス」など、あなただけのオリジナル動画を直接オファーすることができます。リクエスト時にはユーザーからアスリートへ動画を送ることもできるため、より具体的なリクエストも可能になりました!

■アスリートからのコメント返信機能を実装
ユーザーが憧れのアスリートに動画をオファーする際に、アスリートへの応援コメントや簡単な質問を投稿する事が可能。アスリートからあなたへ返信が来るかもしません!               

アスリートチャンネルTOP
スキーム図
■公益財団法人スペシャルオリンピックス日本
理事長 有森裕子 コメント
「このたび、本事業の社会貢献取組みとして、スペシャルオリンピックス日本(SON)が参加させていただくことを大変嬉しく思っております。
SONは、「Be with all」というスローガンを掲げ、知的障害のある人もない人も共に相互が理解し活躍できる「誰ひとり取り残さない社会」をスポーツ、そしてユニファイド活動を中心に進めていきたいと考えています。一人でも多くのかたに、この活動を知っていただくためにSONのドリームサポーターも参加してくれています。
皆さんからの多くのリクエストをお待ちしております。」

参加アスリート、団体
参加アスリート>(順不同/敬称略)

支援団体・プロジェクト

■賛同・協力企業

mystaとは
○サービス名:未来のスターを応援するオーディションアプリ『mysta』
○URL:https://www.mysta.tv/
「mysta」とはキャストが投稿した動画を観て楽しめるサービスです。キャストには一般の投稿者から人気急上昇中のアイドル、ボーカル、モデル、タレントまで多くの方がいます。また視聴者は動画を投稿しているキャストとコミュニケーションを楽しむこともできます。キャストが投稿した動画はユーザーからの応援によってランキング化され、ランキング上位者には様々な活躍の場や特典が提供されます。

CeVioとは
ファンがタレントへ直接動画をオファーでき、あなただけの特別な動画が届けられるオンラインサービス購入者はサービス上でタレントに「自分や大切な人の名前を呼んでのお祝いメッセージ」や「歌」など、あなただけのオリジナル動画を直接オファーすることができます。また、売上金の一部は新型コロナウイルスの影響を受けたエンターテイメント業界などの支援・発展に充てられます。

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ