GAテクノロジーズ、「スポーツエールカンパニー」および「東京都スポーツ推進企業」に初認定

株式会社GA technologies

~コロナ禍における従業員へのスポーツ機会の提供と、スポーツ界への支援が評価~

不動産テック総合サービス「RENOSY(リノシー)」を運営する株式会社GA technologies[GAテクノロジーズ](本社:東京都港区、代表取締役社長 CEO:樋口 龍、証券コード:3491、以下「当社」)は、スポーツ庁が認定する「スポーツエールカンパニー2021」および、東京都が認定する「令和2年度東京都スポーツ推進企業」の双方で、スポーツ活動の促進に向けて優れた取り組みやスポーツ分野における支援を実施している企業として認定されました。

左:スポーツエールカンパニー2021右:令和2年度東京都スポーツ推進企業

当社は、代表が、幼い頃より世界的なサッカー選手を目指し、ジェフユナイテッド市原(現J2)に育成選手として所属していた経歴を持つことや、従業員の多くが過去、スポーツ領域においても活躍した経験を持っていることなどから、スポーツで培われる経験やチームワークは事業の推進力に通づるものがあると考えています。このような背景から、当社では従業員に対し積極的にスポーツの機会を提供したり、スポーツ界の発展を支援したりすることで、これまでの恩返しと国内外で活躍する人財の育成を支援する取り組みを行ってきました。さらに2020年度は、外出自粛や在宅勤務による急な運動不足を考慮し、環境や働き方の変化に応じた施策を実施いたしました。

この度の「スポーツエールカンパニー2021」および「令和2年度東京都スポーツ推進企業」への認定では、コロナ禍における従業員へのスポーツ活動の機会提供や、「川崎フロンターレ」をはじめ「Football Assist」などへの支援活動が評価されています。

従業員に対する運動機会の提供

1.オンラインエクササイズコンテンツの配信

2020年4月の緊急事態宣言以降、当社ではテレワーク体制を導入しています。 従業員の急な運動不足対策としてボディートレーナーを講師として迎え、 GAテクノロジーズグループのWEB社内報「GNN(GA News Network)」にて、自宅でできるストレッチ&トレーニングを配信しました。すべてのプログラムにボディトレーナーによる解説動画を用意し、短時間でできるトレーニングを中心に配信することで、仕事の合間に行える軽めの運動機会を提供しました。

2.部活動制度
当社では、GA Circle[GA サークル]と呼ばれる部活動制度があります。業務で接点を持たないメンバー同士のコミュニケーションを促進するため、フットサルやヨガ、ゴルフ、テニス、ビリヤードなど、様々なスポーツを通じて一緒に汗をかき、関係を深めています。

3.運動会
従業員の健康促進と、スポーツを通じた社内交流を目的として年に一回運動会を開催しています(※1)。GAテクノロジーズグループの全従業員を対象に、バスケや玉入れ、バレーボール、リレーなど様々な競技が行われます。

(※1):2020年度は新型コロな感染拡大防止の観点から開催を中止しております

スポーツ界への支援

1.川崎フロンターレオフィシャルトップパートナー
2018年9月より、当社が運営する不動産テック総合サービスの「RENOSY」は、川崎フロンターレのオフィシャルスポンサーに就任しました。当社取締役の樋口 大が、2002年~2008年まで川崎フロンターレのU-18に所属し、U-18日本代表のキャプテンも務めていた背景があり、自身を育ててくれた川崎フロンターレに「いつか恩返しをしたい」という強い思いから、支援を開始しました。
オフィシャルスポンサーとして、ユニフォームスポンサーだけでなく、「RENOSYエキサイトマッチ」の名を掲げ、当社の冠マッチも開催しています。「RENOSYエキサイトマッチ」では選手と手をつなぎピッチに入場するエスコートキッズの募集、抽選会などでのコラボレーショングッズ製作、MVP選手への賞品提供を実施する事によって年間協賛支援に加え、より一層クラブ、サポーターの皆様との一体感向上を推進しております。

スペシャルムービー:https://youtu.be/zzYk1qq3uOs

2.大学サッカー部選手向け支援プロジェクト「Football Assist」
世界で活躍する現役プロサッカー選手の大津 祐樹選手と酒井 宏樹選手が発起人となり立ち上げた、大学サッカー部の活動から将来のキャリア選択までを長期的に支援するプロジェクトです。当社は本プロジェクトのオフィシャルスポンサーとして、運営の支援や学生アスリートのキャリア相談などを行なっております。

URL:https://assist-sports.com/

3.障がい者スポーツの支援
2020年1月より、ブラインドサッカーで日本選手権MIPに輝いた実績があり、現在も日本代表強化指定選手として活躍する寺西 一(てらにし はじめ)選手と、車いすテニスで北京オリンピック出場をはじめワールドカップチームで多数の日本代表経験がある藤本 佳伸(ふじもと よしのぶ)選手を従業員として採用しました。またブラインドサッカーにおいては、NPO法人日本ブラインドサッカー協会のパートナーに就任し、ブラインドサッカー男子日本代表スポンサーとして同活動の支援と、体験型ダイバーシティ教育プログラム「スポ育」事業の支援を行います。

プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000094.000021066.html

令和元年度にスポーツ庁が実施した世論調査において、成人の週1回以上のスポーツ実施率は53.6%という結果が出ていますが、20代~50代の「働き盛り世代」では、全体の平均よりも低くなっています。これらの世代では、仕事や家事・育児によりスポーツを実施する時間がないことを理由に挙げる人が多く、健康的なライフスタイルを定着させるためには、一日の大半を過ごす職場において、スポーツに親しむきっかけづくりを進めていくことが重要です。

このような背景から、スポーツ庁では、従業員の健康増進のためスポーツの実施に向けた積極的な取組を行っている企業を「スポーツエールカンパニー」(英語名称:Sports Yell Company)として認定する制度を実施しています。

https://www.mext.go.jp/sports/b_menu/sports/mcatetop05/list/1399048.htm

東京都では、従業員のスポーツ活動の促進に向けて優れた取り組みやスポーツ分野における支援を実施している企業等を「東京都スポーツ推進企業」として認定しています。

https://www.sports-tokyo-info.metro.tokyo.lg.jp/company/

株式会社GA technologiesは、「テクノロジー×イノベーションで、人々に感動を。」を理念に掲げ、不動産ビジネスの変革を中心に、X-Tech領域のビジネスに取り組んでいます。

社名:株式会社GA technologies
代表者:代表取締役社長 CEO 樋口 龍
URL:https://www.ga-tech.co.jp/
本社:東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー40F
設立:2013年3月
資本金:11億8840万3994円(2020年12月末日時点)
事業内容:

PropTech(不動産テック)総合ブランド「RENOSY」の運営(不動産情報メディア、不動産売買仲介、不動産販売、設計施工、不動産管理)
SaaS型のBtoB PropTechプロダクトの開発
AIを活用した不動産ビッグデータの研究
中国人投資家向けプラットフォーム「神居秒算」など海外PropTech事業の運営

主なグループ会社:イタンジ株式会社、株式会社Modern Standard、株式会社神居秒算など他4社
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ