ASICS新TV-CM 「Run for X 桐生祥秀(ティザー)篇」前代未聞の逆境の中でも走り続けてきた桐生祥秀選手、内村航平選手、前田穂南選手トップアスリート3名による新CMが公開

アシックスジャパン

2021年4月28日(水)より第一弾 桐生選手編が全国で順次放送開始

 アシックスジャパンは、新たなブランドキャンペーン「Run for X(ランフォーエックス)」に伴い、新TV-CM「Run for X 桐生祥秀(ティザー)篇」桐生選手編を2021年4月28日(水)より全国で放映開始します。


 
 新ブランドキャンペーン「Run for X」は「走ろう。新しい自分が待っている。」というステートメントのもと、「身体を動かすことへの渇望感や新たな挑戦へのモチベーションの向上」「困難な状況が続く時だからこそ、”新しいことにチャレンジする=新たな自分を見つける”ことを前向きにとらえ、希望を見出してほしい」という想いが込められています。

 今回の新TV-CMには、大舞台に立つ日を目指して日々のトレーニングを重ねてきたアスリートの桐生祥秀選手(陸上競技・短距離)、前田穂南選手(長距離走)、内村航平選手(体操競技)を起用し、逆境の中でも一点だけを見つめて“走ってきた”3選手の想いを描きました。また、ナレーターとしてリリー・フランキーさんを起用し、「アスリートの人達が書いたお手紙を朗読するような想い」で、CM内のステートメントを力強く表現します。

 まず第1弾に登場するのは、陸上競技・短距離走の桐生選手。本CMのキーワードになっている「新しい自分」については、「成長していく中で芯は大事にしつつ、考え方ややる気のスイッチは変わっていくもの」と語っていただきました。

 アシックスジャパンは、本CMを通じてより多くの人が「新しい自分に向けて走り出す」ことへのきっかけを手にしてほしいというメッセージを訴求していきます。

■「Run for X 桐生祥秀(ティザー)篇」
走れるかは、わからない。でも、
困難があるからこそ、走ろうと思った。

自分のために、走ろうと思う。
あの人のために、走ろうと思う。
走ることで、証明できることがあるはずだ。

Run for X

URL:https://www.asics.com/jp/ja-jp/runforx/
※WEBサイトは4月28日公開予定です。

■新TV-CM概要
1.タイトル
「Run for X 桐生祥秀(ティザー)篇」編(30秒)

2.放送開始
2021年4月28日(水)より全国で順次放送開始

3.内容
 RUNを通じて「新しい自分」を見つけるきっかけを提案する新ブランドキャンペーン「RUN for X」。
そして、前代未聞の逆境の中で、それでも諦めず、ひたすら一点を見つめて走り続けてきたトップアスリートたち。
 困難と向き合いながら世界の舞台を目指してきた桐生祥秀選手、前田穂南選手、内村航平選手の3名がそれぞれのCMで「前に進み続けること」を表現しています。それぞれの“新しい自分”を追求する姿にご注目ください。

4.桐生選手撮影エピソード
 今回のCM撮影では、トレーニングの多忙な期間にも関わらず、明るく笑顔で取り組んでくださいました。撮影シーンでは来るべき大舞台に立つことを頭に思い浮かべながら、実際にリレーの第3走者として蹴り出しの瞬間を撮影したいとお伝えしたところ、「撮影とはいえ、レースさながらの気持ちに持っていき、気を引き締めて臨みました。」と、選手ならではの感想をいただきました。実際にカメラの前に立つと、真剣な眼差しと蹴り出しにアスリートの本気を感じる一瞬となりました。一方で、撮影の合間にはスタッフに筋トレのコツを教えたり、ご自身のサインを考えたときのエピソードをお話されるなど、普段は見られない桐生選手のプライベートな一面が垣間見えながら和やかな空間で撮影が進行しました。

5.桐生選手インタビュー

 CM視聴者へ伝えたいことは何ですか?
―シビアな状況ですが、“スポーツ”はどんな状況の中でも存在してきましたし、“スポーツ”にはみんなを「喜ばせる力」があるから、自分はこれからも続けていきたいということです。

この1年でモチベーションの変化はありましたか?
—プロになってからずっと、モチベーションが落ちたことはありません。この1年も、無観客でも大会は開催されてきましたし、大会があるなら結果を残すことだけを考えていました。TVの向こうで応援してくれている人がいる、という気持ちで臨んでいます。

この1年でストレスはありましたか?
—もちろんありました。でも、改めて「家でできるトレーニングはなんだろう」など、メニューを自分で作るために“考える時間”がとても増えて、自分自身にとってはだいぶプラスになりました。

桐生選手にとっての短距離走の魅力はなんですか?
—今は、「速い」から楽しいです。これからも「どんどん速くなりたい」と思っています。
また、「速くなりたい」という原動力はなんですか?
—ゴールした時の歓声とかが病みつき、ではないですけど、ああいうのを味わってみたいから練習していますね。優勝なのか2位なのか、9秒台か10秒0なのか、歓声や、終わったときの喜びが違うのでもう中毒ですね。試合に出て、いい結果を残して自分の中で「この練習は間違っていなかった」と思える、そういう積み重ねがちゃんと証明されるのは試合だけなので。「やってきたことをちゃんと証明したいから」、そういう想いがあると思います。

試合前のルーティーンはありますか?
—あとは試合前には試合用の音楽プレイリストを聴いたり、リストバンドをつけたりすると「試合だな」という気持ちになります。

桐生選手にとっての「RUN for X」とは?何のために走りますか?
—「自分のため」です。まずは自分が結果出す、そして支えてくれた人に「ありがとうございます」をいうために走る、という気持ちでいます。

■CMナレーター リリー・フランキーさんコメント


 ただのナレーションをするという気持ちではなく、大舞台が果たして開かれるのか、なかろうかという気持ちの中で、アスリートの人たちが実際に書いたお手紙を朗読するような気持ちで読ませてもらいました。
 大舞台だけのためではなく、彼らにとっての通過点かもしれないけれど、日々走り続ける人たちの今の想いを感じてもらいたいと思いました。
 ナレーション内にある「“新しい自分を見つけるために何かに挑戦したいことはありますか?」という質問については、「慣れないことをやっているときの方が、自分のことを発見できます。ある程度できることをなまじ知っていると、自分のことを発見しにくいのでやったことがないことをやってみるのが一番だなと思います。仕事とかでもこれやったことないことないなって時に自分の無力さに気づく。でもやったことないからルーキーになれる。例えば、新しい趣味をチャレンジするというのも似たようなニュアンスかもしれないけれど、やっぱそこに責任感が伴わないとルーキーになれないというか。だからやったことものをやりたいなっていうのが、常に仕事を受ける基準としては心がけています。」とお話してくださいました。

 今回のCMはそれぞれのアスリートの、「一人の人間の生き方の話」だと思います。その日のために走っているわけではなくて、走り続けた人たちの映像なので、やっぱり画が強いですよね。まっすぐに彼らが前を見据えている姿って。そんなメッセージを視聴者の皆さんに届けられれば、と思います。

■CM放映に伴い アスリートによるTwitter「#走ろう新しい自分が待っている」
 アシックスの契約アスリートが、2021年4月28日CMローンチと同時に一斉に「#走ろう新しい自分が待っている」という言葉とともに、自らのシューズの写真を投稿し、それぞれが「何のために走るか」をテーマに皆さんの想いを宣言する予定です。
 今回CMに登場される桐生選手は、「Run for CHALLENGE」の言葉とアシックスの陸上・短距離走向けスパイクシューズ「METASPRINT TOKYO(サンライズレッド)」を手にした写真と共に想いを投稿してくださいました。

■新TV-CM (60秒) ストーリーボード

■制作スタッフ
ECD:古川裕也
CD:眞鍋亮平、東畑幸多、磯島拓矢
PL:東畑幸多、椿遊
CW:磯島拓矢
AD:宮下良介、本田新
CP:相澤京子
Pr:井上淳、長束雄介
PM:石崎佑太、春木あずみ
ディレクター:中島信也
撮影:小宮山充
照明:加藤あやこ
美術:鈴木和弘
ヘアメイク:飯束ゆうこ
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ