鋳物フライパンのクラウドファンディングで総額2,780万円を集めた燕三条の町工場が、新ブランド「SSCamp!(エス・エス・キャンプ!)」からソロキャンプ向け鋳鉄ギア「ソロキャスト16」を開発!

株式会社 三条特殊鋳工所

「世界一軽い鋳物ホーロー鍋。ユニロイ」を生み出した町工場が今度はソロキャンプ向けギアを開発!

燕三条の町工場が鋳物製精密機械部品作りの薄肉技術を応用し、クラウドファンディング第三弾としてソロキャンプ向け鋳鉄ギア「SSCamp!(エス・エス・キャンプ!) ソロキャスト16」を開発!二か月で740万円を集めた。8/1から一般発売開始予定!

 金属産業が盛んな街、燕三条に工場を構え様々な鋳鉄機械部品の製造を行ってきた創業60年を迎える株式会社三条特殊鋳工所は老舗の鋳物屋。2010年から脱下請けを目標にキッチンウェア事業部を立ち上げ、「世界一軽い、鋳物ホーロー鍋。ユニロイ」をはじめ様々な自社商品を開発販売してきた。昨年2020年に新ブランド「SSCamp!(エス・エス・キャンプ!)」の開発を始め、およそ一年かけてソロキャンプ向けの鋳鉄ギア、「ソロキャスト16」を開発。クラウドファウンディングサイト「Makuake(マクアケ)」にて2か月で740万円もの応援購入を獲得した。

 

空前のソロキャンプブームだが、従来の鋳鉄スキレットは小さくても重いという難点から、ソロキャンプには向いていないと思われてきた。今回開発したソロキャスト16は鋳物なのに薄くて軽く、女性キャンパーでも手軽に扱える重さで、こだわりのギアを選ぶキャンパーにはもってこいの商品だ。

 鋳物は熱伝導性に優れており、焚火やコンロで肉を焼いたりする際、均一に火が通り美味しく焼ける。これはすでに発売しているユニロイ鋳物フライパンで多くのプロのシェフたちにもお墨付き。普段のキャンプ飯がワンランク上の料理へと変わる調理器具と言える。

 


ギアのデザインは初めて完全社内で実施。特にターゲットを女性に絞り、かわいさとかっこよさを両立するようなデザインを目指した。丸くて両手に収まるそのフォルムはかわいさを、そして鋳物の持つ無骨さも残したギアとなっている。

 浅型プレート、浅型グリル、深型スキレットの3点に全てに共通のハンドルがセットとなる4点セット。ハンドルは取り外し可能なため、調理中に熱くならないことも特徴の一つ。浅型プレートはもう2点のグリル、スキレットの蓋にもなり、蓋に炭をのせて調理するダッチオーブン的な使用方法も可能。いろいろな料理法が可能なこの商品でキャンプの料理の可能性がぐっと広がります。

ソロキャスト16(4点セット)は19,800円(税込)で一般販売は8月からを予定している。

【会社概要】
株式会社三条特殊鋳工所 新潟県三条市福島新田丁642 代表取締役:内山照嘉

大手企業から鋳物製精密機械部品などの下請けをしていたが、「自分たちの手で、誰からも愛される、世界一のモノを創り、たくさんの笑顔を創造しよう。」という想いからキッチンウェアの開発を開始。大手アウトドアメーカーのダッチオーブン製造の経験を活かし、2014年から自社ブランド「UNILLOY」を立ち上げ、鋳物製ホーロー鍋の販売を開始。

【問い合わせ先】
担当:企画部 田口
TEL:0256-46-0084 FAX:0256-45-2956 E-mail:shop-info@e-santoku.co.jp


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ