日本フェンシング協会、共同カイテックとオフィシャルパートナー契約を締結

公益社団法人日本フェンシング協会

パートナーシップを通じた従業員エンゲージメント向上を目指す

公益社団法人日本フェンシング協会(所在地:東京都新宿区/会長:太田雄貴、以下FJE)は、電力幹線システム「バスダクト」*1、床下配線システム「OAフロア」*2、屋上緑化・壁面緑化システム*3の製造・販売を行っている共同カイテック株式会社(本社:東京都渋谷区/代表:吉田建、以下 共同カイテック)とオフィシャルパートナー契約を締結しました。契約期間は2021年4月1日より1年間です。

 FJEは「突け、心を。」のスローガンのもと、フェンシングを取り巻く全ての人々に感動体験を提供できる組織を目指し、様々な活動を行っています。初めて観戦される方々にもフェンシングを楽しんでもらうための大会改革などをこれまで積極的に行ってきました。

 今回オフィシャルパートナー契約を締結した共同カイテックは、「人と社会に快適テクノロジー」をミッションとしており、関係する全ての人を快適にすることを目指しています。従業員の健康にも寄与できるようスポーツに関する施策を実施しており、東京都スポーツ推進企業並びに、スポーツエールカンパニーに認定されています。今回、FJEのこれまでの取組にご賛同頂けたこと、世界を舞台に戦う選手を身近に感じることが従業員のモチベーションアップにつながること、そして応援を通じ従業員エンゲージメントの向上が図れることから、パートナーシップが実現しました。FJEでは、今後共同カイテックが社内外で行うイベントなどでのコラボレーションを検討しています。

■公益社団法人日本フェンシング協会会長 太田雄貴コメント

 スポーツを通じて従業員のエンゲージメント向上を目指されている共同カイテック様とのパートナーシップが実現したことを大変喜んでおります。世界中のどのような対戦相手にも臆せず立ち向かうフェンシング日本代表の姿を通じ、従業員の方々に感動を与えたいと思うと同時に、応援して下さる方々が増えることを心から嬉しく思います。ぜひ様々な形でのコラボレーションを通じ、従業員の皆様はもちろん、フェンシングに関わる全ての人々に価値を提供できるようこれからも邁進してまいります。

(*1)バスダクト
板状の銅やアルミ導体を絶縁被覆し、鋼板で覆ったもので、大容量の電気を流す事が可能。

(*2)OAフロア
電力・情報などのケーブルを床内に納めるシステム床のことで、フリーアクセスフロアとも呼ばれている。

(*3)屋上緑化・壁面緑化システム
建築物の断熱性や景観の向上などを目的として、屋根や屋上に植物を植え緑化すること。同様に、建物の外壁を緑化することを壁面緑化という。

                                                以上
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ