【F.C.大阪】大阪府守口市との包括連携協定の締結について

F.C.大阪

大阪府東大阪市をホームタウンとするサッカークラブ「F.C.大阪」は、大阪府守口市と包括連携協定を締結致しましたので、お知らせ致します。

この度、株式会社F.C.大阪と大阪府守口市はお互いの持つ知恵、情報および技術の共有による相乗効果を発揮することで、守口市の市民サービスの向上及び地域活性化を図り、相互の発展に資するため、包括連携協定を締結しましたのでお知らせ致します。

包括連携協定に関する具体的な内容は以下のとおりです。
(1)市政のPR及び魅力発信
(2)イベント開催を通じた地域活性化
(3)スポーツを通じた児童生徒の健全育成及び市民の健康づくり
(4)SDGsの普及促進
今後は本協定に基づき、スポーツを通じた地域活性化やインターネットテレビによる魅力発信など、さまざまな分野において取組の充実を図っていきます。

写真左から株式会社F.C.大阪 代表取締役社長 近藤 祐輔、守口市 西端 勝樹 市長
なお、協定の締結にあたっては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、報道関係者の皆様にお越しいただくような締結式は行わず、代表者両名によるあいさつと協定書への署名、交換のみを行いました。
F.C.大阪は、守口市のデジタル技術を活用した市民サービスの更なる向上や、市の魅力発信の取組みに協力してまいります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ