”映画と人を繋ぐ出会い”を掲げる「uni」に新メンバー加入。結成から1年、本格始動への想いを乗せて「映画と夢」を語る。

シェイクトーキョー株式会社

SNSやクリエイティブが得意なメンバーが集い、ジャンルを越境しファン目線で映画と人を繋ぐ「uni」。新加入のもっちゃん(YouTuber)、しんのすけ(TikToker)含む全員からコメント発表。

映画「佐々木、イン、マイマイン」の製作を行うほか、映画コミュニティSHAKEを松竹株式会社と共同で運営するクリエイティブスタジオのShake,Tokyo(シェイクトーキョー株式会社)が手がける「uni(ユニ)」は結成して一年となりました。既存メンバーのDIZ(映画アクティビスト)や汐田海平(映画プロデューサー)に加え、もっちゃん(映画好きYouTuber)、しんのすけ(映画感想TikToker)、haruca(映画好きデザイナー)、キミシマユウキ(パーティーメイカー)などが新たに加入し、新体制にリニューアルし本格始動する。これからの活動への豊富や想いなどを詰めて「映画と夢」を語るコメントを全メンバーから発表しました。

■ uni(ユニ)とは
映画が好きな人、映画館に行く人を増やすことを目標に、ファンに向けたイベントやキャンペーンを手作りして行なっていきます。映画プロデューサーやインフルエンサーを中心に、素敵な映画や仲間に出会える場所を提供するべく、2020年4月に活動を開始しました。これまでのSNSキャンペーンでは個性あるハッシュタグを開発し、ファン同士が好きなで楽しくつながれるキャンペーンや話題を生む試写会イベントを企画しています。


ハッシュタグの一例:#映画プロフ、#映画ウィーク、#映画でつながる、#青春映画でつながる、#恋愛映画でつながる など。テンプレート画像をダウンロードし、加工してSNSに投稿することで、テーマに沿った映画を可愛く紹介できるキャンペーンでも話題になりました。
SNSやクリエイティブ、それぞれ得意な事を持ったメンバーが集まり、イベント、番組、イラスト、キャンペーンなどジャンルを越境しながらファン目線で映画と人をつなぐストーリーをつくります。
uniは「unite(団結する・力を合わせる・つながる)」に由来しています。

■メンバープロフィール/コメント
1. DIZ(映画アクティビスト)


– PROFILE
主にSNSで映画の素晴らしさを伝える活動をしている映画アクティビスト。ライター、編集、SNS運用、PR企画など、さまざまな仕事をしています。『uni』では映画とファンをつなぐため、多数の映画イベントを主催してきました。常に国内外の幅広いジャンルの作品をチェックしています。

– COMMENT
映画と共に生きる人生の素晴らしさを、1人でも多くの人に届けたい。そして、uniを通して、映画が教えてくれるたくさんの気づきをみなさんと分かち合って、“好き“を拡大させていきたいと思っています。その先にあるのは、誰もが自分らしく輝ける世界だと信じています。
– FAVORITE MOVIE
『ラ・ラ・ランド』『アバウト・タイム 愛おしい時間について』『君の名前で僕を呼んで』
Twitter:@DIZfilms(https://twitter.com/DIZfilms

2. 汐田 海平(映画プロデューサー)


– PROFILE
コンテンツスタジオShake,Tokyo代表。2020年、日本映画の国際化を推進する若手プロデューサーとして経産省の事業に選出され、ロッテルダム国際映画祭の「Rotterdam Lab」、ベルリン国際映画祭「EUROPEAN FILM MARKET」に派遣。プロデュース作は『蜃気楼の舟』『西北西』 『佐々木、イン、マイマイン』 等。

– COMMENT
映画には夢があります。日常とは違う華やかな人生を味わったり、知らない人の苦しみに共感したり、まだ見ぬ空の下に連れて行ってくれたり。夢が終わり、再び明るくなった劇場にはたくさんの人がいて、みんなで夢を語ることができます。終わらない夢をスクリーンで紡ぐお手伝いをしていきたいです。

– FAVORITE MOVIE
『CURE(キュア)』『牯嶺街少年殺人事件』『アベンジャーズ』
Twitter:@kaiheijp(https://twitter.com/kaiheijp

3. タカヒロ(コネクター)


– PROFILE
小難しい事を頭の中でこねくり回すのがかっこいいと思っているバカな映画好き。
『わかりやすさ』をモットーに、死ぬほど作品を深読みしながら、製作者の意図を組み上げる事をポリシーとしています。渋谷の映画カフェを貸し切っての座談会や、ハロウィンに大規模な映画コスプレイベント『コスプレイヤーワン』を企画するなど、映画ファンが集える場を作り上げてきました。

– COMMENT
性別、人種、貧富、宗教など、人と人の分断が進むこの社会で、その溝を埋めることができるのが映画のパワーです。『他者を攻撃する動機』は、無知ゆえの不安・恐怖心から来るのではないでしょうか。まずは相手をよく知ること。映画を通して、様々な生き方、主義、思想、哲学、出来事、歴史に触れ、互いを理解し合う努力が、今こそ求められていると思います。

– FAVORITE MOVIE
『ダークナイト』『インセプション』『クール・ランニング』
Twitter:@nishita0816(https://twitter.com/nishita0816

4. アリサ(マーケター/プランナー)


– PROFILE
広告業界からフリーランスに。好きなものはとことん突き詰める性格から映画をはじめとした、音楽・美容・ホテルなど幅広い業界でSNSを使用したプロモーションをメインに担当。イベント企画や登壇も。田中みな実さんの大ファンで雑誌「AERA」、テレビ「今夜くらべてみました」などに出演。

– COMMENT
ある時は映画から1日1日を大切に生きることを学び、またある時には「YES」で新しい世界に飛び込む勇気を貰いました。映画に繋いでもらった仲間たちと2018年に初めてイベントを企画。そして、その輪はどんどん大きくなりuniになりました。映画が繋いでくれた出会いを、今度は私たちが繋ぐお手伝いができればと思っています。
映画が人生をより豊かにしてくれることを信じて。

– FAVORITE MOVIE
『キューティ・ブロンド』『バーレスク』『インセプション』
Twitter:@ars__625(https://twitter.com/ars__625

5. 琴美(PRコーディネーター)


– PROFILE
桜美林大学映画学科を卒業後、京都・太秦の撮影所で制作部として主にドラマの制作進行を担当。その後、語学留学を経て帰国後、独立系映画配給会社の宣伝部に入社。メジャー系邦画からミニシアター洋画などの宣伝を担当し、現在も映画を届けるべく日々活動中。

– COMMENT
子供の頃の私。辛かった日あの映画を見て思いっきり泣いていた。溢れる好奇心を満たしてくれた。大人への道しるべも、スクリーンの向こう側。映画の外側でいつも夢見てた。いまの私。相変わらず映画の端っこで笑ったり泣いたりしてる。それを懸命に届けてる。未来の私とあなたへ。映画は今、貴方のどこにいますか?まだタイムテーブルとにらめっこしてるといいのだけれど。

– FAVORITE MOVIE
『リリイ・シュシュのすべて』『キッズ・リターン』『ビッグ・フィッシュ』
Twitter:@ktm_oba(https://twitter.com/ktm_oba

6. haruca(デザイナー)


– PROFILE
グラフィックデザイナーとして某企業でコンテンツ制作・サービス運営をおこなうかたわら、映画のおもしろさを伝えるためにイラストレーターとしても活動中。

– COMMENT
映画を通して学べること・感じることは無限大。そんな映画をもっとたくさんの人に楽しんでもらうきっかけになれば…という想いで、ビジュアルやイラストで映画の魅力を表現する活動をしています。わたしを育ててくれた映画に恩返しをするために、映画好きの輪を広げていきたいです。

– FAVORITE MOVIE
『アバウト・タイム 愛おしい時間について』『天使にラブ・ソングを…』
Twitter:@haru__ca_(https://twitter.com/haru__ca_

7. もっちゃん(プランナー)


– PROFILE
映画好きYouTuber。新作映画を紹介・解説する動画や映画にまつわるスポットを旅する動画などを投稿する。現在登録者は約6万人。

– COMMENT
大人になって「将来の夢は?」と聞かれても、はっきり答えられなくなってしまった。でも私はワクワクする今を積み重ねていった先に未来を見たい。そしてその隣にはずっと映画があったら嬉しい。
今まで1人ではできなかったことを形にして、みんなで映画業界を盛り上げていきたい。

– FAVORITE MOVIE
『はじまりのうた』『海街diary』『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』
YouTubeチャンネル:もっちゃんねる(https://www.youtube.com/channel/UCsN0m1lwpEDOcMy4SoLI8Pw

8. しんのすけ(サポートプランナー)


– PROFILE
映画感想TikTok公式クリエイター。
新たな映画文化発信の形を考え挑戦する。
京都芸術大学映画学科卒業後、『水戸黄門』の助監督として業界に入り、2019年より映画感想TikTokクリエイターの活動を開始。『TikTok TOHO Film Festival 2021』審査員、ショートショートフィルムフェスティバル & ASIA2021公式SNSナビゲーター。

– COMMENT
小学生の頃『シザーハンズ』を観ていなかったら、今の自分はいません。そう言い切れる程、人生最大のきっかけとなる存在が、僕にとっては映画です。あらゆる状況で映画の在り方が変容していく中、作り手として、届け手として今何が出来るのか。映画文化の新たな発信・体験を提案できればと思います。

– FAVORITE MOVIE
『シザーハンズ』『スモール・ソルジャーズ』『アンドリューNDR114』
TikTok:@deadnosuke(https://www.tiktok.com/@deadnosuke

9. キミシマユウキ(パーティーメイカー)


– PROFILE
某動画配信サービスの映画調達担当をしつつ、個人では映画イベントの企画やMC,試写会のトークゲストなどを行う。
【主なイベント】
#ASSEMBLE 主催
#銀幕フェス 総合司会
#アバウトタイムウィズ 司会
#ocademy2019 共同主催・司会

– COMMENT
映画には返しても返しきれない恩があります。
そんな映画の良さをもっと多くの人に知ってもらいたい、様々な映画を観てもらいたい、今までなかった方法で作品伝えてみたい。そんな夢を抱えながら映画に対して微力ながら恩返しをここで出来ればと思っています。

– FAVORITE MOVIE
『トイ・ストーリー3』
Twitter:@swinder8931(https://twitter.com/swinder8931

■ 公式WEBサイトもリニューアル!
公式サイトでは、今後の様々なビジネスやプロジェクト展開に向けて、よりいっそう所属するインフルエンサーやクリエイターと連携し、宣伝やキャンペーンを展開していく体制を紹介しています。


リニューアルされたWEBサイトではニュース欄などで今後の活動報告も更新していきます。また、Twitterアカウントでは随時キャンペーンを展開中です。これから、より多面的なアクションを仕掛けていくuniの活動にご期待ください。

■ 「uni」公式WEBサイトhttps://www.uni-cinema.com
■ 「uni」公式Twitterhttps://twitter.com/uni_cinema

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【運営会社】
会社名:Shake,Tokyo株式会社
映画「佐々木、イン、マイマイン」の製作を行うほか、映画コミュニティSHAKEを松竹株式会社と共同で運営するなど、映画と広告を軸にした事業を行う。
・代表者:代表取締役 汐田海平
・所在地:東京都世田谷区代田二丁目36番15号 BONUS TRACK MEMBER’S
・設立:2020年8月
・資本金:3,000千円
・URL:https://www.shake-tokyo.jp/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ