【絶景の植物園】雪どけの北アルプスで絶滅危惧の高嶺の花を愛でる初のイベント

株式会社五竜

「白馬五竜高山植物園」では開園21周年を記念し2021年6月5日(土)、6日(日)、12(土)、13日(日)、Eテレ出演の名物園長坪井と学芸員スタッフが珍しい植物を楽しく解説するツアー等を限定開催。

 幻の花と言われる「ヒマラヤの青いケシ」で知られる国内最大の高山植物園(約300種類200万株)で、絶滅危惧種の保全活動や雷鳥のえさの栽培などを行う「白馬五竜高山植物園」を運営する株式会社五竜(所在地:長野県北安曇郡白馬村、代表取締役社長:伊藤英喜、以下「五竜」)は、開花が早く今までの開園時期では見頃が終わっていた希少な高山植物を見らるよう週末限定の早期オープンを行い、あわせてイベントを開催します。早期オープンは初めて。

2つのポイント
■早期開園により残雪期に登山をしないと見ることができない、開花の早い花をお楽しみいただける。
■21周年を記念した早期開園にともなって特別イベントが行われる。

 5月5日まで、スキー場のゲレンデだった敷地から大変身。ゴンドラに乗って標高1,515m、まだ雪の残る北アルプスの山の中のロケーションに、6月5日(土)「白馬五竜高山植物園」が現れます。(※通常営業は6月19日(土)~10月24日(日)まで。)
高山植物園を眼下に北アルプスも望める展望レストラン「あるぷす360」
 スキー場も運営する五竜は、スノーリゾートである白馬周辺エリアの地域課題である通年観光強化を目的に夏季の高山植物園の運営に力を入れてきました。今年21年目を迎え新たに学芸員を1名増やし、さらなる植物園の魅力向上を目指します。さらに長期化するコロナ禍における閉鎖的な社会変革による心的ストレスの解消も社会的課題となっている折、この「早期開園イベント」では大自然の開放的な空気を味わいながら、自由に高嶺の花々を愛でていただくことができます。
 登山家の間で特に人気のウルップソウ、シラネアオイ、チョウノスケソウ、クロユリ、チングルマ、など、この時期ならではの珍しい高山植物を、ゴンドラに乗るだけでお楽しみください。
ウルップソウ
シラネアオイ
チョウノスケソウ
クロユリ

【早期開園期間】6月5日(土)6日(日)、12日(土)13日(日)8:15~16:30(※最終上りゴンドラ乗車16:00)< 通常開園は6月19日(土)~毎日営業 >

※植物園は入場無料。別途ゴンドラ往復料金2,000円。(「アルプス展望リフト」の運行は6月19日~10月10日。)
早期開園にともない、以下の内容で開園イベントが行われます。

■「学芸員とまわる雪解け直後の高山植物園散策ツアー」
 日頃植物園を管理しているスタッフだからこそ気がつく高山植物の魅力をお伝えいたします。この時期だけ開花する珍しい高山植物や、雪解け間もない植物の生態や見どころについて、学芸員が専門知識を交えながら楽しくご案内いたします。
スキー場のゲレンデから一気に高山植物園へ姿を変えます。シラネアオイと「アルプス展望リフト」と白馬三山。

時間:10:00~、13:00~(各1時間程度)
集合場所:アルプス平広場(ゴンドラ山頂のアルプス平駅前)
料金:500円
定員:各回20名、要予約(0261-75-2101)、当日参加も可能
コース:アルプス平広場から植物園の上部までの片道を散策しながらご案内いたします。
服装:スニーカーなど、歩きやすい服装でお越しください。
※悪天候の場合、ビジターセンターを利用したガイドや、中止の判断などをさせていただく場合がございます。

■「高山植物苗の無料プレゼント」

 白馬五竜高山植物園で育てた高山植物の苗を早期開園ご来場の感謝を込めてプレゼントいたします。比較的育てやすい植物を、育て方ガイドと合わせてご用意しています。ぜひお手元で育ててみて下さい。

時間:9:30~15:00 ※先着50名様
配布場所:アルプス平広場(ゴンドラ山頂のアルプス平駅前)
植物の種類:シラネアオイ、シナノナデシコ、ニッコウキスゲなど
※苗の個数により、お選びいただけない場合がございます。

■「高山植物ハーブティー試飲会」

 白馬五竜高山植物園で育てているタイム(ハーブの一種)の仲間である "イブキジャコウソウ" 使用したハーブティーをご用意いたします。残雪の北アルプスを前に植物園で育てた新鮮採り立て、フレッシュなハーブティーをお楽しみください。

時間:9:30~15:00
場所:アルプス平広場(ゴンドラ山頂のアルプス平駅前)

残雪の北アルプスを一望できる展望レストラン「あるぷす360」は早期開園中は喫茶(コーヒー、紅茶、ソフトドリンクのみ)営業、同レストランのランチ営業、山麓ベースセンター、エスカルプラザの営業開始は6月26日(土)~。
初夏の展望レストランカフェ「あるぷす360」。

ゴンドラ山頂駅舎上、「アルプス大展望台」は絶景。

【会社概要】
会社名:株式会社五竜
代表:伊藤英喜
所在地:〒399-9211 長野県北安曇郡白馬村神城22184-10
事業概要: 冬から春にかけてリフト、ゴンドラ、レストラン、売店等の施設をスキー場として営業。また夏から秋にかけて山や高山植物園の観光施設として営業しておリます。

【新型コロナウィルス感染防止対策】
白馬五竜高山植物園では、地域社会、お客様、スタッフの安全と健康を守るために新型コロナウィルス感染防止対策を講じて営業いたします。ゴンドラ乗車、パブリックスペースの三密回避、消毒、二酸化炭素濃度計測機を用いたレストラン内の換気対策を徹底しております。当該イベントご参加者にも細心の注意をはらっていただき、マスクのご着用、検温、消毒のご協力をお願いしております。


【白馬五竜高山植物園の環境理念とSDGs】
当社は、自然環境に恵まれた北アルプス・五竜岳の尾根から山麓にかけて、スキー場を開発してまいりました。環境負荷の低減に取り組むことは勿論のこと、自然回帰に努力する等、地球環境の保全に配慮した事業活動を積極的に展開することによって、「持続可能な開発目標」(SDGs)に賛同し、引き続き地域社会と自然環境の調和を図り且つ、会社の合理的・効率的経営に結びつけ、サスティナブルな取り組みを進めてまいります。現在(公社)日本植物園協会、環境省などと連携し、絶滅の危機に瀕した高山植物の保全を目的とした栽培、環境調査や、高山植物の栽培技術を活用し、雷鳥の餌資源の栽培に取り組んでいます。お客様の満足度を常に考え「最高のサービスと感動」をモットーに、お客様から信頼される企業になるよう努めてまいります。
詳しい取り組みについてはHPをご覧ください。
https://www.hakubaescal.com/general/environment3.html
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ