寺嶋由芙・河野万里奈・CYNHNのライブをカラオケルームで堪能!「TEICHIKUI KAWAII FESTIVAL」を、JOYSOUND「みるハコ」に無料配信!直筆サイン入りTシャツプレゼントも!

株式会社エクシング

テイチクエンタテインメント所属のアーティスト 寺嶋由芙、河野万里奈、CYNHNが一堂に会し、今年3月に東京・duo MUSIC EXCHANGEで開催されたイベント「TEICHIKU KAWAII FESTIVAL supported by JOYSOUND」。

JOYSOUNDが展開する「みるハコ」では、本イベントに出演した3組のライブパフォーマンス(全13曲)を堪能いただけるスペシャル映像を、5月28日(金)から7月27日(火)までの期間限定で配信することを決定しました。本コンテンツは、対象機種「JOYSOUND MAX GO」を導入の全国のカラオケルームで無料(別途室料)でお楽しみいただけます。

▽詳細はこちら: https://miruhaco.jp/archives/item/807145/

テイチクのJ-POPレーベル・インペリアルレコードから寺嶋由芙、河野万里奈、CYNHNが出演するという、今までありそうでなかった3マンライブ「TEICHIKU KAWAII FESTIVAL supported by JOYSOUND」。このたび「みるハコ」で配信を開始するコンテンツ(1時間23分)には、会場に集まったファンたちを魅了したライブパフォーマンス、全13曲をたっぷりと収録。“かわいい”をぎゅっと詰め込んだ白熱のステージの数々はファン必見です!

さらに、プレゼントキャンペーンも開催!本コンテンツ内に隠されたキーワードを見つけ、視聴後、アンケートにご回答いただいた方の中から抽選で5名様に、寺嶋由芙、河野万里奈、CYNHNの直筆サイン入りTシャツをプレゼントします。詳細は、カラオケルームに設置されている選曲用端末「JOYPadキョクナビ」をご確認ください。

歌うだけでなく、観て楽しめる多彩なジャンルの映像コンテンツを配信することで、カラオケルームに新たなエンタテインメント空間としての価値を創出するJOYSOUNDの新サービス「みるハコ」は、身近な生活圏にあるカラオケボックスで、大音量・高音質のライブ映像を、少人数でもお楽しみいただける「新しい生活様式」に対応したサービスです。この機会をお見逃しなく、カラオケルームならではの迫力の音と映像で、ライブさながらの臨場感を堪能ください。




== TEICHIKU KAWAII FESTIVAL 配信概要 ==

◆対象機種:JOYSOUND MAX GO
※ブロードバンドによる開局を行っている店舗で、お楽しみいただけます。ただし、機種及び設置環境により対応していない場合がございます。

◆配信期間:2021年5月28日(金) ~ 2021年7月27日(火)

◆配信コンテンツ:TEICHIKU KAWAII FESTIVAL

【セットリスト】
01.CYNHN「ごく平凡な青は、」/02.CYNHN「水生」/03.CYNHN「はりぼて」/04.河野万里奈「背番号009 ~栄冠よ僕に輝け~」/05.河野万里奈「アイキャントライ」/06.河野万里奈「every little thing every precious thing」/07.寺嶋由芙「Last Cinderella」/08.寺嶋由芙「あたらしいわたし」/09.寺嶋由芙「いい女をよろしく」/10.寺嶋由芙「彼氏ができたの」/11.河野万里奈「MARINARING」/12.CYNHN「アンフィグラフィティ」/13.寺嶋由芙・河野万里奈・CYNHN「世界で一番かわいい君へ」

◆料金:無料 ※別途室料

◆再生時間:1時間23分 ※1時間30分以上の予約推奨

◆プレゼント:寺嶋由芙・河野万里奈・CYNHN 直筆サイン入りTシャツ … 視聴アンケートにご回答いただいた方の中から抽選で5名様

▽視聴方法など詳細はこちら: https://miruhaco.jp/archives/item/807145/

【関連情報】
▼歌わないカラオケ「みるハコ」で、ライブの体感を

「新しい生活様式」として、「みるハコ」にはどのような強みがあるか。カラオケメーカー、ライブシーンの担当者による対談記事はこちら。
https://prtimes.jp/story/detail/MxzROXFNpxE

▼カラオケルームの換気能力について
新型コロナウイルス感染症対策で知られる、藤田医科大学・吉田友昭教授による実証実験結果はこちらから。
(カラオケ事業者協会のサイトに遷移します)
https://www2.karaoke.or.jp/covid-19/digest_movie.php
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ