楽天GORA、ゴルフプレーを快適に楽しめる無料アプリ「楽天ゴルフスコア管理アプリ」を提供開始

楽天グループ株式会社

 楽天グループ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)が運営する国内最大級のゴルフ場予約サイト「楽天GORA」は、スコア管理やコース確認ができるGPSコースマップ、ラウンド参加者同士のコミュニケーションなど、ゴルフプレー(ラウンド)を快適に楽しむための各種サービスが利用できる「楽天ゴルフスコア管理アプリ」(以下「本アプリ」)を本日提供開始しました。なお、有料で提供されるGPSコースマップが多いなか、本アプリは全ての機能を無料で利用することができます。

「楽天ゴルフスコア管理アプリ」特設ページ
https://gora.golf.rakuten.co.jp/doc/guide/gora_app/score/

「楽天ゴルフスコア管理アプリ」の主な機能
・ラウンド戦略に役立つスコアやティーショットの登録、分析機能
直観的に操作できるスコア登録・アーカイブ機能に加えて、ティーショットの傾向を分析できる機能を搭載しています。プレー後に結果を振り返ることで、次のラウンド戦略の立案や弱点の改善に役立てることができます。なお、これまでに「楽天GORA」の予約アプリや予約サイトのマイページから登録したスコアは、本アプリに自動で引き継がれます。
※予約アプリ上で「現在いるゴルフ場」「プレー履歴」「ゴルフ場名検索」から登録されたスコアのみ本アプリに引き継ぐことができます。

・航空写真でリアルな位置関係を把握できるGPSコースマップ
コースマップの航空写真を閲覧し、実際のコース状況や位置関係を把握することができます。画面上で、グリーンに辿り着くまでのターゲットを指でタップ、もしくは長押しして移動させることで、現在地からターゲット、ターゲットからグリーンまでの距離を測ることができます。

・参加者同士のコミュニケーションに使えるリーダーボードとチャット機能
一緒にラウンドしている参加者全員のスコアや順位を表示するリーダーボードに加え、独自のチャット機能も搭載しています。各自がスコアを登録し、「バーディ」など好プレーとなった場合、チャット上で自動でアナウンスされるため、複数のグループで参加するコンペでも一体感を持ってラウンドすることができます。さらに現地でのラウンドに参加できないゴルファーも、ギャラリーとしてリーダーボードの閲覧やチャットでの会話に参加することが可能です。

・フレームや写真を組み合わせて作成できる、自分だけのフォトスコアカード
楽天の公式キャラクター「お買いものパンダ」のイラスト入りなど、12種類のデザインのフォトフレームと、ラウンド中のユーザー自身の写真を組み合わせて自分だけのフォトスコアカードを作成することができます。

・非接触で便利な「楽天チェックイン」
ゴルフ場の受付でアプリ内に表示されるバーコードを提示して読み取ることで、非接触でチェックインを完了することができる「楽天チェックイン」を搭載しています。これにより、ユーザーはゴルフ場での手書きによる情報記入や署名が不要となります。
※一部対応していない施設があります。

(注)本アプリは、楽天の会員登録をせずに「ゲスト」としてスコア登録・分析やGPSコースマップなどの主要な機能を利用することも可能です。その場合、スコア登録後の確認画面を完了させると、その後、登録したスコアは閲覧できず、フォトスコアカードの作成や「楽天チェックイン」などの一部機能は利用できません。なお、会員登録後にログインすると、「ゲスト」として登録したスコアも閲覧できるようになります。

■「楽天ゴルフスコア管理アプリ」概要
名称: 楽天ゴルフスコア管理アプリ
価格: 無料
iOS※版アプリ: https://apps.apple.com/app/id1511109661
(動作推奨環境: iOS 12.0以上)
※iOSはCiscoの米国およびその他の国における商標または登録商標であり、iOSはライセンスに基づき使用されています。
Android™※版アプリ: https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.rakuten.golf.playersapp
(動作推奨環境: Android OS 6.0以上)
※Android™は、Google LLC.の商標です。

■「楽天GORA」について
運営企業: 楽天グループ株式会社
サービス内容: 国内外ゴルフ場予約
サービス開始年月: 2004年10月
提携ゴルフ場数: 国内外 約1,900コース(※)
ウェブサイト: https://gora.golf.rakuten.co.jp
※2021年5月27日時点

以 上
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ