スポーツ関係者(選手、コーチ、スタッフ等)を対象とした、「性の多様性」と「アスリートのキャリア形成」に関するオンライン研修会を実施。

NPO法人グッド・エイジング・エールズ

任意団体「プライドハウス東京」コンソーシアムは、企業パートナーのEY Japan、野村ホールディングス株式会社と協働で、プライド月間である6月6日(日)に、「性の多様性」に関するオンライン研修会を開催致します。さらに、女性アスリートのためのキャリア形成やマネープランニングに関する内容も盛り込み、女性アスリートが将来に気兼ねなくスポーツに打ち込むためのライフプラン形成に役立つ情報もお届けします。

開催概要

日時:2021年6月6日(日)19:00ー20:45
会場:オンライン開催
費用:無料 申し込みはこちら(https://cutt.ly/6nuaYIi
主催:「プライドハウス東京」コンソーシアム(アスリート発信チーム)
協力:EY Japan、野村ホールディングス株式会社
運営協力:一般社団法人S.C.P. Japan (アスリート発信チームメンバー)
対象(※1):女性アスリート(プロ、アマチュア、学生)及び女性アスリートに関わる指導者、スタッフ等

(※1)
◎本研修会は日本女子プロサッカーリーグ(WEリーグ:Women Empowerment League)及び、日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)所属の選手、指導者、スタッフにもお声がけしております。
◎女性カテゴリーで競技をされているXジェンダー、ノンバイナリー、トランスジェンダーのアスリートも対象となります。
◎一般の方もご参加頂けます。

☆こんな人におすすめ
・スポーツに携わる人で、性の多様性に関する学習機会がこれまでになかった人
・多様性に配慮したスポーツ環境づくりを目指すスポーツ組織関係者やスポーツ指導者
・スポーツに取り組む次世代の女性アスリート
・興味のある方、どなたでも歓迎です!

プログラム内容

19:00ー19:05 オープニング

19:05ー19:40 「性の多様性(※2:SOGIE)について」
― 野口 亜弥(ノグチ アヤ)プライドハウス東京 アスリート発信チーム / 一般社団法人S.C.P. Japan
性に関する自分らしさの多様性やスポーツチームがLGBTQインクルーシブ(誰も排除されない)なチーム文化を作るために必要なことについてお伝えします。
(※2)Sexual Orientation, Gender Identity and Expression:性的指向、性自認、性表現

19:40ー20:10 「スポーツを通じて身につけたスキルの活かし方」(使用言語英語、同時通訳あり)
― 佐々木 ジャネル(ササキ ジャネル)EY Japan Brand, Marketing & Communicationsディレクター、EY Global Women Athletes Business Network リーダー
データやロールモデルの事例を交えて、アスリートがスムーズにスポーツの世界からビジネスの世界へ転身する方法を紹介します。アスリートがスポーツを通して身に付けたスキルは業界や職種の枠を超えて活かすことができます。また、成功に導くキーとなる「メンター」の見つけ方についてもお伝えします。

20:10ー20:40 「ライフプランセミナー~今から始めるマネープラン~」
― 舟木 周子(フナキ チカコ) 野村證券株式会社 資産形成推進部
人生を充実したものにするには、生きがいと健康に加えて、お金の面での備えが不可欠です。アスリートの皆様がセカンドキャリア等の将来に備えられる様、無理なく、手間なく、効果的なマネープランをお伝えします。

20:40ー20:45 クロージング

※内容は予告なく変更となることがあります。
※一部(ライフプランセミナー~今から始めるマネープラン~)を除き、後日アーカイブをご視聴頂くことも可能です。

開催の背景

東京2020オリンピック・パラリンピック大会の開催を契機に設立された「プライドハウス東京」は、セクシュアリティを問わず誰もが安心してスポーツを楽しめる環境づくりを目指し、様々な取り組みを行なってきました。しかし、スポーツ界に内在するLGBTQに対する構造的不平等や偏見は根強く、選手やコーチ、スポーツ組織関係者に向けた更なるアクションが必要です。今年の5月にはWEリーグ・なでしこリーグ1部所属の女子サッカークラブと連携し、「※3:プライドマッチ」を開催しました。来たる6月の「※4:プライド月間(Pride Month)」には、女子サッカー界を起点に、多様な性のあり方を尊重し誰もが自分らしくプレーできるスポーツ環境づくりに向けた取り組みを一層広げていく予定です。その皮切りとして、選手、指導者、スタッフ、その他関係者向けに、多様な性のあり方について理解を深める場を開催する運びとなりました。

(※3)プライドマッチ:試合を通して、チームのLGBTQコミュニティへのサポートを示すとともに、LGBTQに関する情報発信などを行う企画のこと。LGBTQを象徴するレインボーでの会場の装飾や性の多様性に関する冊子の配布、ビデオの上映、トークイベントの開催、LGBTQ関連団体への寄付など、様々な取り組みが行われています。(プライドハウス東京との連携による過去のプライドマッチはこちら。https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000062.000019571.html

(※4)プライド月間(Pride Month):LGBTQの人権に関する運動の転換点となったといわれるストーン・ウォールの反乱が起こったのが1969年6月28日だったことから、6月はプライド月間(Pride Month)と呼ばれていいます。世界各地でLGBTQコミュニティを祝祭し、サポートを示すイベントが開催され、性自認・性的指向・性表現にかかわらず、誰もが自分らしくいられる社会を歓迎するための重要な期間となっています。

登壇者紹介

◎野口 亜弥(ノグチ アヤ)
プライドハウス東京 アスリート発信チームリーダー

一般社団法人S.C.P. Japan共同代表。順天堂大学スポーツ健康科学部助教。元プロサッカー選手(スウェーデン)。「スポーツとジェンダー・セクシュアリティ」、「スポーツと開発」を専門として各種講演やNGOや行政のプロジェクトにも専門家として参画。

◎佐々木 ジャネル(ササキ ジャネル) 
EY Japan Brand, Marketing & Communicationsディレクター、EY Global Women Athletes Business Network リーダー

米国生まれ。大学まで床運動と平均台を得意とする体操選手として活躍。現在は、キャリア展開に関するメンターやワークショップ、パネルディスカッションのファシリテーターとしても活動している。女性アスリートが自らのリーダーシップの可能性を発見するサポートをすることに大変な情熱を持つ。

◎舟木 周子(フナキ チカコ) 
野村證券株式会社 資産形成推進部

中央省庁・都道府県市町村の職員向け、民間企業の従業員向けライフプランセミナー・研修等の講師を担当。CFP(日本 FP 協会認定)、1級 DC プランナー。

「プライドハウス東京」コンソーシアム

「プライドハウス東京」には、現在、15の企業が協賛・参画、21の駐日各国大使館と駐日欧州連合代表部が後援。LGBTQやソーシャル関連の活動を行う33のNPOや個人とともに、「教育・多様性発信」「文化・歴史・アーカイブ」「セクシュアルヘルス・救済窓口」「アスリート発信」「祝祭・スポーツイベント・ボランティア」「居場所づくり」「仕組みづくり」「レガシー運営チーム」という個別テーマを掲げた8つのチームにわかれ、協働プログラムを企画・実施しています。

■団体・個人(計:団体27/個人6)
◎NPO法人 akta(代表:岩橋 恒太)
◎一般社団法人 S.C.P. Japan (共同代表:野口 亜弥)
◎NPO法人 エティック(代表:宮城 治男)
◎任意団体 LGBTQアライ・コミッティ@Accenture(代表:佐藤 守)
◎NPO法人 カラフルチェンジラボ(代表:三浦 暢久)
◎NPO法人 グッド・エイジング・エールズ(代表:松中 権)
◎NPO法人 グリーンバード(代表:福田 圭祐)
◎サウザンブックスPRIDE叢書(代表:古賀 一孝)
◎NPO法人 GEWEL(ジュエル)(代表理事:小嶋 美代子)
◎任意団体 手話フレンズ(代表:モンキー高野)
◎一般財団法人スポーツ&ライフ振興財団(代表:武田 利也)
◎NPO法人 東京レインボープライド(共同代表:杉山 文野、山田 なつみ)
◎任意団体 読書サロン(代表:安田 葵)
◎任意団体 にじいろかぞく(代表:小野 春)
◎認定NPO法人 虹色ダイバーシティ(代表:村木 真紀)
◎NPO法人 日本HIV陽性者ネットワーク・ジャンププラス(JaNP+)(代表:高久 陽介)
◎NPO法人 ハートをつなごう学校(代表:杉山 文野)
◎任意団体 Proud Futures(共同代表:小野 アンリ、向坂 あかね)
◎任意団体 フルーツ・イン・スーツ東京(FinS Tokyo)(代表:Loren Fykes)
◎認定NPO法人 ぷれいす東京(代表:生島 嗣)
◎任意団体 虫めがねの会(代表:鈴木 茂義)
◎任意団体 University Diversity Alliance (代表:五十嵐 浩也)
◎認定NPO法人 ReBit(リビット)(代表:藥師 実芳)
◎NPO法人 レインボーコミュニティcoLLabo(代表:鳩貝 啓美)
◎NPO法人Rainbow Soup(代表:五十嵐 ゆり)
◎任意団体 Rainbow Tokyo 北区(代表:時枝 穂)
◎NPO法人 レインボー・リール東京(代表:宮沢 英樹)
◎浅沼 智也(トランスジェンダー活動家)
◎井上 道博
◎田口 周平
◎野老 朝雄(アーティスト)
◎野村 恒平
◎山縣 真矢(編集者/ライター)

■企業(計:15)
<レインボー>
◎EY Japan
◎シスコシステムズ合同会社
◎大日本印刷株式会社
◎野村ホールディングス株式会社
◎パナソニック株式会社
<ダイヤモンド>
◎日本生命保険相互会社
◎P&Gジャパン
<ゴールド>
◎アサヒビール株式会社
◎株式会社アシックス
◎NTTグループ
◎大和ハウス工業株式会社
◎日本コカ•コーラ株式会社
◎ビザ・ワールドワイド
◎富士通株式会社
◎株式会社みずほフィナンシャルグループ

■大使館(計:21)
<特別後援>駐日オランダ王国大使館
<後援>駐日アイスランド大使館/駐日アイルランド大使館/在日アメリカ大使館/駐日イスラエル大使館/駐日英国大使館/在日オーストラリア大使館/在日オーストリア大使館/駐日欧州連合代表部/在日カナダ大使館/在日スイス大使館/駐日スウェーデン大使館/駐日スペイン大使館/駐日デンマーク大使館/駐日ドイツ連邦共和国大使館/駐日ニュージーランド大使館/駐日ノルウェー大使館/駐日フィンランド大使館/在日フランス大使館/駐日ベルギー大使館/在日メキシコ大使館

■後援(計:9)
国連合同エイズ計画・UNAIDS(協働覚書締結)/東京都/新宿区/公益財団法人 日本オリンピック委員会/公益財団法人日本障がい者スポーツ協会 日本パラリンピック委員会/公益財団法人 日本スポーツ協会/公益財団法人 日本ラグビーフットボール協会/一般財団法人 東京マラソン財団/一般社団法人 日本ラグビーフットボール選手会
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ