工事現場を活用し、障がい者のアート作品を展示しています

高松建設

高松建設株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:高松孝年、以下当社)は、「障がい者がアートで夢を叶える世界をつくる」を理念に、障がい者アート事業を行うパラリンアート(一般社団法人 障がい者自立推進機構) の活動に賛同し、東京都港区芝の工事現場の仮囲いへアート作品の展示を5月21日より開始しました。

今回作品が展示されている工事現場は、株式会社高松コンストラクショングループが建築主となる「(仮称)TCGビル」新築工事で、当社及び各グループ会社各社が拠点を置く東京事務所ビルとして2023 年 2 月の竣工を予定しています。工事期間中、仮囲いに障がい者アーティストが描いたアート作品を「パラリンアートミュージアム」として展示することになっています。アーティストは色鮮やかなアートを描く、おおはしみささんの作品「個性」を採用しました。
当社は「パラリンアートミュージアム」として作品の展示が可能な工事現場へ新たな展示を計画しており、アートを通じて障がい者の社会参加と経済的自立支援に協力していきます。


■展示の工事現場について
展示場所 : 東京都港区芝4−8−2(仮称)TCGビル新築工事現場の仮囲い
展示期間 : 2021年5月21日から2023年2月(予定)
建築主:株式会社高松コンストラクショングループ
施工:青木あすなろ・高松特定建設工事共同企業体


■アーティストについて
アーティスト : おおはしみさ さん
作品名 : 個性


■パラリンアート(一般社団法人障がい者自利推進機構)
障がい者がアートでの夢を叶える世界をつくる、を理念に障がい者アート事業を2007年から行っており、障がい者の社会参加と経済的自立を推進するために、パートナー企業のブランディング、プロモーションに貢献することで障がい者の活躍を日々生み出しています。全国に約650名(2021年5月現在)のアーティストを抱え、毎年200社以上の企業、特別支援学校や障がい者施設計4,000箇所と取り組みを実施しています。
https://paralymart.or.jp/association/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ