ジェフユナイテッド市原・千葉 クラブ設立30周年 新クラブ理念の制定と実現にむけて

ジェフユナイテッド株式会社

ジェフユナイテッド市原・千葉では、2003年、「魅力あるクラブ」、「地域とともに歩むクラブ」、「自主自立経営」を3つの柱としたクラブビジョンを策定し活動してまいりました。また2010年、これまでの基本方針を堅持し推進するとともに、クラブをより身近に感じていただけるよう、2020年を見据えたビジョン「ジェフユナイテッドライフの実現」に進化させその実現に向け邁進してまいりました。

そして、来たる2021年6月11日、私たちジェフユナイテッド市原・千葉はクラブ設立30年を迎えます。
皆さまに支えられながら紡いできた30年。そして、これから繋いでいく未来を輝かしいものとするため。
私たちの存在理由を明確にし、その価値を実現するため、あらたなクラブ理念を制定いたしました。
その理念体系を「ジェフユナイテッドアンセム」と名付け、そのコミュニティの一員であることに誇りと自覚を持ち、このアンセムを歌い上げてまいります。

これまで掲げてきたクラブビジョンをシンカ(深化・進化)させるべく、また、新クラブビジョン実現にむけて活動してまいります。
今後もジェフユナイテッド市原・千葉へのご支援、ご声援のほど、よろしくお願い申し上げます。

ジェフユナイテッドの理念体系


 

 
〇 クラブ理念


   
フットボールは懐が広くそして深いスポーツです。私たちはフットボールの力がもつ無限の可能性を追求します。
私たちはフットボールの魅力を求心力にして、人と人の心をつなぐハブになります。
そうすることでセカイを豊かに彩ります。
当クラブ理念では、地理的な広がりを表す「世界」と区別するためにあえてカタカナの「セカイ」という表現を使っています。
もちろん「世界」もセカイの一つでありますが、私たちの目の前に広がる光景、私たちが日々過ごす日常、共に暮らす家族、お付き合いしている友人関係、そしてファンの皆様が集うスタジアムもセカイです。さらに心の中に宿している未来への夢や想像力の産物である物語もセカイと言うことができます。
フットボールの魅力を追求し、人の心をつなぐことによって人々のセカイを色彩豊かなものにしていきます。
〇 クラブビジョン 

〇 ジェフスピリッツ

  
  アンセムに込めた想い
ジェフユナイテッドの理念体系には「ジェフユナイテッドアンセム」という名前が冠せられました。National Anthem は国歌のことであり、オリンピックにはOlympic Anthem、FIFAにはFIFA Anthem があります。
選手と人々は自らが一員であるコミュニティに誇りを持ち、そこを代表する意識でアンセムを歌い上げます。
「ジェフユナイテッドアンセム」は、ジェフで活動する全てのメンバーが、ジェフを誇りに想い、そしてジェフを代表して行動することを願い命名されました。

ジェフユナイテッドアンセムを貫く大切な三つの言葉

FOOTBALL:
私たちはフットボールという最高のスポーツに出会い、フットボールというフィールドでプロフェッショナルとして仕事をすることができる喜びを共有しています。
フットボールには無限の可能性があります。
フットボールは人々の生活を楽しくし、地域を元気にし、社会を幸せにし、世界のコミュニケーションを素晴らしいものにすることができます。
フットボールは手に汗握るエンターテイメントであり、最高の技能が繰り広げられる芸術でもあります。
フットボールは世界の共通語です。地球の裏側に行った子どもたちも、ボール一つあればその地の子どもたちと共に遊び、友達になることができます。世界中のどこの街を訪ねても、そこにはフットボールを愛するファンがいてワールドカップの思い出や地元のクラブの話に花が咲きます。
こんなスポーツはフットボールをおいて他にありません。
私たちジェフユナイテッドはフットボールの無限の可能性を信じ、追求します。

UNITED
1991年1月にファンの皆様からの公募でジェフユナイテッドという私たちのクラブ名が決まりました。
「結束した」「団結した」「一体化した」。このような意味をもつユナイテッド。ジェフユナイテッドとして歩み続けた30年の中でユナイテッドという言葉は私たちの大切な価値観として育ちました。
私たちはスタジアムで、ホームタウンで、遠征先等でフットボールに携わる多くの人々との出会いを通じて、人と人が結びつき、「ユナイテッドする場」が生まれた時の連帯感、喜びを分かち合う気持ち、そしてお互いがお互いを思いやる優しい感覚を経験してきました。
私たちの全ての活動に「ユナイテッド」の素晴らしさを拡げていきたいと考えています。

育成
「育成のジェフ」という呼び方でジェフが語られることがあります。ジェフのアカデミーからJリーグで活躍する選手がどんどん出て、彼らが日本代表でも大活躍した時代にそう呼ばれたのがきっかけです。しかし、クラブの歴史を振り返る時、「育成のジェフ」はそこにとどまらない意味があります。
ジェフは古河電工サッカー部時代から、アスリートのみならず、日本サッカー界を牽引するリーダーを数多く育成し、輩出してきました。一方で、私たちは地域に入り込み草の根レベルでサッカーを教える人材も同じくらい大切であると信じ、指導人材の育成を継続してきました。
「育成」は私たちジェフユナイテッドの生き方であり、これからも大切に守り育て行く私たちの自画像です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ