sfidaが第100回全国高校サッカー選手権大会のオフィシャルウェアサプライヤーに決定!

株式会社イミオ

日本一を目指す高校生たちの挑戦を全力でサポートいたします!

 スポーツブランド「sfida」(運営会社:株式会社イミオ、本社:東京都渋谷区神南、代表取締役:倉林啓士郎)は第100回全国高校サッカー選手権大会のオフィシャルウェアサプライヤーに決定いたしましたのでお知らせいたします。

 sfidaは「FOR THE CHALLENGER」というブランドメッセージのもと、夢や目標に向かって挑戦する人々を全力でサポートし続けていく、そんな使命を掲げております。2005年にフェアトレードでの高品質なサッカーボール製造からスタートし、ボール・スポーツウェアを中心に展開を拡大、EAFF E-1フットボールチャンピオンシップ・日本フットサルリーグ・台湾サッカー協会・Jリーグ/Fリーグチーム等への協賛を通じ、国内外の挑戦者をサポートして参りました。

 そしてこの2021年はブランドとして大きな変革と成長を遂げる年として、シーズンテーマに「OPEN THE NEW GATE」を掲げ、高校生を中心とした部活生へのサポートを強化しております。コロナ禍で生活様式が大きく変わり、あらゆる制約が生まれた社会の中でもあきらめずに挑戦し続ける若者を応援したい、挑戦の先にある新たな扉を開くサポートをしたい、そんな想いから第100回全国高校サッカー選手権への協賛を決意いたしました。

 sfidaは高校サッカーの頂点を目指す高校生たちの想いに寄り添い、共に挑戦して参ります。

全国高校サッカー選手権大会について
 1918年に始まった全国の高校男子サッカー部約4,000校の頂点を決める大会で、2021年は記念すべき100回大会となります。地区予選を勝ち抜いた各都道府県代表48校による、トーナメント戦で行われます。本大会は民間放送43社で全国ネットで放映予定です。

名称:令和3年度 第100回全国高等学校サッカー選手権大会
主催:(公財)日本サッカー協会、(公財)全国高等学校体育連盟、民間放送43社

▼ABOUT sfida
sfida(スフィーダ)は2005年、高品質な手縫いサッカーボール製造から始まったスポーツブランド。sfidaは、イタリア語で「挑戦」。高い品質と機能性に、自由で革新的なデザインを加えた商品でプレイヤーをサポートします。

<BRAND MESSAGE>
“FOR THE CHALLENGER”
自分の夢やチームの目標に向かって、逃げずに何度でも挑んでいく。
そんな世界中の挑戦者たちを、全力でサポートし続けていくこと。
それが私たちの使命です。

<FAIR TRADE>
スポーツに関わる全ての人が笑顔になれるブランドを目指し、sfidaはフェアトレードを推進しています。sfidaのボール生産工場では、ボールを作る職人たちに適正な賃金と労働環境を提供し、児童労働のないフェアなフットボールビジネスに取り組んでいます。

▼参考資料
株式会社イミオ概要
設立:2006年4月1日(2004年7月創業)
本社:東京都渋谷区神南1-15-1 マリービル3F
資本金:1,000万円
代表取締役社長:倉林啓士郎

【スポーツブランド事業】
<sfida(スフィーダ)>
スポーツブランド「sfida(スフィーダ)」を展開。 主にフットサル・サッカー用品を製造し、スポーツ量販店・専門店、ライフスタイルショップ等へ販売を行っています。また、東アジアサッカー連盟や日本フットサルリーグ(Fリーグ)、日本女子フットサルリーグ、Jリーグチーム、選手等への協賛活動を通じて、フットボール文化の発展に貢献します。
♢Instagram https://www.instagram.com/sfidasports/ 
♢Twitter https://twitter.com/SFIDAs

<ELITE SPORT(エリートスポーツ)>
ゴールキーパーグローブブランド「ELITE SPORT(エリートスポーツ)」日本初の正規取扱店として、自社ECでの展開のほか、Amazon・スポーツ量販店・専門店等にて販売を行っています。
♢Instagram https://www.instagram.com/elite_sport_japan/
♢Twitter https://twitter.com/elitesportjapan

イミオ公式サイト:https://imio.co.jp/
sfida公式サイト: https://sfidasports.com
ELITE SPORT公式サイト: https://imio.co.jp/elitesport/
sfida XU(オーダーユニフォーム作成)サイト:https://xu.sfidasports.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ