~P&Gによる事業協力のもと実施~東京2020組織委員会「みんなの表彰台プロジェクト」東京2020オリンピック・パラリンピック 表彰台が完成 大会史上初!使用済みプラスチック容器をリサイクル

P&Gジャパン合同会社

 国際オリンピック委員会(IOC)のワールドワイドオリンピックパートナーおよび東京2020パラリンピックのゴールドパートナーであるP&GグループのP&Gジャパン合同会社(本社:神戸市/以下、P&Gジャパン)は、事業協力者として参画した「使い捨てプラスチックを再生利用した表彰台プロジェクト~みんなの表彰台プロジェクト~(主催:公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会/以下、東京2020組織委員会)」において、完成した東京2020大会の表彰台を6月3日の表彰式アイテム発表会にて発表いたしました。

(C)Tokyo2020
(C)Tokyo2020
 P&Gグループでは、コーポレートシチズンシップ活動の重要な柱のひとつとして、全世界で持続可能な社会の実現に向けて取り組んでいます。本プロジェクトは、東京2020大会の持続可能性のコンセプトである「Be better, together/より良い未来へ、ともに進もう。」に賛同し、P&Gが持つ過去の知見を活用して、使用済みプラスチック容器を消費者から回収し、東京2020大会の表彰台に再生利用したものです。2019年6月より行った全国のイオングループ約2000店舗での一般の皆さまからの回収をはじめ、全国113の学校などでの回収のおかげで、約9ヶ月で24.5トンを回収し、表彰台全98台の製作に必要な回収量を達成することができました。
 回収されたプラスチックは、海洋プラスチック(0.5トン)と合わせてリサイクルされ、オリンピック、パラリンピック史上初となる、市民参画型のリサイクル表彰台へと生まれ変わりました。完成した表彰台のプラスチックパーツには、全てリサイクルプラスチックが使用されています。また、デザインは、東京2020大会のエンブレムを手掛けた野老朝雄氏が担当し、製造においては、3Dプリンターを活用し、リサイクルプラスチックでパーツを量産するという日本の高い技術も取り入れられています。
 当社は、東京2020組織委員会と共に、持続可能性へ配慮した大会の成功だけでなく、日本での3R(リデュース、リユース、リサイクル)の意識を促進し、「持続可能な開発目標(SDGs)」に貢献することを目指し、本プロジェクトに取り組んでまいりました。今後も持続可能な消費と循環型社会の実現に向け、取り組みを強化してまいります。

■P&Gジャパン社長スタニスラブ・ベセラのコメント
 オリンピック、パラリンピック史上初となる市民参画型のリサイクル表彰台製作に協力することができ、大変嬉しく思います。回収に参加いただいた皆様をはじめ、本プロジェクトにご協力くださった全ての皆さまに心より感謝いたします。東京2020大会は持続可能性の重要さを日本、そして世界に発信する最も良い機会だと考えています。完成した表彰台がオリンピック、パラリンピックのレガシーとなり、少しでも多くの方に、循環型社会の実現に自分も貢献できるということを感じていただくきっかけとなることを願っています。

■使用済みプラスチック容器の回収について

【店舗回収】

店舗回収の様子
 2019年6月19日より全国約2,000店舗の総合スーパー・ドラッグストアなどに回収ボックスを設置し、消費者から回収を行いました。本プロジェクトへの協力を呼び掛けるとともに、リサイクルについて知っていただくため、イベントへのブース出展なども実施し、皆さまのご協力のおかげで、約9ヶ月で11.9トンの使用済みプラスチック容器を回収することができました。

【学校回収】

学校回収の様子
 2020年1月から2月にかけて、全国の学校でも回収を行いました。113校から応募いただき、1.1トンの使用済みプラスチック容器を回収することができました。一部の学校では、回収活動と合わせて、プラスチックごみの現状やリサイクルについての授業を実施し、子供たちに循環型社会について考えてもらうきっかけづくりを行いました。

【回収実績】
回収時期:2019年6月19日より2020年3月末日回収終了(店舗により時期は異なる)
回収対象:プラスチックボトル・詰め替え用製品(ヘアケア製品、消臭芳香剤、台所洗剤・衣料用洗濯洗剤・
     柔軟剤、詰め替え用製品)※P&G 以外の他社製品も回収、ペットボトルは対象外
回収方法: イオングループの店舗、学校、関連企業、団体にて回収
     店舗回収)「イオン」、「イオンスタイル」、「マックスバリュ」、「ウエルシア」など、
     全国のイオングループ約2000店舗に回収ボックスを設置
     学校回収)全国の113校の応募校 ※学校回収は2020年1月~2月のみ
     企業・団体回収)P&Gグループ・国連広報センター、東京2020組織委員会など
回収結果:24.5トン(内訳:店舗回収11.9 トン、学校回収1.1 トン、企業・団体回収11.5 トン)

「組市松紋」を立体化した側面デザイン
■表彰台のデザインについて

 デザインは東京2020大会のエンブレムを作成した野老朝雄氏が担当しました。野老氏による東京2020大会のエンブレムコンセプトである「組市松紋」を立体化した側面のデザインは、日本の伝統的デザインを幾何学的に発展させた現代日本を象徴するものです。伝統的な藍染めを想起させる色と相まって、世界へ日本らしさを発信する美しいデザインとなりました。

■「みんなの表彰台プロジェクト」WEBムービーについて
 プロジェクト発表から完成までの道のりに密着した動画をP&Gジャパン公式YouTubeにて6月3日より公開いたします。動画内では、大会史上初の使用済みプラスチックを再生利用した表彰台がどのようにして作られたのか、参加した皆さんの想いや製造に関わるプロフェッショナルな人々の姿が描かれています。

動画公開先:P&Gジャパン公式YouTube(https://youtu.be/YKsF2MtEO5g

■東京2020組織委員会主催「みんなの表彰台プロジェクト」について
 オリンピック・パラリンピック競技大会は世界最大規模のスポーツイベントであり、その影響は環境・社会・経済に、また開催国のみならず世界にまで広く及ぶことから、持続可能性に配慮した会の準備・運営が求められます。国連において設定された「持続可能な開発目標(SDGs)」に貢献する大会として、東京2020大会は今後の大会のモデルとなることが期待されています。
 本プロジェクトは、東京2020大会の持続可能性のコンセプトである「Be better, together/より良い未来へ、ともに進もう。」に賛同し、P&Gが持つ過去の知見を活用して、衣料用洗剤「アリエール」や台所用洗剤「ジョイ」、ヘアケア製品「パンテーン」ほか使用済み製品容器などのプラスチック素材を消費者から回収し、東京2020大会の表彰台制作に再生利用するものです。
 近年、プラスチックの処理や海洋プラスチック汚染が大きな課題となる中、本プロジェクトに取り組むことにより、資源をムダにしない持続可能な社会の実現に向けた、使用済みプラスチック活用の新しいモデルを国内外に発信します。

■P&Gと環境サステナビリティについて
 P&Gは世界最大の日用消費財メーカーです。たとえ一つ一つの製品が環境に与える影響は小さくても、事業規模と比例して当社の環境保全への責任は大きく、果たしうる貢献も大きいと考えています。P&Gでは長期的に取り組むべき重点課題として、「環境サステナビリティ」に関する世界共通のビジョンを掲げています。資源を大切に使い、環境への負荷を最小限にする重点課題として、2018年には長期ビジョン「Ambition 2030」を策定し、「製品ブランド」「サプライチェーン」「社会」「社員」の分野での取り組みを進めています。

■P&Gコーポレートシチズンシップ活動「世界を変える力、未来を育てる力(A Force for Good, A Force for Growth)」について
 P&Gグループは、全世界において、コーポレートシチズンシップ活動を事業の中に組み込み、業績目標の達成を目指しながら、社会と環境への貢献活動も展開してきました。
SDGsへの貢献に取り組む東京2020大会を契機に、P&Gジャパンは、「世界を変える力、未来を育てる力(A Force for Good, A Force for Growth)」のテーマの下、特に「環境サステナビリティ」と「平等な機会とインクルーシブな世界の実現(Equality & Inclusion = E&I)」の2つのエリアにおいて、これまで以上に活動を強化していきます。

■P&Gとオリンピック・パラリンピックについて
 P&Gは、2010年7月、国際オリンピック委員会(IOC)と「TOP(The Olympic Partner)プログラム」の契約を締結し、2021年開催予定の東京2020オリンピックに向けて、大会そのものへの支援に加え、オリンピック出場選手とその家族を応援するキャンペーンを全世界で展開しています。2018年8月より、IOCとのTOPパートナー契約に加え、東京2020との間で「東京2020パラリンピックゴールドパートナー(契約カテゴリー:パーソナルケア及びハウスホールドケア製品)」の契約を締結し、東京2020オリンピック・パラリンピックにおいては、同キャンペーンを通じ、オリンピック、パラリンピックの出場選手とその家族を応援する様々な活動を行ってまいります。 また、2020年7月、国際オリンピック委員会(IOC)とのオリンピックのワールドワイドパートナーシップを2028年まで延長し、さらに国際パラリンピック委員会(IPC)と2021年以降のワールドワイドパラリンピックパートナーに関して同意しました。

■P&Gについて
 P&Gは、高い信頼と優れた品質の製品ブランドを通じて、世界中の人々の暮らしに触れ、よりよいものにしています。日本では、衣料用洗剤「アリエール」「ボールド」「さらさ」をはじめとして、柔軟剤「レノア」、エアケア製品「ファブリーズ」、台所用洗剤「ジョイ」、紙おむつ「パンパース」、吸水ケアブランド「ウィスパー」、ヘアケアブランド「パンテーン」「h&s」「ヘアレシピ」、スキンケア製品「SK-II」、シェーブケアブランド「ジレット」「ブラウン」、オーラルケアブランド「Oral-B by Braun」など、様々な製品を提供しています。(https://jp.pg.com/)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ