アロンソなど著名人がポスターで交通安全を啓発 FIA「#3500LIVESキャンペーン」に協力、交通社会の一員である意識を

JAF

JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 藤井一裕)は、6月7日(月)から7月4日(日)の約1か月間、FIA(国際自動車連盟)が実施している「#3500LIVESキャンペーン」に協力し、レーシングドライバーであるフェルナンド・アロンソなど著名人が交通安全を啓発するポスターを東京都を中心に掲示しいたします。

ドライバー、歩行者など全ての道路利用者に道路共有の重要性を促す「#3500LIVESキャンペーン」

 JAFは、国際的なモータースポーツ統轄機関であるFIA(国際自動車連盟)に加盟しています。FIAはモータースポーツ統轄機関としての活動の他、もう一つの重要な活動として、国際的な交通安全の啓発にも力を注いでいます。
 今、世界中では毎日3,500 人以上の人々が道路で亡くなっています。その中でFIAは、交通安全啓発の一環として「#3500LIVESキャンペーン」を実施。ドライバーや歩行者など、すべての道路利用者がより安全に道路を利用するための役割を示し、自身と他者の安全を守ろうというものです。安全な交通社会のためには、道路を利用するすべての方が“道路を共有している”という意識を持つことが重要です。

アロンソのポスターを掲示。交通安全を呼びかけます!



 JAFは「#3500LIVESキャンペーン」に協力し、FIAが定めた15つのテーマのうち「シートベルトを必ず着用しましょう」「運転前にタイヤをチェックしましょう」の2つのポスターを、全41カ所(東京都渋谷区に10カ所、神奈川県横浜市に22カ所、川崎市に9カ所)で掲示し交通安全を啓発いたします。
 著名人を使用したポスターをバス停などに設置することで、一般の方々に立ち止まってじっくりとその内容を確認いただくとともに、一般に方々からのSNS発信などさまざまなかたちでの情報拡散をはかるものです。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ