両校保護者会が費用持ち寄り中総体ライブ配信を実施 徳島NHK杯の県大会決勝を株式会社グリーンカードが配信

株式会社グリーンカード

中体連の1試合を保護者会主体で単体配信、というライブ配信活用の新しい形を実践しました。

2021年5月30日(日)に徳島県で行われたNHK杯中学生サッカー大会の決勝戦をライブ配信しました。県協会や運営団体の依頼によらない保護者会主導の配信としては初となります。

2021年度 NHK杯第76回徳島県中学校サッカー選手権大会 において、決勝戦に出場する2校のサッカー部保護者会の協力によるライブ配信が行われました。

このライブ配信は、県大会決勝戦が無観客であったため、決勝勝ち上がりが決まった両校のサッカー部保護者会が費用を出し合い、株式会社グリーンカードへ依頼して実現したものです。
株式会社グリーンカードは特設サイトの制作運営・ライブ配信を通し、「中学生の徳島最強」を決める大会をサポートしました。

今までのケースでは、大会の主催者からの依頼によって行われてきた試合のオンラインライブ配信ですが、両校の保護者会同士が連絡を取り合い、資金を出し合って実現した初めて※のケースになります。(※弊社実績による)

・記念、記録のため
・相手チームの研究のため
・無観客試合の観戦対応策として
・上級学校進学およびプロ入りなどの資料作成のため

コロナによるライブ配信の普及は、地理的デメリットを減らすことに直結しました。
地理的デメリットが減少した今、特にプロ入りなどの資料作成、アピールについては「できるかできないか」だった世の中から「やるかやらないか」に変わっていると思われます。

ライブ配信後にはこのような感想が寄せられました。
・こどもの頑張るすがたを見て、親も仕事を頑張れる。
・感動を伝え、人に感謝される。生配信は素晴らしい事業ですね。
・コロナ禍でたいへんな思いをしながら全国を飛び回ってのお仕事と思います。微力ながら応援します。

今回の事例のように試合単体でのライブ配信需要はますます高まっていくことが想定されます。

徳島中総体決勝


当日の試合のライブ配信はもちろんのこと、保護者が現地に行っていたら当然見られたであろう、試合前のアップ風景の動画、両校監督・主将のインタビューおよび、ハイライト、スターティングメンバー情報などを特設サイトに盛り込み、試合をサポートしました。

特設サイト
https://tokushima-nhk-cup.com/

ライブ配信
https://youtu.be/AiCqARiExaI

中体連加盟校の現状

◆令和元年度の加盟校数
10266(加盟校数)
加盟率は99.0%
※全国に中学校は10370校あります

◆サッカー加盟校の状況
6774校(男子)
56 校(女子)

◆加盟校数が最高の部活
男子軟式野球
8318校
女子バレーボール
7839校

公式財団法人日本中学校体育連盟のHPによる(集計は令和元年度のもの)
http://njpa.sakura.ne.jp/kamei.html

株式会社グリーンカードとは

「アマチュアサッカーに革命を起こす」をミッションに掲げ、情報の透明性・即時性を追求している会社です。
メインメディアであるジュニアサッカーNEWSは2020年11月に月間1200万超PVを達成。
4年間にわたる少年サッカー応援団の運営を通して得た「本当に保護者に喜ばれるチームホームページ」のノウハウを活かしてサポートしているチームは京都橘サッカー部、矢板中央サッカー部、福岡大学サッカー部など全国50に上ります。

コロナのためにインターハイがなくなった去年、全国に先駆けて佐賀のSSP杯で1回戦から全試合のライブ配信と特設サイトで新しい生活様式のサッカーの楽しみ方を提示し、その後、こうした取り組みに共感をいただいた各県のインターハイ予選(徳島、富山、沖縄)、全国U-18クラブユース選手権(男女)、サニックス杯(男女)などをライブ配信して参りました。
地理的デメリットなく誰もがサッカーを楽しめる世の中を目指し、各種クラウドファンディングも成功させてきました。
2021年3月からは「ネットに転がっていない情報をお届けするシークレットセミナーシリーズ」として、強豪校の監督たちをゲストに限定セミナーを行っています。

会社概要

会社名 : 株式会社グリーンカード
オフィス : 〒810-0001 福岡市中央区天神2-11-1 福岡PARCO新館5階
代表者 : 羽生博樹
設立 : 2015年1月
URL:https://www.green-card.co.jp/

事業内容
・メディア運営
・チーム・スクール・大会HP制作、運営
・運営・集客コンサルティング
・クラウドファンディング型チーム支援サイト運営
・ECサイト運営
・イベント企画・運営
・ライブ配信サービス

主な運営サイト
・月間170万人が訪問 – 「ジュニアサッカーNEWS」
https://www.juniorsoccer-news.com/
・地域密着サッカーポータル – 「全国少年サッカー応援団」
http://www.junior-soccer.jp/
・チーム専用HP制作サイト – 「グリーンカードWEB」
https://soccer-hp.com/
・スポーツキュレーションメディア – 「グリーンカードニュース」
https://green-card-news.com/
・アマチュアスポーツ動画配信サイト – 「グリーンカードLIVE」
https://gc-movies.net/
・チーム専用クラウドファンディング – 「グリーンカードサポーター」
https://gc-support.net/
・次世代型大会運営サービス – 「グリーンカードモデル」
https://gc-model.com/
・ニューノーマルなイベント配信 – 「グリーンカード イベントLIVE配信」
http://gc-livevideo.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ