Esports高校生応援プロジェクト始動

学校法人 神戸学園

eスポーツが、世界的に盛り上がりをみせている。特に若い世代にだ。

高校生世代でeスポーツ大会が開かれ、「Coca-Cola STAGE:0 eSPORTS High-School Championship」や「全国高校eスポーツ選手権」など、青春を懸けた闘いが繰り広げられ、年々出場者や観戦者が増えてきている。

20代が中心となっており、10代でプロ契約をしているこのeスポーツ業界のなかで、若い世代の育成やeスポーツに対して熱のある人材の発掘が今のこの国では必要となってきている。
そういったeスポーツで活躍する若者を応援するプロジェクトがこの夏、始まる。

「Esports高校生応援プロジェクト」。

学校法人神戸学園(専門学校アートカレッジ神戸)が主催となるこのプロジェクトでは、eスポーツを行っている高校生を応援し、eスポーツ業界全体を盛り上げる内容となっている。

取り扱うゲームは「League of Legends」。チームベースのストラテジーゲームで、世界大会も行われており、同時接続人数2000万を超えている。
視聴者が若いのも特徴で、全視聴者に占める18~34歳の割合は80%に達しているほどだ。

昨年の夏に行なわれた「League of Legends Japan League(以下:LJL)2020 Summer Split」にて、優勝を果たしたプロeスポーツチーム「V3Esports」のユースチームもこのプロジェクトの企画側にいるとのこと。
今年の春に始動した、日本初のプロeスポーツチームのユースとして、「V3Esportsユースチーム」はeスポーツ業界の中でとても大きな話題となった。

ただでさえ高校生の頃から実力者と言われていた彼らが、専門学校アートカレッジ神戸入学後、プロのコーチの徹底した指導を受けた今、一体どれほどの実力になっているのか想像もつかない。
厳しいトライアウトを乗り越え、入学後も実力を上げた彼らにとっても新たなライバルたちの発掘や実のある感想戦など、良い経験となるだろう。

このプロジェクトの第一弾では、そのユースチームと高校生で団体戦を行う。
プロの指導を受けた、プロの卵ともいえるV3 Esportsユースチームの学生達がどれほどの実力であるのか。
eスポーツを行っている高校生達にとって、それを知るまたとない良い機会となる。
普段部活や私生活で仲間たちとプレイし、高めあった実力を試すのには、絶好の機会だ。
近い世代にこれほどの実力を持った人がいたのか、という刺激も得ることが出来るだろう。

そしてプロジェクトの第二弾では、なんと「V3Esports」のプロ選手と共にLOLをプレイできる。実際にeスポーツのプロとして活動している選手とともにプレイし、試合後は感想戦でアドバイスをもらえるというこの企画。団体ではなく個人で参加が出来るので、部活ではなく個人としてLOLを行っているプレイヤーも参加可能とのことだ。
LOLの技術をもっと高めたいと考えている高校生たちにとっての転機となるプロジェクトといえるだろう。

このプロジェクトだが、第一弾は申込をしたチームと予定を調整する形で、6~7月に実施予定。第二弾は8月2日(月)に実施予定となっている。
大きな大会に出る前の実力の確認として、企画へ参加する高校生達も大勢いるであろうことが予想できる。

この時勢も配慮し、オンラインでの実施とのことだ。
参加費は無料。プロ選手やその卵であるユースチームを動かしてのプロジェクトで参加費無料だというのだから驚きだ。eスポーツの普及と業界への貢献を目的に力を尽くしたプロジェクトのように思える。

若い世代を中心に動かしていくことで、国としてのeスポーツ業界の盛り上げを図っているのだろう。全国各地の高校生が、eスポーツを通して互いが互いを刺激しあう場が増えていく。益々日本のeスポーツが発展していくことが今後期待できるだろう。

このプロジェクトを企画した学校法人神戸学園(専門学校アートカレッジ神戸)と「V3Esports」、「V3Esportsユースチーム」の動向には今後もチェックする必要がありそうだ。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ