キャンパーに贈る、一枚革でつくる本格”焚火エプロン”

株式会社SKLO

株式会社SKLO(スクロー 神奈川県川崎市、代表取締役 齊藤 倫平)は、キャンプ・焚き火での使用に特化したエプロンの受注販売を2021年8月10日(火)より開始いたします。

溶接手袋など火を扱うプロの現場でも重用される機能性に優れた革を、継接ぎすることなく一枚革で贅沢に使用。
キャンプ・アウトドア好きな方へのプレゼントにもオススメです。


【キャンプ・焚き火におすすめする3つの理由】
理由1:溶接手袋にも使用される軽く、丈夫な革を使用

上代工業様での使用実験の様子
焚火よりも、遥かに熱い溶接の火花は2000 – 3000℃ *。高温で金属を溶かすためです。そうしたタフな現場で用いられている床ベロア革を焚火エプロンでは採用。また、革だからこそ、使い込むほど柔らかくなり、身体に馴染んでいきます。長時間使用を想定し、耐火・耐熱性と使いやすさを両立した素材を選定しました。
*SKLOと同じ川崎市にて金属加工を行う上代工業でのヒアリング、自社ウェブ調査を基に記載

理由2:キャンプでの使用シーンを想定し、できる限りシンプルにした、ポケットとループ

左右のループ使用例
「必要最低限のデザイン・機能だからこそ、長く使える」という考えを基に、シンプルさを追及しました。前面にひとつだけ配置したポケットはあえて浅くし、座ったままでの物の出し入れがしやすいように配慮。「(ポケットや仕切りが多く)どこにライターを入れたかわからない・・・」、「入れたはずだが、奥の方にあって、すぐ取り出せない」といった従来のキャンプエプロンの課題解決にも取り組みました。また、ループにはタオルやハンマーなどを掛けておくことができ、必要な時にパッと手に取ることができる様にしています。

理由3:革だからこそ、汚れや傷こそ味になる

写真左:製作直後、右:約5年使用
焚火だけでなく、荷物の運搬、テント設営や薪割りなどキャンプには沢山の楽しい作業があり、伴ってエプロンの汚れや傷になる可能性があります。
しかし、「そんなこと気にせず、キャンプ・焚火を楽しむ」革だからこそ、そう思えます。少しずつゆっくりと風合いが変わり、それが他のエプロンとは全く異なる個性になります。ガシガシご使用いただき、自分だけのエプロンを育ててください。

【製品仕様】
 * 自然素材のため、サイズ・重量など若干の個体差が生じます。

【販売】
自社ウェブストアにて受注販売
受付開始:2021年8月10日(火)10:00-
発送開始:2021年9月1日(水) –
URL https://www.pb-sklo.com/product-page/takibi-apron

《先行販売》クラウドファンディングサイト  MAKUAKE プロジェクト*
プロジェクト期間:2021年6月10日(木)14:00 – 7月29日(木)18:00
発送完了タイミング:2021年8月末
URL https://www.makuake.com/project/pb-sklo/
(ページ公開はプロジェクトスタート後になります)
*発注数量、オペレーション効率化などによる原価低減に向け、自社サイトでの受注販売に先駆けてクラウドファンディングを実施致します。少しの日数ですが早く製品が届きますのでご支援頂ければ幸いです。



【SKLOについて】
革を取り入れた”ぬくもりのある暮らし”を提案する、レザーファクトリーブランド。革職人件デザイナーの斎藤が企画から製造まで一貫して手がけることで、シンプルで機能的なプロダクトを製作しています。
革の持つ耐火・耐熱性、摩擦や傷への強さなどの機能部分と、ゆっくりと色合いが変わり柔らかくなる革ゆえの変化が、自然の中で過ごすキャンプには最適であるという想いから、2021年4月 “Camping + Leather” ブランドを立ち上げ、20以上の製品を開発。
焚火エプロンは、そのような特性を最も表現するフラッグシップモデルとなります。

https://www.pb-sklo.com/camping-plus-leather
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ