陸上長距離トラックレースとロードレースの両シーンで使用可能 ランニングシューズ「WAVE DUEL NEO 2 ELITE」発売

ミズノ株式会社

ミズノは、主に駅伝ランナーに向けたランニングシューズ「WAVE DUEL」シリーズのトップモデルとして、「WAVE DUEL NEO 2 ELITE(ウエーブデュエルネオツーエリート)」を7月上旬から全国のミズノ陸上競技品取扱店で順次販売します。

      ランニングシューズ「WAVE DUEL NEO 2 ELITE」¥25,300(本体価格¥23,000)

陸上競技の長距離種目では、シューズによって走り方のフォームが変わることを避けるため、トラックレースとロードレースで同じシューズを使用する選手が増加傾向にありました。しかし、2020年1月にワールドアスレティックス(世界陸連)が発表したシューズ規定により、ソールの厚さによってトラック種目では使用できないシューズが出てきました。

そこで、今回発売する「WAVE DUEL NEO 2 ELITE」は、ソールの厚さをトラックレースの長距離種目でも使用可能な25mmに設計しました。トラックでも従来の走り方のフォームを変えずに、パフォーマンスを最大限サポートできるシューズ開発を目指し、独自開発の高反発ソール素材と樹脂製プレートを搭載することで、高い反発性を実現しました。また、軽量のニットアッパーを採用することで、前モデルと比べ約10gの軽量化と通気性の向上を追求しました。
アッパーがローカットのモデル「WAVE DUEL NEO 2」も同時に発売します。販売目標はグローバルで「WAVE DUEL」シリーズ全体2万4千足です(発売から1年間)。

<「WAVE DUEL NEO 2 ELITE」の特長>

○陸上長距離トラックレースでも使用可能な25mmのソール
ソールの厚さを25mm(27.0cm片方) ※1 に設計することで、トラックレースの長距離種目(800m以上)でも使用できるようにしました。シューズによって走り方のフォームが変わることを避けるため、トラックレースとロードレースで同じシューズを履きたいという選手のニーズに応えました。
※1 前モデル「WAVE DUEL NEO」(2020年7月発売)のソールの厚さは、27.5mm(27.0cm片方)です。

○反発力を高め、スピードに乗った走りをサポートするソール設計
ミッドソール部分には従来のソール素材と比べ、反発性が約35%※2 向上した新素材『MIZUNO ENERZY LITE』を採用しました。さらに陸上スパイクの開発技術を活かしたミズノ独自の樹脂製プレート『ウエーブプレート』との組み合わせにより、さらなる反発性の向上を実現しました。
※2 %は従来のソール素材(U4ic)と材料性能のみについて比較したもので、製品性能は設計等により効果や感じ方が異なります。(自社比。向上度合いを示し、生産上、数値はばらつくことがあります。反発性は鉛直方向に圧縮した場合の比較です。)

○通気性の向上と軽量化を実現したハイカットのニットアッパー 
アッパー部の糸の編成を減らし網目を広げることで、通気性の向上と軽量化を追求し、前モデルより約10g軽い約185g(27.0cm 片方)を実現しました。また、シュータンやかかと部の設計も見直すことで、さらなるフィット感の良さを追求しました。

○グリップ力を高めるアウトソール設計で、地面を掴むような走りをサポート
アウトソールには、軽量でグリップ力を高める『G3ソール』※3 を採用しました。
これにより、トラックレースとロードレースのどちらのシーンでも、地面を掴むような力強い蹴り出しをサポートします。
※3 主に陸上エキスパートシューズのアウトソールで採用しています。

▼「WAVE DUEL」シリーズの詳細はこちら
https://www.mizuno.jp/track_field/waveduel/

(参考情報)
 ミズノニュースリリース(2020年7月1日) シューズ用高反発ソール素材『MIZUNO ENERZY』新開発
 https://corp.mizuno.com/jp/newsrelease/2020/20200701/

                         記


 ※ソールの厚さは、ワールドアスレティックス(世界陸連)が発表した規定に基づき、計測しております。
 ※「WAVE DUEL」シリーズの最新モデルとして、「WAVE DUEL 3」も同時発売します。

     (お客様のお問合せ先) ミズノお客様相談センター  TEL: 0120-320-799
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ