(株)スピードリンクジャパンが運営するGayaR Magazineにて配信の裏側に迫る特設ページ公開/超ニッチ解説/元日本代表福西崇史【ボランチゼミナール】~Additional Time

株式会社スピードリンクジャパン

「日本代表とJリーグの戦い方」

7日、「GayaR Magazine (https://gayar.media)」内で、オリジナル記事「福西崇史 ボランチゼミナール~Additional Time vol.2」が公開されました。


株式会社スピードリンクジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役:西田祥)が運営するオウンドメディア「GayaR Magazine (https://gayar.media)」内で7日、オリジナル記事「福西崇史 ボランチゼミナール~Additional Time vol.2」が公開されました。掲載記事テキストの一部をプレスリリースとして、メディア各社の皆様に配信させて頂きます。


「ジュビロ(磐田)では、好き勝手やってました」

(前回掲載のGayaRインタビューで)当時のジュビロ磐田が、サッカー人生において転機になった、というエピソードを明かしてくれた。

「日本代表のピッチと(ジュビロで戦う)Jのピッチ、それぞれ戦い方が違う」

蹴球人・福西崇史の言葉は、奥深くミステリアスだ。特に現役時代を振り返る言葉は、どれも興味深い。

「日本代表とJリーグでは、明らかにプレーを変えていたように見えた」と尋ねると、こんな回答が返ってくる。

「日本代表には、僕よりも色々な面で優れている選手が沢山いるので」

戦術の違いやトレーニングの内容などは決して明かさずに、微笑みながらサラりと話してくれる。プロのサッカー選手として自身が矢面に立つ表現。そして、解りやすいアナウンスも会話風に添えられた。

「例えば、今日の〇〇番の選手なんですが、どう見えました?」
「うーん、微妙でしたけど。動きが、こうもっちりとしてたような」

「実は、この試合で言うなら(システムや戦術がフィットせず)あわないだけなんです」
「あわない??うーん、選手が調子悪いように見えますけれど」

「そう見えると思いますが、実は違うんですね」

ファン・サポーターから見れば「なにをやってんだ!」と思うようなワンプレーでも、実際のピッチでは全く違う現象が巻き起こっているらしい。
                     (→本文続く)

                【↓↓記事全文/続きを読むには?↓↓】


         「GayaR Magazine」で、インタビュー記事全文を無料公開中です

記事掲載 Webサイト名:「GayaR Magazine」
WebサイトURL:https://gayar.media
記事名:「福西崇史 ボランチゼミナール~Additional Time vol.2」
記事URL:https://nordot.app/770954569966796800

◇「GayaR (ガヤール)」について


・サービス名:「GayaR (ガヤール)」
・対応:iOSアプリ、Androidアプリ、ブラウザ(PC/スマートフォン)
・サービスURL https://www.gayar.net/lp/
・ご視聴には、イヤフォンを推奨しております
・当アプリは音声アプリであり、映像は流れませんので予めご了承ください

◇ App StoreのURL
https://apps.apple.com/jp/app/gayar/id1451584371
Google PlayのURL
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.gayar.app


◇リアルタイムスポーツ実況アプリ「GayaR」が目指す
 「I T」×「スポーツ」×「音声」領域の高み、とは?

「GayaR(ガヤール)」は、「I T」×「スポーツ」×「音声」でスポーツ観戦の新しいカタチを創出する、実況アプリです。会場で観るだけだった大会や試合に実況・解説をプラスし、チャット機能で更に一体感が生まれる新しい観戦体験を提供。我々は、年々拡大している音声コンテンツ市場に着目し、スポーツ特化の実況音声配信アプリを実現するためにサービスを立ち上げました。「GayaR」は、スマホさえあれば誰でもどこにいても実況ができる、新たなプラットフォームを目指しています。

◇株式会社スピードリンクジャパン」会社概要


・社名 :株式会社スピードリンクジャパン
・所在地 :東京都渋谷区道玄坂1-18-5VORT6階
・TEL:03-5459-3388
・代表取締役社長:西田祥
・設立:2004年5月
・URL: https://slj.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ