親子で楽しみながらお金について勉強できるマネー学習アプリ「まねぶー」を6月23日(水)にリリース~第一弾は「DAISO」と「ロッテリア」がバーチャル店舗で初出店!~

株式会社mediba

 株式会社mediba(本社:東京都港区 代表取締役社長:江幡 智広 以下mediba)は株式会社ORSO(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:坂本 義親 以下ORSO)を開発パートナーに迎え、マネー学習アプリ「まねぶー」の企画・開発を行い、2021年6月23日に提供開始しました。


 近年、金融リテラシーの必要性が重要視され、キッズ向けのお仕事体験施設やマネースクールの増加、2022年度から開始される高校教育における「資産形成」の授業導入など、若年層へのマネー教育が推奨され始めています。
 そうした時代背景を受け、KDDIグループの一員としてサービス事業を担うmedibaは、SDGsの目標4にあたる「質の高い教育をみんなに」に着目しました。テクノロジーと教育を融合したサービスの提供を通して、次世代の育成という教育領域の課題に取り組むべく「まねぶー」をリリースします。

 「まねぶー」は、アプリ内店舗でお子様がお仕事をすることでもらえるアプリ内通貨「マネブ」や、「マネブ」を使ったお買い物などの体験を通して、ゲーム感覚でお金の仕組みを学ぶことができるマネー学習アプリです。また、アプリ内でお仕事をするともらえる「おしごとスタンプ」を集めていくと町に変化が起きるアイテムが獲得できます。

 今後は、「おしごとスタンプ」を集めていくともらえる「まねぶーくじのかけら」の実装を予定しています。「まねぶーくじのかけら」を全て揃えると、実際に使えるPontaポイントを獲得できる抽選に参加することができ、より親子でお楽しみいただけます。

 この、アプリ内店舗の第一弾としてmedibaは、株式会社大創産業と株式会社ロッテリアの2社とパートナーシップを組み、「DAISO」と「ロッテリア」の2ブランドをアプリ内に出店します。身近に実在するお店のお仕事をアプリ内で体験することで、よりリアリティを感じながら学校ではなかなか学ぶことができないお金の知恵を深められることが期待されます。

■株式会社大創産業 人事・総務本部 総務部 広報課 後藤 晃一氏のコメント
 大創産業では全国3,620店で玩具や文房具などを取り扱っており、今回の「まねぶー」でお子様がお仕事体験を通じてお金の流れやお仕事に興味を持つきっかけとなることをうれしく思います。今後も大創産業ではお子様の教育機会の向上に力を入れていきます。

■株式会社ロッテリア マーケティング部 広報・宣伝チーム リーダー小島 啓太氏のコメント
 親と子、もしくはお友達同士でのコミュニケーションの機会として、今回の企画に参加させていただいたことに感謝しております。
 2022年のロッテリア創業50周年に向け、幅広いお客様に認知・ご利用いただいている中、改めてロッテリアのブランドを知っていただける機会にも感謝です。ぜひこの機会に、ご家族・お友達同士でのコミュニケーションをお楽しみください。

 「まねぶー」はお子様がお仕事を楽しむだけでなく、体験を通してブランド認知や企業の愛着を醸成するきっかけとなることも期待し、今後も出店数を拡大していきます。

詳細は以下のとおりです。

「まねぶー」概要

■お仕事をして「マネブ」をもらおう
 レジ打ちや接客など、ゲーム内のお店で様々なお仕事体験ができます。お仕事をクリアすると、ゲーム内通貨「マネブ」と、毎日3個までもらえる「おしごとスタンプ」がもらえます。「おしごとスタンプ」を集めていくと町に変化が起きるアイテムをゲットできます。

■「マネブ」を使ってお買い物をしてみよう
 「マネブ」を集めるとアプリ内でお買い物ができます。購入したアイテムが増えると「おうち」や「まち」のグレードが上がり、賑やかになっていきます。

■「まねぶーくじのかけら」を集めてPontaポイントをもらおう
「おしごとスタンプ」を集めてもらえる「まねぶーくじのかけら」を4つ揃えると、実際に使えるPontaポイントをもらえる抽選に参加できる機能を実装予定です。
※今後実装予定の機能のため、現在は利用できません

株式会社大創産業について(https://www.daiso-sangyo.co.jp/
 大創産業は「だんぜん!ダイソー」をスローガンに、生活必需品から趣味趣向品まで生活を豊かにする商品約76,000種類を取り扱っています。2021年2月末現在、「DAISO」を世界25の国と地域に5,892店舗展開しています。(国内3,620店、海外24の国と地域に2,272店)
 毎月約800種類の新商品を開発し、売上げは5,262億円となっています。(2020年3月から2021年2月末)

株式会社ロッテリアについて(https://www.lotteria.jp
 1972年創立。東京日本橋にロッテリア1号店を出店以来、日本人好みのファストフードとしてお客様に心から喜んでいただけるサービスの提供を目指してまいりました。ロッテリアでは、新メニューの開発、いごこちのよい店舗展開、サービスの向上など、基本の徹底を図ることで、”あたたかみのあるおもてなし”を実践しています。

■株式会社medibaについて(https://www.mediba.jp/
 KDDIグループの一員として2000年に創立。auスマートパスを始め、au関連サービス運営のほか、国内外にて幅広い分野でサービスを展開しています。ミッション「ヒトに“HAPPY”を」、ビジョン「mediba made」を掲げ、心豊かに暮らせる社会の実現に取り組んでいきます。

■株式会社ORSOについて(https://www.orso.jp/)
 株式会社ORSOは、テクノロジーとクリエイティブでユーザー体験をデザインする会社として、
スマートフォンを活用したサービス立案や、ソーシャルゲーム等のグラフィック制作、大学病院等と連携したヘルスケアアプリ、コロナ禍におけるドローン・IoT分野の「みんなの体調ノート」等、様々な企業様とデジタルビジネスの共創を行っております。

※会社名、商品またはサービスなどの名称は、一般に各社の商標または登録商標です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ